☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【京都記念の有力馬診断(後篇)〜歴史的スロペのエリ女激走クロコス、歴史的極悪馬場の菊花激走クリンチャ、実は超内有利馬場の日経新春杯で凡走ミッキーR〜】
eytnyt
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△アルアイン(川田)
まずは前走菊花賞時の有力馬診断見解を参照↓
『マイラー志向の証左とも言える高速皐月賞激走馬で、池江師の見立てもマイラー(師にとっても予定外の皐月賞出走且つ激走)で、更にはこの夏休養を経てより母系(母ドバイマジェスティは米ダ短G1馬)の血統が出た成長を遂げている感も。
前走セントライト記念ではスピード溢れるタイプだけに距離2200のスローペースだとややスピード過多の追走になっており、そしてラストでは極端に速い脚を繰り出してきた一頭にしてやられるという2着…自身も十分に強い競馬をしているが、この領域ではこれが限界であるとも言えると思う。
クラシック重視の池江師だから菊花賞路線に乗せているだけで、そうでなければ別のマイラー方向の路線に向かって然るべき一頭だろう…つまりは菊花賞の距離三千に勝算あるから向かう背景でもなさそうで、激走までは無いはず。』

・・・
その菊花賞はやはり特殊な状況下レースだっただけに、その状況がマッチしていた&疲労残るレースをしていた激走馬はその後振るわない傾向で、逆に非激走馬は軒並み次走好走結果を出している。
その中でも消耗戦を自ら動く強い馬の競馬をして大きく負けなかったダンビュライト・ミッキースワローは古馬重賞戦で結果を残しており、それに準える競馬をしていたコノ馬についても同様の期待が懸かる。
前々走セントライト記念で土が付いている通り、この距離2200も必ずしもベスト領域ではないという点ではどうかだが、そうだとしても十分に好走圏内に位置する一頭との見方にはなる。


▽クリンチャー(藤岡佑介)
菊花賞2着の戦績が光りますが、それは寧ろマイナス評価にもなり得るというのは上記アルアイン欄で述べた通りです。

菊花賞では極悪馬場が向いたが故の激走だったのも確かですし、長距離(適性)だったが故の激走だったのも確かですし、但しその片方でも欠けていれば凡走あってもおかしくなかったはずです。
他馬を気にする面が強くて、故にスタート地点で他馬に先回りされると前に行けない性質があるという難儀な先行馬…ダービーで先行すらできなかったのもソレが主因でした。
その菊花賞でも万事休すの位置取りになりかけたワケですが…それがもしも距離三千と極悪馬場の両方の要素がなければあのリカバリー競馬は不可能だったでしょうから。
そんな異端馬を“普通の条件”で信頼して買うべきなのか否か…。

昨秋シーズンはノースヒルズ本丸カデナとの使い分けもあって急仕上げながらセントライトに宛がわれた経緯でした…当時よりは遥かに良さげな状態での初戦となりそうですが、上記の様なタイプだけにやはり使ってからが本領発揮という気もします。


―プリメラアスール(酒井学)
一昨年のエリザベス女王杯で展開恵まれによってあわや激走を果たした馬。
その次走の愛知杯では危険人気馬(2人9着)にした通り、そのエリ女は展開が全ての好結果だと言っても過言ではありませんでした。
3走前大原Sでの準OP勝利も前半3F37.7という超スローペースで、ブービーの上がり時計にも関わらず粘り込み1着というのは展開のアヤという側面が大きいです。
前々走福島記念ではマイネルミラノに捲られて万事休すで、前走チャレンジCでは同じくマイネルミラノの特攻を受けての敗戦でした。
後者の限りでは展開次第では変わり身あっても良い馬ですが、前者を見る限りでは少なくとも強い馬だとは言えないので。


▽クロコスミア(岩田)
昨年のエリザベス杯で展開恵まれによって激走を果たした馬。
見た目には一昨年プリメラアスールよりも恵まれた形ではありませんでしたが、それでも近年エリ女(道悪馬場時を含む)の中で最も遅いペースでの競馬となっては、物理的に前しか残れないという決着だったと見るべきでしょう。

あとは不安点としては燃え尽き症候群と隣り合わせのステイゴールド牝駒という点。
先週東京新聞杯でもアドマイヤリードが精彩を欠く結果となりましたが、有力馬診断でも書きました通り調教時点から昨シーズンとは異なる様子でした。
ステイゴールド牝駒はまずは早熟燃え尽き傾向があるのと、好調期にはまとめて走りますが、そこから休養を挟んで別馬戦績に劣化というコトもままあります…コノ馬の戦績も悪い時と良い時がハッキリしている通りに。


★○○○○○○(←京都記念の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走重賞レースでは着差だけ見れば完敗でしたが、それはコノ馬の実力を正当に反映した結果ではなかったと見ています。
というのも、当時の京都芝は巷では内外バイアス互角と扱われている見解が大半と思いますが、私は極端な内有利馬場だったのではないかと見ています。その日曜後半に関しては内の馬が外の馬を引き離すレースが繰り返されましたし、その翌週も同様の雨馬場回復過程になって同様の競馬が発生していました…それはそういうバイアスが発生していたと考えるのが最もシックリときます。
ガチのG1馬には敵わない力量馬ですが、それが揃いも揃ってまともに走らないのが京都記念ですし、今年のメンバーにもその候補は複数居ますので…おこぼれ3着ゲットが有り得る非上位人気馬筆頭はコノ馬と見ます。
(アクシデントあって現時点では騎乗騎手は流動的ですが、松若騎手には気の毒な話ですが、もしも鞍上強化(松山Jが筆頭候補)のミラクルあれば尚良しです)

--------------------
☆京都記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------