☆ホープフルSの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【ホープフルステークスの有力馬診断(後篇)〜“ディープの庭=京都マイル舞台”でもディープ産駒よりもキレた異質サドラー系キトゥンズジョイ産駒のジャンダルムなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します/出馬表は各馬の過去出走レースのレースレベル比較用としてお使い下さい(レースレベルはクラスを基準に設定していますので、[500万C]⇔[重賞D]では前者の方が上というワケではありません)
無題fjjk
△ジャンダルム 牡2 武豊 55 栗東 池江寿
まずは前走デイリー杯2歳S後の回顧文を参照↓
『京都芝マイルと言えばディープインパクトの独壇場であるが、そのディープ人気馬2騎の2着3着を尻目にキレにキレて飛んで来たのは母系サドラー系統のジャンダルムだった。
ジャンダルムに対してサドラー系統だからと言って重めのタイプと見做すのは間違いで、この父キトゥンズジョイというのはこういうスピードや一瞬の脚に秀でた産駒を主に輩出している。
寧ろ2着3着のディープ産駒の方が京都で弾けるタイプではない血統構成で、この低速時計決着でラスト2Fだけの速い脚勝負ならば前者に軍配が挙がるのは必然の結果だと見るべきか。
ジャンダルムは今後もこんな一瞬の脚や器用さが生きるシチュエーションならば活躍できるだろうが、ノースヒルズ馬で早々にダービー大目標が掲げられてしまっただけに…カデナやサングレーザーみたくクラシック路線挑戦の期間は少し低迷してしまうかも知れない距離延長二千級路線ならば折り合いの為にも是が非でも内枠が欲しい』

・・・
ほぼフルゲートの多頭数戦ですので尚更内枠が欲しい場面でした…もしも内枠ならばチャンスと見ていましたが、外枠ですので[武豊J替わり・外枠替わり・距離延長]と少し楽ではない要素が並んでしまった印象です。


―マイハートビート 牡2 津村 55 栗東 高橋忠
前走京都2歳Sは出負けが敗因とされているが、それにしても負け過ぎの結果。
コノ馬は4戦全て出負けしていますし、主戦幸J遠征せずテン乗り騎手というのも期待値の低い証に見えますし、フルゲート多頭数を前に出遅れてそのままになる可能性が高いはずで。


―フラットレー 牡2 ルメール 55 美北 藤沢和
上にバウンスシャッセ・フロアクラフトと言ったオークス激走馬が居る血統馬…コノ馬もスタミナとパワーに秀でている印象に出た。
前走アイビーSは例外的な極悪馬場だったので一概には言えないが、本来ならばああいう馬場でこそ真価発揮しても良さそうな馬。
前走が極悪馬場だから凡走度外視として依然ブランド穴人気もしそうですが、結局は新馬勝ちも相当レベル低かった相手関係に対してですし、現時点では直接的には強い根拠は何も見せていない馬です。


★○○○○○○(←ホープフルSの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
先の京都2歳Sでの◎ケイティクレバーの根拠の一つとしては、Hレベル500万下黄菊賞好走を評価してでした。
コノ馬はその黄菊賞の激走馬で、その前の新馬戦も文句無しのHレベル戦で…戦績的にはココでも上位に位置する馬なのは間違いなくです。

そして、父ニューアプローチは今年クラシック戦線で健闘したベストアプローチと同じくです。
ベストアプローチについて『母父ガリレオの日本での賞金順5はヴァンキッシュラン、ゴールドテーラー、ウェルブレッド、ローハイド。父父ガリレオの牡馬だとリッチーリッチーが出世株。これらの産駒に共通するのは異様なまでの2着3着の多さ…。やはりこの血の特に牡馬だと日本では重すぎて、それで俊敏な脚に恵まれないだけ勝ち切れるケースが少なくて、ただし重厚さあるので強い相手でも2着3着などの健闘も目立つという傾向になっている。ベストアプローチも正にそれで、自己条件でも勝ち切れないだろうが、上級条件でもそこそこ以上にやれる資質の持ち主ではないだろうか』と書きましたが、コノ馬についても同様に上級相手戦でもヘコタレナイだろう頑強さが窺える馬です。

逃げるレースしか経験していない点ではどうかですが、そこさえクリアできればの楽しみある一頭だと見ます。


△タイムフライヤー 牡2 Cデムー 55 栗東 松田国
物差し的な話をすれば、上記ケイティクレバー(京都2歳S3着)を大きく突き放したコノ馬は、Hレベル黄菊賞好走馬よりも強い馬である可能性が高いはずです。
その京都2歳Sでは目標にされる立場とやや掛かり気味の追走が響いた印象で、勝ち馬グレイルとの力量差は限りなく小さいモノだったと見ます。
当時の開催最終週の荒れ馬場条件が向いていただろう重めの血統構成馬で、果たして王道路線で通用するスピードや瞬発力があるかと言えば疑問はどうしても残りますが、それはこの似非G1戦ホープフルSにはお似合いな馬なのでしょう…。

--------------------
☆ホープフルSの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「木曜予想」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------