☆金鯱賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【金鯱賞の有力馬診断(後篇)〜[ブレスジャーニー]適性外は百も承知で夢を追いかけた3歳秋(菊花→有馬)…漸く実利重視=本腰入れて適鞍起用の今シーズンは真価発揮の大化け期待!〜】
無題srym
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★ブレスジャーニー 牡4 三浦 56 栗東 佐々晶
まずは前走有馬記念時の有力馬診断見解を参照↓
『コノ馬は3歳春に骨折発覚してシーズンを棒に振ったワケだが、そもそも骨折発覚前段階から馬体面の弱さから順調な調整過程を踏めていなかった経緯もあった…その弱さというのは馬体の右半身の方にあって、故に左回りオンリー起用=右回り難は予ねてから懸念される点であった。

前々走菊花賞は極悪馬場でまともに競馬をしていないので、実質的に前走チャレンジCが初めての右回りレースでした…そこでは終始右手前の走りで、やはり右回り(小回り)には大いに難があったという内容に。
それにも関わらずの僅差3着というのは想像以上の結果で能力評価はしたいですが、引き続き右回り小回り条件でテン乗りとなれば難しい競馬になりそうでこの条件では狙えません。』

・・・
佐々木晶調教師は有馬記念前に「左回りの方が良いに決まってる、マイルの方が良いに決まってる」と、有馬記念はあたかも記念出走かの様なコメントを発していました。
結局その昨秋3戦は菊花賞と有馬記念という勝負にならぬ2戦を使って、残り1戦は不向き右回りのチャレンジCで3着健闘。
前走有馬記念はそれに加えて直線不利もあっての凡走結果でした。

いよいよ距離二千以下・左回りという実利重視の適鞍路線参戦となる今回は化けても驚けない一頭です。


△ダッシングブレイズ 牡6 北村宏 56 栗東 吉村
4走前マイラーズCや3走前京王杯SCでは不器用な脚の使い方と瞬発力の無さの分でラストだけ良い脚という足りない競馬をしていた。
それを補えたのが前々走エプソムCでの距離1800起用であり、そして外有利馬場での内ガラ空きスムーズ競馬が叶うシチュエーションであり、そして前週から前日にかけてそれまでの大不振成績から一変を見せて復活を思わせていた浜中Jの好騎乗もありこれまでの鬱憤を晴らすかの様な完勝劇を果たしたという経緯。

前走小倉大賞典は長欠明け初戦で不向き小回りコースでの4着ならば上々の滑り出しと見るべきで、上記の経緯からは少なくとも距離マイル路線戻りよりは今回の距離二千路線(特にスロー必至なので)の方がベターという印象も。

そもそも他馬は差し追い込み脚質という馬ばかりで…そして強豪馬こそ大阪杯を見据えた前哨戦という位置付けのレースでもあるだけに…エプソムCの再現を期待したい一頭です。


―デニムアンドルビー 牝8 バルジュ 54 栗東 角居
脚元の不安から15年宝塚記念2着を最後にCW中心の追い切りは手控えられていた経緯だったが、3走前アルゼンチン共和国杯にて久しくそれを解禁で、そこから2週続けて長めの追い切りの更に強化されていたのが前々走チャレンジCで…脚元不安小康状態で満足な攻めが課される様になってから復調歴然という近況。

それが継続ならば更なる結果もという話の流れになると思うのだが、今回は繁殖期間近の引退レースであるコトも考慮されているのか不振期同様の坂路調教パターンに逆戻りとなっています…これは本気度の面も含めて大いにマイナス評価と見るしかないでしょう・・・と用意していたのですが水曜の最終追い切りはCW長め意欲的な調教なので上記の話は無かったコトにして下さい。。
ただ、それを抜きにしても最近唯一の好走歴である前々走チャレンジC2着は得意阪神コースでの低レベル戦なので…それに加えて末脚を引き出すのは色々工夫要る馬ですので…この相手関係に芝外回りで信用ならないバルジューJでの浮上というのは中々難しい話ではないかと見ます。


▽メートルダール 牡5 福永 56 美南 戸田
まずは前走中日新聞杯1着後の回顧文を参照↓
『1着メートルダールは母系にロベルトとサドラーの血が入るパワー体質馬…それだけに今回の様にタフな条件でも早仕掛けや捲りの形にも馬が耐えられる。
結果的にはメートルダールの早めの仕掛けが1人気2着ミッキーロケットのスムーズな進出を削ぐような形にもなっていた。
ミッキーロケットはそれと、左回りでもモタれる面を出したのと、この距離二千もやや不足なのか、差し遅れるような末脚での2着。
メートルダールは左回り特化起用に何か裏があるのかも知れないが本質的には小回り内回りでも生きそうなパワーを秘めた馬…対してミッキーロケットは純粋な直線勝負ならばそれに負けぬナタの末脚の持ち主。
今後は、外回りor中長距離ならばミッキーロケットに、小回りor中距離ならばメートルダールに軍配が上がるのではないか。』

・・・
前回中日新聞杯と今回金鯱賞は共に中京二千コースが舞台条件ですが、メートルダールにとっては前走程に楽な戦いにはならないでしょう…鞍上(Cデムーロ→福永)、馬場バイアス(やや外有利→春開幕週はイーブン〜やや内有利になる傾向)、展開、相手関係、斤量(ハンデ戦→別定戦)…どれを取っても前走の方が良かったので。


★○○○○○○(←金鯱賞の大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
矢作厩舎は一戦必勝姿勢ではなく、レースの数を使ってトータルで損益計算をするという厩舎です。
なので、例えば先週総武Sでは2頭出しリーゼントロック10人2着・ドリームキラリ6人4着が共に活躍を見せましたが、共に悪い時でも使いつめて馬柱ボロボロの期間ありながらも持ち直されたという経緯の持ち主でした。

コノ馬にしても復帰後の3走は連続二桁着順と株急降下ですが、それは他厩舎ならばレースに使わない悪状態でもレースに使うから馬柱が汚れてしまっているという側面もあるはずです…もし他厩舎ならば[メイS1着→エプソムC6着→重賞二桁着順→今回金鯱賞]くらいでしょう。

ドリームキラリにしてもリーゼントロックにしても積極的な競馬を打てたタイミングから戦績が暗から明へとガラリと変わりました…コノ馬の前走小倉大賞典は結果こそ平凡でしたがそういう本来の競馬ができる状態だったという点に光明が見出せます。

先行馬不在で見え見えの展開利見込める一戦…コレの復調劇可能性は一枚押さえたいトコロです。

--------------------
☆金鯱賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------