☆函館スプリントSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土はイーブン、日は外有利/土はS、日はA→C
阪神…土はやや内有利、日はイーブン/A

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…9週目/Dコース替わり/伸び所はイーブン(〜やや外有利)/馬場差はA
阪神…3週目/Bコース替わり/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はA
函館…1週目/Aコース/伸び所はやや内有利〜内有利/馬場差はA

[ピックアップ競馬場[函館芝]の馬場考察]
昨年の函館開幕週の芝は超高速馬場でレコード決着多数(土日2日間で5本も)でした。
それは度を超えたレベルだったコトもあってか、その馬場で走った馬から故障馬や反動が出る馬が多数出現して、蛯名騎手を筆頭に騎手&調教師サイドからJRA馬場造園課に対してクレームの嵐だったという話です。
それによって開催2週目以降は散水対応等で超高速馬場から並高速馬場での施行となりました。
馬場造園課が考えるコトは昨年の二の舞(クレームの嵐)は避けたいはずで…本年はシャッタリング作業を入れるなどしており開幕週から昨年2週目以降の並高速馬場水準を目指してくるはずです。

先週の提供レースレベル表結果=平場ダートレース出走馬の前走レースレベル別の成績データ(※[前走ダ→今走ダ]のみ/重賞OP除く/(無し)は初出走馬や前走地方交流出走馬など)
ertyuio
先々週に『問題は来週からのクラス再編成期。そこでは各馬の前走出走クラスがゴッチャになるので画一的な判断はできなくなります…対策としては降級馬が2〜3頭以上も居るレースならば手を出さないか、又は静観期間にして頂くなど…いや、ハッキリと使わないで下さいと言うべきかも知れません』としました通りです。

やはり6月は前走別クラス馬=人気降級馬の独擅場で、その降級馬の前走レースレベルなんぞほぼ意味を為さないワケで…とりあえず6月中はこんな数字が続くと思われます。

前走レースレベルDEの単回値だけ跳ねていますが、これも次走チェック馬レッドゼノン単勝78倍の激走を除けば単回値・複回値共に40%位に落ち着きます…つまりはどれが良いどれが悪いというよりも意味を為さないというのが正確な表現かと。

あくまでもそれは一時的な話…『前向きな話をすれば、クラス再編成を挟んでレースレベルの幅がより広がるはずなので、何週かをやり過ごした後は更に活用しやすくなる』…まで待ちましょう。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※C以上[高水準以上]-CD[水準超]/D[水準(以下)]/DE[低水準]-E[最低水準])
tjyuio

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)
[エプソムカップ] 10着ブラックスピネル
攻め時計と実戦が直結する傾向がある馬です。
前走メイSでは長期休み明け初戦で、いつもとは違う上がり13秒台を続けるという低調な調教過程で凡走。
今回も一杯追いで上がり13.7計時という明らかに本来の姿ではない調教過程で凡走。
まずは休養前みたく坂路好時計&終いシッカリを見せてくれないと…。

--------------------
☆函館スプリントSの◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は好凡走激しい戦績の持ち主ですが、それを解き明かす最たる要素としては季節要因が考えられます…以下の通り“寒い季節に不振を重ねて、暖かい季節に復調好走”を見せるという。

「3歳秋冬&4歳冬に5連続凡走→5歳春初戦から5連続好走」
「5歳秋冬に3連続大敗→6歳春2戦目で高松宮記念6着プチ激走から諸々噛み合わず好走こそできなかったものの見せ場ある走りを連続」
「6歳秋冬も季節に比例してパフォーマンスを落として、7歳春初戦でG14着激走から5連続善戦」
「そして昨季に当たる7歳秋冬シーズンを3連続大敗」

その昨秋冬の戦績は確かに負け過ぎなのですが、これまで毎年の様に二桁着順から翌春シーズンにはG1善戦する様な変わり身を見せてきた馬なのです。

戦績の数字だけ見れば前走の突如一変はフロック視したくなるのですが…この馬は典型的な夏馬だという視点=季節馬フィルターを通して“秋冬低迷戦績は目隠し”で見れば…G1でも重賞でもOPでも常に僅差競馬をしている強い競馬のソレだと解釈できます…ココでも善戦以上〜展開一つで激走あるでしょう。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------