☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆有馬記念結果

(※次回28日(木)開催は早くも火曜夕方に馬番まで確定します…そこまでスケジュールがタイトなのと、同一節で実質的に(土)(日)(木)の3日間開催みたいなモノなので…PAT収支報告はその後にまとめてとさせて頂きたいと思います。)

☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

中山…土日共にイーブン/B
阪神…土日共にイーブン/B

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…4週目の続き/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
阪神…4週目の続き/Bコース/伸び所はイーブン(→やや外有利)/馬場差はB

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは日曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題y3y53

【ホープフルSの有力馬診断(前篇)】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します/出馬表は各馬の過去出走レースのレースレベル比較用としてお使い下さい(レースレベルはクラスを基準に設定していますので、[500万C]⇔[重賞D]では前者の方が上というワケではありません)
無題fjjk
―ウォーターパルフェ 牡2 酒井学 55 栗東 田所秀
コノ馬の未勝利4連対は全てレースレベルDの水準未満レベルのレースだった。
前走初勝利は京都開幕週の内有利馬場の恩恵もあっての0.1秒差勝利。
ここまでの戦績では格上戦で足りる力量は見出せない。


△サンリヴァル 牡2 田辺 55 栗東 藤岡健
前走OP特別勝ちの2戦2勝無敗馬…その戦績は見栄え良く映るが、2歳戦では目先を獲りに行きたい馬が集まるOP特別と大事に使っていきたい500万下とでは、後者の方がレベルが高いレースというのもザラにある。
今年の芙蓉Sは特別レベル低いレースではなかったが、それでも基本関東馬ばかりの(地方馬以外)全馬1勝馬同士の戦いなので決して戦績上位というワケでもない。

ただし、その芙蓉Sは短い直線で脚を余しての楽勝で、その前の新馬戦ではもっと価値ある相手関係に勝利を収めており、まあ強い馬であるのは確か。

前々走は新潟の長い直線、前走は中山二千でも少頭数立てだった…中山二千フルゲート戦になってもスムーズにフルに脚を使い切れるレースができるかどうかがキーになりそう(必ずしも買い評価できないのは、そこに難点が生まれそうだから)。

★○○○○○○(←ホープフルSのワケ有り大人気馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬についての主観的な評価は中篇以降に回させて頂きますが、ココでは客観的な事実のみを記しておきます。

どうも半分位はブランド人気で大人気に推される模様ですが、以下『』内の陣営コメントの通りとても大本命馬とは思えないホープフルSまでの調整過程になっています…2週前までは回避含みで、1週前になって漸く疲れが回復で、少なくともココに上昇過程で挑めるコトは無さそうです。
これでG1激走するとしたら怪物でしょう…怪物であるか否かは中篇以降にて・・・。

・前走レース後=5週間前『心身のバランスが崩れている』
・4週前『背中の右側の凝りの症状が出ている』
・3週前『馬体の回復、右トモの状態回復が遅い』『馬体回復優先の調整』
・2週前『上り調子ではない。状態が下降線を辿るなら無理せず回避可能性』
・1週前『背腰の疲れはレース後よりも回復傾向』『先週の追い切りで少し負荷を強めると、馬体が一気に減って現状維持で苦労している状況』

--------------------
☆ホープフルSのワケ有り大人気馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「有力馬診断の中篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------