☆ヴィクトリアマイルの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【ヴィクトリアマイルの有力馬診断(後篇)〜[レッツゴードンキ]3択“香港千二G1or京王杯orVM”から選択のプラン無きマイル挑戦=突貫マイル仕様でVM3度目の正直となるとは…?〜】
無題rtrytui
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★リスグラシュー 牝4 武豊 55 栗東 矢作
このヴィクトリアマイルに於いてはとても興味深いデータがありまして、それは近年では前走勝利馬はほぼほぼ全滅…1着はおろか3着にすらも全く入れないという。
それは半分以上は偶然の偏りですが、ただ牝馬戦だけあって前哨戦激走は消耗と言い換えられる側面も多少はあるでしょう。

その観点からもやはり買わねばならない前哨戦善戦止まりホースがリスグラシューで、前々走東新聞杯回顧では「仕上がり早」体質を指摘しましたが、その東京新聞杯は一戦のみローテだったのに対して前走阪神牝馬Sは前哨戦位置付けで、調教過程も一目瞭然で次に余力を残す過程になっていました。
それに対して今回VM調教過程では前走阪神牝馬S調教過程では見られなかった、そして前々走東京新聞杯調教過程を彷彿とさせる様な猛時計調教を課してきました…つまりは杓子定規に捉えれば2戦目上昇があって然るべきであると。

ただし、『ヴィクトリアマイルは近年では中距離適性馬のポカが目立っています。リスグラシューの場合にも生粋のマイラーというよりは中距離適性馬感ある馬ですから、これでヴィクトリアマイルに向けて死角無しと見てはならないと思います』と書いてきた通り、東京新聞杯も阪神牝馬Sもスローペースだからこそ脚が使えたという側面もあるはずで、それと大幅に異なるレース質も有り得るレース傾向のVMでも同じだけの脚を使えるかは絶対視はできないという点には少々死角アリです。


▽ミスパンテール 牝4 横山典 55 栗東 昆
リスグラシューとは対照的に、VMでは相性悪い前哨戦を獲りに行って獲ったパターンの馬。
これまでも気性面が最たる課題だったという馬で、故に本番を前にした一戦で逃げさせるというのは歓迎されない手だったと思いますが、それをやってしまうのが横山典Jという。

横山典Jだから何か秘策を抱えてのコトとも思いたくなるのですが、現にアエロリットでもクイーンS暴走逃げで秋華賞を台無しにした例もあるので…G1だから勝ちに行く-前哨戦だから勝ちに行かないとの一般論には与しない思考なのかも知れません。
その阪神牝馬S勝利後に厩舎関係者は渋い顔をしていた様ですし、前走再現は不可の一戦を逃げさせた後で迎えるというのは常識的には難しい局面・期待値低い局面です。


▽レッツゴードンキ 牝6 岩田 55 栗東 梅田智
今となってはコノ馬の主軸はスプリント路線…そちらの適鞍が無い時だけマイル路線にスポット参戦してくるという起用法。
本質的にスプリンターなのかはさておき、本気でスプリントG1獲りを目指されている流れで、気性的にはよりスプリンター化している印象です。
それが顕在化したのが昨年VMで、その前後では6走連続好走という絶頂期にもかかわらず、そこでは折り合い難自滅大敗を喫しました。
距離マイルでも折り合いさえという馬なのですが、今期にしても香港スプリントG1遠征や京王杯スプリングカップ参戦など様々な選択肢が挙げられた上でのヴィクトリアマイルリベンジ決定でした…これが当初から[高松宮記念→ヴィクトリアマイル]という本腰を入れてのマイル克服挑戦ならば話は変わりましたが、そうではないプラン無き突発マイル挑戦での突貫マイル仕様では果たして大丈夫なのかとの不安の方が大きいです。


