☆皐月賞の危険穴人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題rtjs

【皐月賞の有力馬診断(前篇)〜[エポカドーロ]一戦必勝仕上げ藤原英厩舎…“前哨戦&本番G1の連続好走ほぼ無し傾向”も、ピンポイント仕上げ技術の高さの裏返しであるとも〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽オウケンムーン 牡3 北村宏 57 美北 国枝
隠れ注目前哨戦若葉Sはタイムフライヤー自滅で、そして近年地位向上目覚ましい前哨戦共同通信杯も重賞好走馬グレイル&G1好走馬ステイフーリッシュが共に自滅で例年の様に重視できる前哨戦ではありませんでした。
その中でオウケンムーンはまだ余力を残しての勝ち切りだった点では底知れぬ魅力は見出せるが、それと共に完成度問われる皐月賞に向けてならばレース振りの粗削りさをマイナス視したい。
直線を向いた地点でも前に1頭・横に1頭に囲まれる形で過剰反応しており、結果的には横のトッカータの方が大きく横に逸れてくれた分で大きな進路が生まれたので息の長い末脚に至った経緯。
小回り激戦レースに於いて器用な立ち回りが果たしてできるのか…不安要素も多い未知魅力馬で重視までは・・・。


▽エポカドーロ 牡3 戸崎 57 栗東 藤原英
本年の藤原英厩舎と言えば例年にも増して1戦必勝の色が濃い出馬態勢となっているのは先週もお話しました。また、近年ではステファノスやストレイトガールなどの[前哨戦凡走→本番G1激走]例が目立つ通り、デムーロ騎手の厩舎版とでも言うべきメリハリあるG1メイチ戦略ももはや有名な話。
なので、厩舎の比重が高まるG1では特に注目を浴びるワケですが、ただそれが今回のエポカドールにも適用される話かと言えば違うはずで。

ステファノスやストレイトガールの例の様なG1のみを目標に据えられる様な馬と、寧ろG1の土俵に上がるまでが勝負懸かりという馬とでは、それは正反対であるとも言えるはずです。

[前哨戦凡走→本番G1激走]パターンばかりが目立ちますが、それよりも[前哨戦好走→本番G1凡走]パターンの方が大多数です。
それはG1で好走するのはハードルが高い話なので当たり前ではあるのですが、[前哨戦好走→本番G1好走]パターンというのが最近全く見られないというのは意味を見出したいです。

つまり、藤原英厩舎渾身仕上げでのG1出走権利獲得好走馬は、いざ本番G1までは持たない説…現にコノ馬の調教過程(中3週でプール+1週前軽め1本)を見る限りでは上積み見込めるというモノではありませんので。。

これは『青葉賞で権利獲得が至上命題で、ダービー出走(≠好走)が目標になってしまった』というベストアプローチパターンではないかと…。


★ステルヴィオ 牡3 ルメール 57 美北 木村
そんな前哨戦メイチ姿勢だったエポカドーロを、始動戦の位置付けながらも格の違いでねじ伏せたのがステルヴィオでした。
本番に向けての上がり目の面でも距離延長の面でも、前走時に見せた力関係は覆りようが無いモノと考えます。

ただし、2歳時の小回り1800条件のコスモス賞でも重馬場小回りコースが忙しくての辛勝止まりで、前走スプリングSにしてもペースが軽かった分で忙しさは目に見えませんでしたがそれでも加速遅れての完全に脚を余す差し競馬となっていたのをどう評価するのかです。
今回皐月賞は距離延長とは雖もそれよりもペースは流れますし、同じくの小回りコース条件です…そういう方向に難なく適合する競馬ができるのかと言えば、それは一切これまでに見せていない姿というコトになります。

いわゆる強い競馬…確実に高次元の末を見せてくる姿は濃厚と見ますが、いつもの差し遅れ競馬で頭まで届かせるのは他力本願という側面もあるはずです…好走善戦は有望ですが激走まではどうか・・・。


―マイネルファンロン 牡3 柴田大 57 美北 手塚
そのスプリングSでギリギリ権利獲得3着に滑り込んだ馬です…ただし上位2頭との着差は0.6秒差という果てしなく大きなモノでした。
当時は『2歳時2勝のステゴ牡駒は後の大物ばかり…昨年◎ウインブライトと同じくそれに準じた歩みでココで名を上げるマイネルファンロン』として◎推奨したのですが、そのステゴ牡駒成長力も3歳春G1では間に合わないというのが通例です(ウインブライト同様にジワジワ成長力で古馬以降に期待)。

危○○○○○○(←皐月賞の危険穴人気馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
額面上の実績だけで言えば今回メンバー中でも上のモノを持っている馬ですが、その実績=大レース激走歴は様々な面からその実質的な価値は低いと言わざるを得ません。
それは激走歴は単純に相手関係もそうですし、この近年では年間最速馬場で開催される皐月賞とは秒単位で異なる決着時計からも現代競馬で要求される方向性からは外れた異質レースだったという質的な面でも。
だからこそ結果を残してきたと言えるのがコノ馬で、元から王道路線で通用するスピードや瞬発力があるかと言えば疑問大きいというのは一貫して呈してきた見解で、また一度崩れたBT系馬(実際にこの中間調教でも陣営は不満げ)という観点からも疑ってかかりたい一頭になります。

--------------------
☆皐月賞の危険穴人気馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「有力馬診断後篇」を水曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------