☆マイルCSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【マイルCSの有力馬診断(後篇)〜[マルターズアポジー]3走前は同オーナー1人気馬援護にシルク(社台)の…前走は同オーナー夏王者資格馬援護へラフィアンの鉄砲玉のせいで・・〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽グランシルク 牡5 田辺 57 美南 戸田
前々走京成杯AHについては、これまで散々勝ち切れなさを見せたいたのが嘘の様な鮮やかな勝ちっぷり。
それは馬と騎手の双方に勝因がありそうで…馬について言えば少し前まではスタートの出が悪いレースが多くて尚且つ掛かる馬なので騎手は恐る恐る乗らざるを得ずに取りこぼす様なシーンが多かったのが、ようやくスタートが安定してきたのと(寧ろ好発となったのと)Hペース内枠競馬で自在な立ち回りができたのはやや幸運ありきだったとも言えるか。
そして見逃せないのが鞍上田辺で、このエアレーション中山芝では誇張ではなく何馬身も伸び違う印象まであって、その十八番騎乗が炸裂した側面もある。

但し田辺Jというのは決して万能ではなくて、中山以外コースでは当地程の特殊能力は無いので…特に完全に専門外の京都コースとなれば大した期待はできないか。

また、コノ馬については3歳時から『父ステイゴールド×母父父ロベルトの血統面&ニュージーランドTでの弾けっぷり&NHKマイルCでのイマイチっぷりから、明らかに「中山>東京」の適性の持ち主と考える。 前々走富士Sも直線に向いてから手応え抜群だった割に、直線の最後で伸び切れなかった辺りはそういうコトだろう。』と中山巧者としていましたが、京成杯AHのパフォーマンスも昨年覇者ロードクエストと被る様な捲り適性を前面に出せた故のモノだと思える。
そのロードクエストも次走以降大箱マイルでは苦戦中ですが、コチラも外回りマイル戦は一つの壁になってもおかしくないはず。

▽ウインガニオン 牡5 津村 57 栗東 西園
まずは前々走中京記念時の有力馬診断見解を参照↓
『コノ馬は一昨年も昨年も夏場だけ連続激走している生粋の夏馬。
昨年夏以降は4連続凡走していたのが、今期初戦の季節替わりのタイミングで文字通り一変して見せた。
前走は最終週馬場で寧ろ逃げ馬残り傾向顕著な日になっていたので、そこでの有利な競馬をしての好走はややフロック視される面もあるだろう…但し、コノ馬の場合には過去年でも恵まれたと思われつつも夏場はパフォーマンスを上げ続けて結局連続激走し続けてきた経緯で…その今の時季にはレースを走る度に(ファンの予想を上回る)伸びシロを見せてくれるという上昇余地を踏まえればココでも決して侮れぬ一頭と見る。』

・・・
その中京記念では見解通り更にパフォーマンスを伸ばしたという完勝劇。
そして、中京記念と同じく[夏場][左回り][スンナリ番手]の得意条件競馬ができた前走関屋記念でも勢い持続しての4連続好走を収めた。

それが今回も続くのか否かであるが、コノ馬の特徴からして上記とは逆にココはマイナス材料のオンパレードになります。
一昨年も昨年も夏場連勝以外はカラッキシという季節の問題、右回りには大いに難を抱えている面、そして逃げか番手でないと精神的なモロさを出してしまう面…その一つでも発動してしまえば一気に凡走に至るワケなので…。


―アメリカズカップ 牡3 松山 56 栗東 音無
基本的に掛かるし、かと言って他馬を気にする面もあるので馬群内競馬にも難があって…結果的には上級条件での3勝は全て少頭数外枠条件で、その内の近2つは極悪馬場で弱点が覆い隠される絶好条件でのモノであった。
まず距離マイルに適応するスピードは無さそうだし、その上で頭数増となれば皐月賞みたく後手に回ってチグハグなレース振りになる想像しかできなくて…。


★マルターズアポジー 牡5 武士沢 57 美南 堀井
前々走関屋記念回顧では『前走で極端な一件があった反動と、前走によって人気急降下していた通り騎手内でもマークが薄くなっていた面もあるだろうし、そして新潟マイルという一見差し脚有利で実は逃げようと思えば難なく逃げに持ち込める利点も大きいコース…今度は単騎逃げで本領発揮の場面になった。それどころか事実上の2番手宣言のウインガニオンは、ただの2番手ではなく(中京記念同様に)逃げ馬とは差が離れた2番手が理想というだけあって、マルターズアポジーにとっては単騎逃げどころか単騎大逃げが(自分が飛ばさなくても)相手の都合で叶ってしまうという格好の状況。』と書いたが、それが丸っきり逆のシチュエーションであったのが前走京成杯AH。

激走後で周囲の目が向けられる立場、ペース流れる中山マイルコース、そして結果的にはウインガニオンサマーマイルシリーズ王者を守る為という思惑もあった様なウインフルブルームの捨て身競馬。ウインフルブルームは恐らく自身が好走できるならば無理はしないはずだったが、自身の勝ちが無いと見るやマルターズアポジー潰しに動いた様な…?それらを撥ね退けての、しかもトップハンデ58キロを背負っての、更には関屋記念好走後の疲労残るコンディションの中での4着踏ん張りは地力強化を認めるしかない。

果たして今回は前者と後者のどちらになるのかですが、3走前みたく予期せぬ鉄砲玉の発生も有り得るのですが、もしもそれが無ければ番手にはウインガニオン濃厚というのはとっても好都合な話…彼は右回りに難があるのでコーナーで攻めた騎乗はできないですし、気性面にも難があるので2番手なら先頭から離れて競馬したいクチですから…それはコノ馬にとって激走に向けての最高のお膳立てになりますから。


▽サングレーザー 牡3 福永 56 栗東 浅見
3歳春までは中距離克服の教育で出世が遅れた経緯で、折り合い面を気にしなくて済む距離マイル“以下”転向後から快進撃。
ただ、それが一気にG1戦、それもマイルG1戦で通じてくるかと言えば懐疑的に見たい。

コノ馬はディープ産駒ながらも距離マイルを捨てて1400一本になっている通り折り合い難は解消されておらず…故に距離マイル戻り克服は安心できる話ではないでしょうし、これまでは間隔を空けてのゆったりローテを組んでいたのがいやがおうにもG1出走を強いられる立場になって詰まったローテで挑むコトになるココは潮時だとは見られません。

★○○○○○○(←マイルCSの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
今春シーズンは安田記念前哨戦激走→安田記念凡走
その前哨戦参戦時には異例の長期在厩調整で、本気でG2獲りをしにきていた様な調整過程であった…その末の久しくの勝利。そして、その次走安田記念では別の所の主な敗因はあったとは言えども、G1メイチの調整過程では無かったのも果たしてどうだったのだろうか。
それに対して今秋シーズンですが、安田記念前哨戦時とマイルCS前哨戦時の調整過程は全然違いました…恐らく今秋こそはG1獲りをメイチに据えているのだろうと。

また実際のレースでも決して得手ではない雨馬場で、早漏失速性質を思えば理想とは真逆の多頭数大外枠で、それで掛かり気味に先行で大外回しでラストにはソラを使う様なもどかしさあるラストの伸び切れないレース振り…大いに情状酌量できる結果ですし、前哨戦としては何ら文句付かない内容だったと思います。

調教過程を見る限りでは一叩き上昇で挑めそうですし、あとは良馬場・内枠の得意条件をゲットさえできれば最右翼評価としたいです。

唯一最大の懸念点であった超高速決着対応についても、今の馬場状態ならば大丈夫でしょう。

--------------------
☆マイルCSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------