(※週初のみ簡易更新で失礼します…この簡易記事は中身を上書きする形式で毎週更新します。)
☆天皇賞春の◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週予想結果
[1-0-1-3](◎ルグランフリソン5人1着(単10.7倍)・◎ラグナグ7人3着(複4.7倍))
競馬予想GP週間回収率2位(約20人中)
無題pop
先々週は[6の4]も皐月賞ジェネラーレウーノ以外は人気馬予想ばかりだったワケですが、先週[5の2]は少し穴寄り予想に…ってのは正直全く意識していないので、毎レース毎レース然るべき予想をするというのが私のスタイルで、それが上位人気予想なのか穴予想なのか爆穴予想なのかは完全に結果論なのです。ちなみに、平均すると本命馬の平均人気は毎年6人気前後です(昔の名残で“大穴予想ブログ”の表題となっていますが…)。

やはり偶然ではない流れってのはあるので…12カ月連続好調の後の1ヶ月半不調の後の2週間持ち直し…ウチの今の予想状況は株で言えば「半値戻しは全値戻し(下げ相場の値幅の半分まで反発したなら、元の株価まで戻る可能性が高いことを指す格言)」を試みる局面でしょうか…来週再来週でも底堅い結果を出して「半値戻し」として安心して見て頂けます様に…目先の一発はあるに越したことは無いですが、そんな偶然の産物よりも色々テコ入れした以上はまずはコツコツと地に足の着いた展開をしていければと思っています。。

あと先週◎ラグナグの推奨見解は以下の通りだったのですが、福島牝馬S激走のキンショーユキヒメ(※非推奨馬)もそうだったと思いますが、“夏馬”ってのがソロソロ顔を出してくる頃合いの様です。
夏馬だったり冬馬だったりの季節馬ファクターは重賞路線の有名馬ならともかく平場馬だとほぼ見逃されている印象です…近走戦績や時計など馬柱から容易に読み取れる情報ではありませんので、そうチャンスは多くないのですが結構美味しい予想パターンとして重用しています。
狙い方はその時季初戦は勿論ですが、実はそれよりも初戦好走馬の次走ですね…それは実際に完全版平場回顧号で事前指摘した暖馬ケンホファヴァルトの直近2走を見て頂きたいのですが、季節替わり初戦一変激走馬はフロック視される且つ好調期突入で連続好走できる2戦目こそ、確度あって且つ妙味も残る買い易いタイミングになるので後追いOKなのです。
(私は夏場に良績が多いから夏馬だ…とは見做すコトはしません。それは多くの場合は偶然の偏りでしょうし、洋芝巧者とか他の要因が強い場合も多いでしょう。単純な戦績よりももう一歩踏み込んで裏が取れる馬のみそう判定しています(現在約40頭のリストを保有しています…あんまり予想素材の出し過ぎはどうかなのですが、特別に一部のみ置いておきますので勉強熱心な方は参考にして頂ければと思います)。)
無題rtkdyu
無題rtyu
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
即案内送付登録(メアドのみ入力)https://sv6.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=S410216
(※登録済などで新規登録不可時にはsguw125@gmail.comまで「詳細希望」とご連絡下さい)


☆天皇賞春のMY馬柱
(※全ての説明はできませんが、過去レースレベルなど一部でも参考にして頂ければと…)

無題ykft

☆先週重賞[皐月賞]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
2着サンリヴァル
『昨年世代の善戦キャラ・ダンビュライト(きさらぎ賞3着→弥生賞3着→皐月賞3着)の再現を期待したいのが、それと同じ父の子であるサンリヴァルです。
コノ馬の前々走はHペース積極策で健闘と言える結果で、そして前走ではSペース積極策で善戦止まりと言える結果でした。
着順は同じでも前者の方が濃いパフォーマンスだったというのは、つまりは前者の方が持ち味を出せる馬なのだと考えられます。
それはダンビュライトと被るイメージで、そのダンビュライトも同様にペースに恵まれても恵まれなくても-相手関係に恵まれても恵まれなくても常に同じ様な着順で走り続けた馬でした。
確かに前走でも好走できなかったのならばG1では足りないと見るべきなのですが、ダンビュライト同様に厳しい展開・厳しい相手関係でもパフォーマンスを上げて&着順を下げないイメージは持てます…つまりは人気より十分上の着順に入線できそうな複穴候補の一頭と見たいです
。』
・・・
上記は週中時点での推奨見解ですが、結果的にもポスト・ダンビュライトとも言うべき皐月賞以前の相手ナリ戦績から皐月賞激走戦績を残しました。
じゃあ皐月賞2着馬として満を持してG1獲り=ダービー獲りが狙えるかと言えば、そこでもまたダンビュライトの先例が役に立つでしょう…つまりは皐月賞で一番強い競馬をしたと言われながらも、ダービーでは着順もパフォーマンスも落としたその先例です。
そもそも低速皐月賞・皐月賞先行好走馬というのはダービーに直結しないレース・好走タイプになります…それとポスト・ダンビュライトキャラを踏まえればダービーは戦績凹む場面だと読めます。

--------------------
☆天皇賞春の◎有力馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→今回天皇賞春に向けての本気度という面ではコノ馬が一枚抜けています…天皇賞春を獲る為に(負荷掛かる)春天主要前哨戦レースを回避してきて、そして天皇賞春を出走した後は宝塚記念に向かわないで休養入り予定という…もはや天皇賞春1着にしか興味が無いと言わんばかりの異例メイチ戦略です。
これの直前レースでは敗戦を喫していますが、上記の通りハナからそこでの好走には興味が無かったという参戦で、あくまでも天皇賞春に向けて余力を残す為の非適性距離レース不完全燃焼凡走は全く評価を下げる材料になりません…寧ろ激走してしまった方が余力の面で心配になります。
用意周到に全ての好条件を揃えて挑む今回天皇賞春…最も1着馬に近い存在はコレだと見ます。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------
☆今日のオマケ

(与沢翼氏を支持するとかではないですが、今の彼はもう一生分以上を稼ぎ終わっているのでもう弱者から金を分捕る思考(詐欺師紛い時代の思考)はサラサラ無いのでしょう…その是非とかは脇に置いて純粋に発言(ツイート)だけを見れば、やはり投資(競馬予想にも通じる)の世界で頂点を極めた人間として見る価値ある金言は多々です。
まあ、コレはそれとは関係ないツイートですが。。)