〜大魔神・佐々木主浩氏の阪神ジュベナイルF2017予想〜
ジャパンCではシュヴァルグランのボウマン起用の真実を語った上で、「本命シュヴァルグラン→対抗レイデオロ→単穴キタサン」で三連単1点目的中!
「僕の最終結論が見られるのはうまスクだけです」by佐々木主浩

うまスクエア:阪神JF728_90
※最新号(週末予想配信)は当日朝10時に無料登録の参加者限定配信!
-----------------

☆阪神JFの穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【阪神ジュベナイルフィリーズの有力馬診断(後篇)〜(近1年)距離12~14で21勝⇔距離16で0勝のキンシャサ牝駒、ほぼ新馬戦でピークアウトのノヴェリスト牝駒など〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★ラテュロス 牝2 北村友 54 栗東 高野
正直、今回の出走メンバーの中で迷いなく△印以上を打てる馬は全然居ないです…能力不足か適性不足か、又は能力適性足りている実績馬も全幅の信頼は置けぬタイプばかりで。
そんな中で“ザ・無難”的な評価を下せるのがコノ馬です…まず当レースで一目置けるディープ産駒であり、当地での好走歴もありますし、前走重賞での渋とい走りならタフな阪神JFでも格好は付けてくれそうなイメージもできますし、その前走よりも攻め強化で挑めそうなのはプラス材料…それなりには走れるはずで他馬自滅での好走圏内も見える一頭と見ます

▽コーディエライト 牝2 和田竜 54 栗東 佐々晶
新馬戦を取りこぼした後は、全て逃げ戦法で未勝利→重賞→重賞と3連続連対という戦績。

まだこの時期の2歳上級戦となると逃げの手を嫌う馬が多くて、故に逃げの選択肢を有している馬は相当有利な状況に巡り合えるコトがままある。
ファンタシーSで言えば昨年2着馬ショーウェイも怖がり故に逃げなければという馬だったが、コーディライトも同じ様な背景から逃げなければという馬で…そんな弱点があるからこその迷わずの逃げが功を奏したという激走あった。

そのショーウェイもそれ以降はHペース巻き込まればかりで結果出せずだったが、その潮目が変わるのが正に阪神JFのタイミングだったりする。
右回りにも距離マイルにも限界がありそうで、その上でこれまでの逃げ恵まれがひっくり返るだろうココ(以降)では手を出し辛い存在。


回避ベルーガ 牝2 川田→Cデムーロ 54 栗東 中内田
これまでの連勝は距離千二と距離千四でのモノ。
キンシャサ牝駒は距離マイルに明確な壁があって、例えば近1年の同牝駒データでも「距離千二14勝利・距離千四7勝・距離千六0勝」だったりします。
前走ファンタジーSでもCデムーロJが何とか宥めながらの勝利で、そこから距離適性的にも折り合い面でも苦しくなる今回舞台条件だとどうでしょうか…一時情報流れた川田JではなくCデムーロJ継続騎乗は歓迎でも嵌まり待ちは強いられそうです。


―ナディア 牝2 四位 54 栗東 笹田
前走秋明菊賞は外有利馬場も向いた外追い込み2着好走。
ノヴェリスト牝駒は現状では距離千四に適性を示す馬が多く、また新馬戦での活躍傾向とは対照的に2戦目3戦目が鬼門という戦績傾向になっている…コノ馬の場合にも距離千六は一つの壁になりそうですし、また3戦目での更なる躍進というのも期待し辛いかと。


―ハイヒール 牝2 藤岡康 54 栗東 清水久
父トーセンホマレボシ×母父エルコンドルパサー
初戦は洋芝重馬場での勝利で、2戦目アルテミスSは渋化馬場且つ荒れ馬場を割と踏ん張った方の7着だった…ただラストに速い脚を問われた前走白菊賞では走力不足露呈の結果に。
まともな高速馬場条件では如何にも苦しそうで。


▽サヤカチャン 牝2 松岡 54 栗東 田所秀
種牡馬リーチザクラウンは産駒デビュー当初に新馬戦でのプチ快進撃で注目を集めたが、それら新馬戦活躍馬のその後や、その一時を過ぎると勢い急失速で、ブームはその一瞬だけだった。
それはリーチザクラウン産駒の気性の荒さから、初戦だったり早期に燃え尽きる様なパフォーマンスを出してしまう背景からで、故に二番が利かなかったり成長力を見せる産駒は少数派となっている。
現3歳馬で言えば出世頭はキョウヘイだが、それも難しい気性を極端な戦法によって走力へ転化している結果である。
サヤカチャンの前走アルテミスSでの渋化馬場・逃げ戦法激走というのは、そのキョウヘイの道悪追い込み戦法激走と通じるモノがある(逃げと追い込みは表裏一体)…また、コーディエライトの欄で書いた通りにこの時期の2歳重賞は逃げ馬が結構な確率で残るモノですし、それら自身と外野の状況が完璧に噛み合った故の激走とすればもう一丁の期待はどうだろうか。

★○○○○○○(←阪神JFの穴◎候補馬)の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
下手に目立つ重賞OPで好結果の履歴ない分で妙味もあり、尚且つ下手な重賞での好走よりも価値ある赤松賞での勝利実績ある分で十分可能性も見出せる…馬個体では評価したい一頭です。
ただ、中2週での関西輸送競馬なので致し方無いかも知れませんが、どうもまともな調教は課さないでの参戦となりそうで…まずは中間馬体重発表の数字次第で本腰を挙げて検討したいですが。。

--------------------
☆阪神JFの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------