☆皐月賞の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【皐月賞の有力馬診断(後篇)〜[タイムフライヤー]JRAによる“レーティング水増し査定疑惑(限りなく黒に近いグレー)”でG1昇格を果たした…似非G1ホープフルS馬の価値は?〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽キタノコマンドール


―タイムフライヤー 牡3 内田博 57 栗東 松田国
一応G鞠呂慮書きの持ち主ですが、そのホープフルSが本当にG気箸靴討硫礎佑△襯譟璽垢世辰燭里と言えば否としか。
そもそもホープフルSは忖度というか殆ど不正の上でG1昇格したレースでして、本年に於いても前走初勝利馬も大量に出走してくる様なメンバーレベルもそうですし、例年の皐月賞と秒単位で異なる決着時計からも現代競馬で要求される方向性からは外れた異質レースでした。
だからこそG鞠呂砲覆譴燭噺世┐襪里タイムフライヤーです。
それにしてもという前走若葉Sの凡走結果は鵜呑みにはできないとは言え、元から王道路線で通用するスピードや瞬発力があるかと言えば疑問大きくて、一度崩れたBT系馬という観点からも疑ってかかりたい一頭です。


―アイトーン 牡3 国分恭 57 栗東 五十嵐
前走若葉SはG1馬タイムフライヤー・大器候補ダノンフォーチュンの不発によって、本来のOP特別としてのレベルは無かったという一戦…そこで単騎逃げ切り勝利の価値は低いと言わざるを得ない。
また、コノ馬は逃げて3戦3好走⇔逃げずに3戦3凡走という逃げオンリー馬で、それを踏まえて今回も「意地でもHペースでも逃げる」という気になるコメントが…レースの鍵を握る存在として検討しなければだが、コノ馬自身の残り目は無謀だろう。


▽ワグネリアン 牡3 福永 57 栗東 友道
前走弥生賞は勝ち馬ダノンプレミアムがあまりに強過ぎたのもありますが、自身もあまりにもモタつく競馬で間に合わないという結果でした。
福永Jは『スピードの乗りが遅かった。坂を上がってから伸びているんだけど。修正点が見付かった』と前向きなコメントを残していますが、それは修正点というよりも一筋縄ではいかない弱点という側面もありそうで。
そんな1か月足らずで馬が劇的に変えられるコトは無理でしょうし、騎乗面でカバーしようにも福永Jではコノ馬を道中で抑えるのは精一杯ですし尚且つコーナーでの挙動にも怪しさある馬だけに…多頭数激戦皐月賞に於いて福永Jの引き出しの中に一体どんな活路(ミラクル)が可能で有り得るのであるのか???
(と思っていたら、皐月賞当週になって福永Jの予防線満載のコメントがあちこちで発せられていますね→【皐月賞】ワグネリアン福永が大激白「馬は機械ではない」


▽ジャンダルム 牡3 武豊 57 栗東 池江寿
弥生賞ではワグネリアンに次ぐ3着好走。
少頭数立てレースでしたのでそれの優位性はどこまであったかは別ですが、武豊Jを背に内枠から器用なレース振り&自在に動ける走力というコノ馬の特徴を存分に発揮した競馬をしていました…それでの3着止まりというのは1着馬2着馬との力量差を認めるしかない結果だと見ます。
本番皐月賞では頭数が増える点では器用さが武器にもなり得るワケですが…それと同じコトが言えたのが一昨年皐月賞(エアスピネル)で結局は力勝負の皐月賞になって善戦を脱せずでした…。


★サンリヴァル 牡3 藤岡佑 57 栗東 藤岡健
まずは前々走ホープフルS4着後の回顧文を参照↓
『先行勢で唯一上位に粘った結果で、いわゆる強い競馬なのは確かです。
ただし、こんな消耗戦になって粘り腰を発揮するという適性なり強さというのは、今後に於いてほぼ問われるコトが無い要素になりますので…じゃあ平均ペースならばコノ馬が激走していたかと言えば話は別なのです。
ルーラーシップ産駒で中山二千の消耗戦で粘ったと言えばダンビュライト皐月賞3着が記憶に新しいでしょうが、そのダンビュライトもダービー〜神戸新聞杯では一転して楽なペースの先行競馬となりましたが着順を上げられなかった…と言えば分かりやすいでしょうか。』
・・・
ホープフルSではHペース積極策で4着・弥生賞ではSペース積極策で4着…それで共に同じ着順というのは相手関係もありますが、コノ馬自身が前者の方が持ち味を出せる馬というコトではないでしょうか…ただしホープフルSはあまりにもの展開だったので着差は開けられてしまっただけで。
上で例に挙げたダンビュライトは結局はどのレースでも同じ様な着順に入り続けました…そのイメージで言えば案外皐月賞でもこれまで同様の善戦着順、つまりは人気よりも結構走れてもおかしくない一頭と見ています。

★○○○○○○(←皐月賞の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
確かに前走は毎年空き巣状態となる重賞レースで、相手関係的には大した評価はできない重賞勝利でした。
それも2着との着差は0.1秒差という字面で言えば辛勝なのですが、ただしコノ馬の場合にはその前走にしてもそれ以前にしてもどれも真面目に走り切れずという中での連勝結果という点で底知れぬ魅力見出せます。
それも低打率長距離砲種牡馬の父を持つという血統馬です…現時点で見せているパフォーマンスだけでは足りない評価ですが、それ以上を秘めている可能性十分のロマンある馬なので…期待したい一頭です。

--------------------
☆皐月賞の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

-------------------

【寄付報告】
『競馬予想グランプリでの有料配信[第二重賞有力馬診断配信+週末予想配信]は、独自配信よりも結構割高にはなります…それは競馬予想GP内の相場だったり損益分岐点もあるでしょうから、私の一存では中々という話ですのでご了承下さいませ。その分ではないですが、この競馬予想GP販売収入の約半分は、慈善団体への寄付という形にさせて頂きます(キチンと目に見える形での報告を致します)』の件について、結構今更ですが2月分の競馬予想グランプリ販売収入(約半分)の寄付報告です。
当該月販売収入額は翌月中旬確定(翌月末日振込)なので…この報告もタイムラグは出ますが今後共ご承知置き下さい。
2月分販売収入28,278円→3月29日寄付金額15,000円
(※販売収入から税金の類も差し引くと私の手取りは2割を切るはずで、寄付があるからと売上が〇倍にもなるはずは無いですので、いわゆる寄付便乗商法では決してありません)
無題erh
無題ytio;