☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
京都11R京都記念(勝負度★★)
[印]
◎ミッキーロケット

[見解]

G1勝利馬[アルアイン・ディアドラ・モズカッチャン・レイデオロ]&G1連対馬[クリンチャー・クロコスミア]が大量参戦という、豪華実績馬揃いの注目の一戦。
能力的には上記で挙げた馬の中での決着となるべきですが、その全てが狭間G2京都記念に多くを捧げる必要が無いメンバー達であって、実際にドバイG1だったり春天だったり大阪杯だったりと既に今期本番レースが定まっている中での始動戦との意味合いが強い参戦というメンバー達であるというのが肝。
例年に於いてもそれに基づく予期せぬ実績馬の不発はしょっちゅうあって、またそれは一見死角が無さそうな馬にこそ起こっているという…その取捨は一筋縄ではいかない事項です。

必ずしも前情報通りとはならない傾向ですが…「アルアインの池江師は状態面について泣きのコメント」「ディアドラは大幅馬体重増」「モズカッチャン&クリンチャーは休み明け初戦×の前科アリ」…はそれが理由で凡走しても許される一戦ですし、先週アドマイヤリードもそうだったクロコスミアはシーズンを超えての好調持続に注文が付くステゴ牝駒で果たしてですし、そして最もケチが付かなそうなレイデオロですがこの手の馬が連対圏外になるのが京都記念ですので安易に実績信頼評価は避けたいです。

そういうリターン薄くてそれぞれ隠れたリスクを秘めるG1級馬よりも、もう目先を獲りに来ているミッキーロケットの方が買うべき存在なのではないかと思えます。

コノ馬の前走重賞レースは勝ち馬から1秒近く離された完敗でした…が、それについてはやはり今の冬季の調整狂い馬(フレグモーネで馬場入り数日休み)は小さくは扱えないというのと、それにも関わらず馬場外目を強気に攻めた分で開いてしまった着差だと見るべきでしょう。
また、当時の京都芝は巷では内外バイアス互角と扱われている見解が大半と思いますが、私は極端な内有利馬場だったのではないかと見ています。その日曜後半に関しては内の馬が外の馬を引き離すレースが繰り返されましたし、その翌週も同様の雨馬場回復状況だったのですがやはり同様の競馬が見られました…それはそういうバイアスが発生していたと考えるのが最もシックリときます。
つまりは、前走パフォーマンスで評価を下げるのではなく、ワケ有り凡走の前走による妙味と前進を見込むべきと見ます。

コノ馬が勝利するのはおかしな話ですが、揃いも揃ってまともに走るコトは無いG1級馬の隙間を縫っての上位進出については十分に考えられる話でしょう…コレの馬券内好走結果を狙う結論とします。


相手は冒頭で名前を挙げたG1実績馬6頭内での決着で堅いでしょう…「本命馬の複勝は2.5~倍」「本命馬→ワイド6頭合成オッズは2.8倍」「本命馬→三連複6頭流し合成オッズは3.2倍」…のオッズ比較から、どれも的中確率はほぼほぼ変わらないと見て、最もオッズが付く三連複を選択したいです→《三連複◎→3,4,5,6,7,10(15点/同払戻額配分)・馬連◎△》

休載予定(京都8R当日推奨可能性も僅かに有)【エキストラtwitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])】
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…東京8・10・11)
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1Rあたり250円前後)→完売ありがとうございますm(__)m

-------------------
☆京都記念の◎穴本命馬&△対抗馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。