☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【有馬記念の有力馬診断(前篇)〜春グランプリ宝塚記念(別路線馬+大阪杯&春天凡走馬の決着)同様に、本年有馬は[王道路線での激闘馬]より[主に別路線からの余力残し馬]に勝算アリ〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽キタサンブラック 牡5 武豊 57 栗東 清水久
まずは春シーズン最終戦の宝塚記念時の有力馬診断(抜粋)を参照↓
『もしも不安点があるとすれば…余力の面だけか。
これまではシーズン初戦は叩き台としてヌルい競馬ができていたが、本年から大阪杯のG1昇格によって春初戦から本気を出す必要があった。
実際にも、大阪杯前には坂路3本追いもクローズアップされていた様な熱のこもった調教が施されており、馬体的にも長距離仕様のスラッとした姿から過去最高馬体重の筋肉量増のスピードを追求した仕上がりだったなど。そして、2戦目天皇賞春では、大阪杯と毛色が違う舞台条件であるからに、そこでも大阪杯時とは異なる長距離仕様に作り変えて、レース本番ではレコード時計での一大パフォーマンス。
最近の感覚で言えば「宝塚記念はもういいよ」と言いたくなる様な、相当濃ゆい春2戦を消化してきている。』

・・・
ココも最たる争点は、余力の有無の一点になると思います。

・前々走秋天ではデムーロ騎乗サトノクラウンの決して諦めぬ迫り方によって、ラストまでビッシリと追いながらもラスト1F14.0というバテバテラップで凌ぐというレースでした。
サトノクラウンはキタサンブラックよりも虚弱な馬・レインボーラインは秋天で嵌まって激走した馬だけに同列には扱えないですが、その天皇賞秋激走2騎は次走JCで沈んでいるのもレースの過酷さの一つの証左になり得ます。

・前走ジャパンCは昨年以上に道中厳しいラップを刻んで、昨年以上にゴール前まで力を使い果たす競馬になりました。

少なくとも昨秋以上、そして今春と同等には余力を削られる2戦を経てのシーズン最終戦となります…また宝塚記念は中7週あるのに対してココは中3週というのも地味に大きいはずです。

正直蓋を開けて見ないと分からない要素でもありますが、安易な安パイ評価は決してできない場面と見ますが…。


▽サトノクラウン 牡5 ムーア 57 美北 堀
まずは前走ジャパンC時の有力馬診断見解を参照↓
『コノ馬の主戦はデムーロJと思われるかも知れませんが、堀厩舎所属馬なのでデムーロJよりもムーア・モレイラなどの海外一流騎手の方が優先されるという過去と未来…つまりは前走秋天はデムーロJの後先考えずの一戦入魂の場面でした(※結果的にはムーアJ専属騎手契約の問題で再びデムーロ騎乗となりましたが、その時点ではそうでした)。

最近で言えばリアルスティールの毎日王冠なんかが典型かと思いますが、そういう場面でのデムーロJはある意味で無敵…秋天での強気騎乗・鬼気迫る追い方は正にソレでした。

となれば、今回JCの取捨の最大要素はその秋天反動の有無でしょう…その点で言えばサトノクラウンは若駒の頃からすぐ馬が硬くなり易い弱さがあって、故に休み明け初戦など間隔空きローテでこそ本領発揮傾向がありました。
前々走大阪杯でも当時の馬の状態からして、その前の京都記念激走から回復し切れなかったのも大きかったのではないかと見ています。
その大阪杯は言うても中6週ローテでした…コノ馬にとってはほぼ未知と言える中3週ローテでのG1連戦でもう一丁は結構危うい気がします。』

・・・
そのジャパンCでは大よそ上記の通りの激走後反動が主因での大敗だったと思います。
そういう意味では、その激走後で大人気のJCよりも、大敗後で人気落ちの有馬記念の方が買うべきタイミングではあるのですが、そうだとしても果たして連続中3週ローテで立て直しが図れるのか…それはコノ馬の虚弱馬としての戦績を見る限りでは中々期待し辛いと思います。


