☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
中山11R京成杯(勝負度★★)
[印]
◎サクステッド
△8ダブルシャープ

[見解]

●昨年のダービーは1着レイデオロこそ美浦藤沢厩舎所属馬だったが、それ以下の2着から13着馬までを栗東所属馬が独占。
●先のG1ホープフルSでも上位12頭中10頭が栗東所属馬で、美浦馬は2人気6着・3人13着と危険人気馬結果に終わった。
●昨年の京成杯も数少ない栗東所属馬から激走馬(2着ガンサリュート)が生まれた。
・・・
何を当たり前のコトをというカンジでしょうが、一時期よりはマシになり条件次第では美浦勢の反攻も見られますが、とは言えども“社台F凋落・ノーザンF隆盛”の今ですからやはり花形クラシック路線(芝・中距離)に於いては圧倒的に栗東勢の層が厚いです。

だからと言って安易に栗東馬狙いとは言いませんが(特に関西馬なのに京成杯に出走する時点で二流扱い馬というコトになりますので)、少なくとも関西圏内のレース戦績を重視する手は有効と思います。

ちなみに今回の栗東馬からの参戦はダブルシャープ・スラッシュメタル・タイキフェルベールの3頭で、ダブルシャープはつい最近転厩してきたばかりの半地方馬・タイキフェルベールはダート馬なので栗東馬として下駄を履かせるべき存在なのかは結構疑問アリです。

結論から言いますと、美浦所属馬でありながらも、その中で唯一まともに栗東馬と遣り合ってきた戦績を持つサクステッドにアドバンテージを見出したいです。
コノ馬の初戦は新潟芝中距離戦でした。夏競馬後半は札幌・小倉・新潟の3場開催ですが、その中で最も能力通り通り決まるコースというコトと、栗東からでも輸送不利が小さいというコトで、新潟・芝・中距離・外回りコース戦は優良関西馬の遠征が多数あります…そんな相対的にレベル高いレースが行われ易い土壌があるということです。
実際にコノ馬の出走したレースはHレベル戦で、角居厩舎の良血人気馬を下す価値ある勝利を収めていました。

そして、2戦目には今度は果敢に関西圏の格上戦に、美浦所属馬ただ1頭の参戦でした…そこでは厳しい馬場で厳しい展開の競馬を強いられて好走はできずでしたが、2着まで0.2秒差ならば及第点は与えられる内容と結果でした。

そんな関東馬でありながら関西馬相手にそれなりの結果を残してきた馬ならば、このほぼ関東馬相手戦ならば妙味且つ能力通用可能性見出せる場面と見て狙いたいです。

そして、数少ない(一応)関西馬であり、前々走は関東圏内では最もレベル高かったレースのサウジアラビアRC・前走は関西圏内で最もレベル高かったレースの朝日杯FSを経てきた△ダブルシャープは、ほぼ二流関東馬だけを相手にするコトになるココならばチャンスある一頭との見方になります。

休載【エキストラtwitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])】
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…日経新春杯・京都9)
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1Rあたり250円前後)→完売ありがとうございますm(__)m

-------------------
☆京成杯の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。