☆マイルCSの危険人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土日共にイーブン/B
京都…土日共にやや内有利/C
福島…土日共にイーブン/土はB→C、日はB

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…7週目/Cコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
福島…3週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン→やや外有利/馬場差はB〜C
京都…7週目/Cコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はB〜C

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
htqer

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)
[土曜福島7R(500万下)] 5着マイブルーヘブン
ルーラーシップ牡駒は芝中長距離では約2頭に1頭が馬券に絡む位の大活躍中であるが、それはローカル条件よりは中央外回り条件に良績多くなっている。
コノ馬も典型的な不器用中長距離型のルーラーシップ産駒であるが、故に前走の新潟二二や今回の福島二六は距離は良くともコース形態は良いとは言えず…特に今回は内の進路取りで仕掛けが最も遅れたレース振りもマイナスに作用したはずで。
決して強い馬ではありませんが、大箱長距離条件ならばもう少し際どい所まで走れるはず。


【マイルCSの有力馬診断(中篇)】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△エアスピネル 牡4 武豊 57 栗東 笹田
前走富士Sの激走については、過去の唯一の雨馬場競走だった2歳時デイリー杯2歳Sでも圧勝した通りの雨馬場巧者だったのと、更に極悪馬場になって各馬が相当バラける隊列が大きく味方した印象。

それは京都金杯回顧で『この距離短縮ローテにも関わらず、道中は強烈に掛かったかの様なシーンがあったが、逆に外に持ち出した途端に収まったコトからも、単に狭い所に入って物理的に窮屈な仕草を出しただけに見える。又は、馬群の中での競馬は得意ではないという可能性もゼロではないと見るべきかも知れないが…。流石にこの距離でも折り合い不安を露呈というレース振りでは決して無かった。』と書いた通り。
そして、その次走の本番安田記念では、大人気背負っているにも関わらずの半後方ポツン騎乗はそういう伏線からなのだろうと。

その安田記念でも詰まらなければ好走級だったし、前走札幌記念は距離二千の重いレース質が敗因で、実質的には当距離路線では底を見せていない馬とも言えるのですが…必ずしも常に本領発揮を期待できる性質の馬ではないだろうと。

雨に祟られる開催続いて密集が起きない馬場ならばリスク軽減になりますが、内前有利状況ではどうしても出し抜けされてしまう性質はあると思います(ex,マイラーズCで内から来たイスラボニータに進路譲って2着)。


▽グァンチャーレ 牡5 古川吉 57 栗東 北出
使える脚が長くないタイプで、ラスト1Fが失速しないラップ戦で良績と、又は内枠から距離損ない競馬できた場面で良績を残している馬(前走は常識外の極悪馬場なので例外と捉えて良いと思う)。

3歳秋以降の重賞OPレースでは[内枠時にはほぼ全戦好走⇔外枠時にはほぼ全戦凡走]という両極端な戦績になっている。
ただ、陣営もそれを掴んでいるのか、(それ以前は外回し凡走がデフォだったのが)枠順を問わずに外は回さない競馬に拘って好走確率を上げている近況でもある。

前々走中京記念は不得手急坂コースの内有利馬場の外枠条件なのでぶっ飛んで当然で、それ以外の内中枠では3連続好走の計算が立つ戦績。

さすがにココは相手関係が厳しいと見るべきだが、万が一があるとしたら極端内枠を引いた時で、中外枠ではタイトなフルゲートG1競走では理想的な形は困難と見て消しで。

危○○○○○○(←マイルCSの危険人気馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
3歳春までは中距離克服の教育で出世が遅れた経緯で、折り合い面を気にしなくて済む距離マイル“以下”転向後から快進撃。
ただ、それが一気にG1戦、それもマイルG1戦で通じてくるかと言えば懐疑的に見たい。

コノ馬はディープ産駒ながらも距離マイルを捨てて1400一本になっている通り折り合い難は解消されておらず…故に距離マイル戻り克服は安心できる話ではないでしょうし、これまでは間隔を空けてのゆったりローテを組んでいたのがいやがおうにもG1出走を強いられる立場になって詰まったローテで挑むコトになるココは潮時だとは見られません。

--------------------
☆マイルCSの危険人気馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------