☆スプリングSの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【スプリングSの有力馬診断(前篇)】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽エポカドーロ 牡3 戸崎 56 栗東 藤原英
新馬戦を3着の後、未勝利戦と500万下を連勝。
藤原英厩舎は基本的には新馬戦は勝たない厩舎なので、そこでの3着敗戦については何ら評価を下げる要素にはならない。
近2連勝については共に内有利馬場での逃げ切りだった点は注意が必要で、前走あすなろ賞にしても2着の良血スーパーフェザーこそ能力未知数であるがそれ以外は弱面相手の圧勝であった。
父オルフェーヴル×母父フォーティーナイナーの前掛かりの気性で、2戦続けて逃げさせた後に(同型が居るだけに)それ以外の戦法を難なく実行できるかは怪しさも。


▽カフジバンガード 牡3 内田博 56 栗東 松元茂
まずは前々走シンザン記念後の次走チェック馬見解を参照↓
『まず位置取りを取れなかったのが痛かったのと、直線で狭い所を突いて馬が他馬を気にして本領発揮ならずとの印象も受けた負け方でした。東スポ杯4着も前走自己条件1着も大したレベルではないので今後OPクラスでは苦戦しそうですが、スンナリ先行競馬ならばもう少しはやれるはず。』
・・・
前走共同通信杯も出負け後方競馬から、内枠も災いして直線半ばまで囲まれるポジショニングでエンジン掛からず…そして最後はキレ負けという善戦止まりでした。

距離延長でもう少し前での競馬ならば違うはずですが、今回は小回りコース替わりと頭数増で…相変わらずの出遅れ癖ですからココで上手な競馬をできる可能性は低いと言わざるを得ませんので。。


▽ゴーフォザサミット 牡3 田辺 56 美北 藤沢和
前走共同通信杯は絶望的な位置取りから上がり最速4着という見栄えの良い負け方…それもあって今回も人気落ちしないでしょうが、この手の馬は過信禁物という見方をすべきと思います。

前走のそれは未完成ハーツクライ産駒らしい後方に置かれ過ぎる競馬から最後に良い脚を使うも届かずという競馬で、もう少し前目の位置からならば届いたという見方はナンセンスな話で、決して田辺Jも意図しておらずともアノ後方ポジションになったという点も重く見るべきで。

同鞍上を据えて前走のリベンジ戦の位置付けですが、未完成ゴーフォザサミットが前走と異なる騎乗に応えられるだけの馬であるのかは半信半疑です。


―フォルツァエフ 牡3 ○○ 56 栗東 森
弥生賞でも物議を醸した恒例の森厩舎の…ただしココは頭数揃いそうなので回避でしょう。


―コスモイグナーツ 牡3 ○○ 56 美北 高橋祥
3走前アイビーSこそ不良馬場の最内競馬で他馬を出し抜く形での激走を果たしたが、その後の2走(東スポ杯&京成杯)では暴走気味の逃げで終いに脚を残せずの大敗で、前走共同通信杯ではようやくまともなペースでの逃げを打つも力負けという8着凡走に。

その前走の限りでは展開利あっても足りる馬だとは見做せないし、前走こそ大箱コースでの単騎逃げでペースを守れましたが、当時ほどに甘やかしてくれないコース形態替わりで前々走&3走前の暴走逃げの二の舞の懸念をすべきと思います。


▽サトノソルタス 牡3 ○○ 56 美北 堀
まずは前走共同通信杯2着後の回顧文を参照↓
『この日の内有利馬場を誰よりも生かす騎乗をしていたムーアJの手腕、そして後方に置かれていた1人気2人気馬ではなく勝ち馬オウケンムーンを視野に入れ続けたムーアJの勝負勘が素晴らしかった。
その割に馬の反応が鈍くて、一時はより後方からの追い込み馬と同脚色だったのはどうしたものか。それでも最後まで伸び続けた辺りは決して弱い馬ではないのだが、まだ完成途上でもう少し遅い時期からもう少し長い距離で存在感を出してくる馬になるのではないか。』

・・・
同厩ルーカスとの使い分けを模索しているのか、仕上がり面にも不安あるのか、週初時点では騎手未定で回避含みの特別登録。
もし出走に踏み切るとしたらミナリクJか石橋脩Jかと思われます。

兄姉を見ても割と体質面に弱さある血筋ですのでココでの慎重姿勢は妥当と思いますが、皐月賞直行では賞金的に黄色信号ですし、スプリングSから毎日杯へのスライドとなると逆に皐月賞へのローテが過密になるので現実的にはスプリングS出走するしかないはずですが…。

裏読みすればそういう押し出された様な出走過程はケチが付くとも言えます。
あとは前走で見せた鈍さ…ムーアJから鞍上弱化確実で小回りコース替わりでは危うい要素になってくる可能性も十分です。


★○○○○○○(←スプリングSの大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
底を見せていないという意味で最も怖さある格上挑戦馬。
初戦はレースレベルCのHレベル戦での3着…超スローペース前残り展開を限界の上がり脚で追い込んでの好走結果も評価できるモノ。
2戦目は次走京成杯4着好走するライトカラカゼと同タイムの2着…コチラにとっては気持ち長い距離二千条件での互角競馬はライトカラカゼ以上に評価できる走りだったと言えるモノ。
前走も字面だけ見れば地味な勝利だが、直線でも詰まりつつながらも後傾ラップを余裕の抜け出しは完勝と言って良い。
上位人気馬は差し追い込み馬ばかり…コノ馬が前残り展開に恵まれれば大穴開ける可能性も。

--------------------
☆スプリングSの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------