―カレンミロティック セン9 川田 57 栗東 平田
脚部不安での長期休養からの復帰後の2戦はG2で8着&5着とそれなりの着順にまとめている。
ただ、少し前までは京都大賞典・アルゼンチン共和国杯というのは秋G1前哨戦の色が濃かったのだが、直近年に於いては「京都大賞典よりも毎日王冠にメンバー集結」「アルゼンチン共和国杯に出走するよりも天皇賞秋を叩き台起用」という傾向にあり、共に近年の中でも結構レベル低いレースになっていたのは見逃せない事実。
京都大賞典は先行有利の展開利あっての8着、アルゼンチン共和国杯は6着トウシンモンステラ・7着シホウなどOP特別が良い所の相手関係に対しての相対的な浮上着順であった。

また、一昨年秋シーズンは「始動戦京都大賞典好走→本番秋天&JC惨敗」だったが、後者の敗因の一つとして[元来から言われていた環境の変化への弱さ=輸送競馬での弱さ]も響いていた説も有力と見ている。
前走アルゼンチン共和国杯では馬体重マイナス4キロ減に留まったが、連戦での連続輸送ローテも良いとは言えなくて。


―レインボーライン 牡4 岩田 57 栗東 浅見
前々走の天皇賞秋デー後半の東京芝のレースは大外を回された馬の異常にバテが激しくて、秋天の決着が典型的だった通り比較内を通った馬の方が雪崩れ込みが叶うバイアスだった(逆に外枠外目競馬で好走圏内に留まったのは1人気級馬のみだった)。
ただ、そういうバイアスは俯瞰して見られる外野からは分かるとしても、当事者の立場で掴むのは至難みたいで…だからそういう「きちんと馬場を読んで乗れ」と文句を言いたくなる様な変な内有利決着が9→10→11と3レースも続きました。

秋天での好走馬3頭は全て決して相対的に馬場が悪いとは言えない内目競馬に徹して、(外回し馬がババを引いた分もあって)自ずとスンナリと位置取りを上げる形ができた馬でした…モチロン馬の力あってこその好走結果ではあるのですが、少なくとも最内競馬をしただけでそれなりの着順に残ったと言える落ち目ディサイファ7着よりも走れていない馬は、騎手誘導のせいで過剰に走れていないのは明らかなので。

サトノクラウン・キタサンブラックからは離された3着入線のレインボーライン…少なくともこのパフォーマンスを評価するワケには行きません。
3歳アーリントンC1着後にも『一見、展開に恵まれた勝利にも見えるが、この淀みないペースを大外に持ち出しながら脚を使い続けて、脚が止まるかと思いきや根性で最後の一伸び。前々走千両賞1着も同じくラストの競り合いで馬の根性で頭一つ出たという内容だった。ステゴ牡駒らしい勝負根性の持ち主で、コレは更に強い相手関係になっても武器になりそう』と書きましたが、そういう根性で走るステゴ牡駒で尚且つ母系道悪巧者血統だけに…秋天は一世一代の走りが叶う様なシチュエーションだったとも見られます。

当時は極悪馬場・ガラ空き馬場でしたのでスルスル競馬になりましたが、もしも良馬場ならばJCもそうだった様に不器用な出遅れ型の競馬しかできないキャラですので、この有馬記念中山2500の舞台では期待値の低い嵌まり待ちにしかならないと思います。

★○○○○○○(←有馬記念の穴◎有力馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走〇〇〇〇〇杯は渋化馬場時を含めて近年最遅ペースでの完全前残り展開…それを唯一後方から追い込んで好走という誰が見ても強い競馬をしたのがコノ馬です。ただ、コノ馬は特に休み明け初戦だと鈍い面を出す馬で、この差し遅れの形は必然だとも言えるのですが。
逆に言えば、如何にもな休み明け初戦なりの仕上がりでの休み明け初戦らしいレース振りでしたので、予定通りのローテでの2戦目となれば叩き良化型でもあるだけに当然前進パフォーマンスを望んで良いはず。

有馬記念では昨年力負けしているだけに地力で好勝負に持ち込むのはやや難しいとも思えるのだが…前回の牡馬混合G1戦にて◎を打った当時と同じ構図(激闘王道路線(春で言えば春天ルート=秋で言えば秋天JCルート)激走好走馬が息切れ失速して、余力有りローテ馬が浮上という決着)と見れば、休み明け初戦の前走で終いだけの競馬してからの余裕ローテというのは最も優位な立ち位置になってくるかも…現時点ではコレが有力な予想結論の一つです。

--------------------
☆有馬記念の穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------