―カワキタエンカ 牝4 ○○ 55 栗東 浜田
3走前洛陽Sは鞍上横山典J曰く『気持ちの問題』という大敗…其の後の2走中山牝馬S&福島牝馬Sは共に“メンタル重視”というコトで中間にまともに調教負荷を掛けない調教パターンが功を奏しての連続好走という経緯。
今回も恐らくは前2走を踏襲した調教パターンで挑むのでしょうが、そもそも今回VM参戦にあたって賞金上積みの為に過密ローテを強いられての[中2週][福島帰りで再度関東輸送]という時点で、幾ら調教を軽くしようとも酷な場面に思えますが…。


▽アドマイヤリード 牝5 Mデムー 55 栗東 須貝尚
まずは昨年阪神牝馬S回顧文を参照↓
『小柄ステゴ牝駒で強烈なピッチ走法が特徴的。
それだけに前走阪神牝馬Sでは外回りコースで大外枠を引いて外々をグルっと回ってくる競馬になるとどうかと思ったが、ルメールJは外差し馬場でガラッと空いたインを立ち回る頭脳プレー(?)。
 基本的には外が伸びる馬場でしたが、かと言って内を通った馬が全滅する様な馬場ではなかったので、つまりはその馬の荒れ馬場適性次第の面もあった。それにピッタリだったのがコノ馬で、前走も重馬場での圧勝劇だった通りステゴ産駒ピッチ走法馬でこの手の馬場の巧者だった側面は確実にある。』

・・・
昨年阪神牝馬SにしてもヴィクトリアMにしても外の方が伸びる馬場でしたが、だからこそ得意とする一瞬の脚を生かしたインを突く競馬を高確率でできてしまう条件であり、尚且つこういう内不利馬場でも他の馬と比べて影響を受ける所が小さいという適性の持ち主であった分での激走でした。

その逆で、非外伸び馬場=非内空き馬場だったその後の3走は、その全てで直線詰まって人気を裏切ってしまっています。

ルメールJも『彼女の瞬発力は、強いけど短い。ラスト100メートルまで我慢して、最後だけ追った』と言っています通り、じゃあ詰まらない様に大味な競馬をして持ち味を出し切れるという馬ではありませんので。

これが穴人気馬ならば一発魅力という見方になるのですが、これが人気馬ならば現に3走連続で詰まっているリスク馬との見方をする必要アリです。


★レッドアヴァンセ 牝5 北村友 55 栗東 音無
コノ馬の前走以前の勝利歴は平坦コースに集中で、3歳クラシックシーズンも京都で走り阪神で走れずというモノになっていました…急坂不得手は周知の事実となり、実際に陣営は4歳以降からはほぼ京都にしか出走させていない程です。
それを踏まえれば、脚部不安あって復帰が延びての本意ではない阪神コース出走だった前走阪神牝馬Sでの好走には大きな価値が認められます。
前々走での東京マイル勝利もとても条件戦としては最上級に相手関係揃っていた一戦でした。
近半年で2走しか出走していないのでベールに覆われている面もありますが、知れぬ内に相当力を付けている可能性も結構あります…前哨戦好走にも拘わらず舐められた人気ならば手を出したい一頭。

懸念点としては[休み明け初戦〇→2戦目×]が繰り返されている点…音無厩舎自体が外厩帰り初戦で結果を残す厩舎だけに、続戦・在厩調整は少々気掛かりではあります。

★○○○○○○(←ヴィクトリアマイルの大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
ヴィクトリアマイルというレースは基本はHラップ戦で、それは牝馬限定戦では稀有であるが故に従来の力関係よりも適性が優先される決着もままあります。
そのレース質で底を見せていない〇〇〇〇〇は一発候補…近走は突貫工事での距離1200挑戦では流石にスピード不足だったという話で悲観すべき敗戦では無いでしょう。
それ以前に遡れば距離マイルでは底を見せていないどころか、このHラップマイル戦に於いては最も評価すべき戦績の持ち主なのですから…この得意条件戻りで普通に激走あっても驚けません。

--------------------
☆ヴィクトリアマイルの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------