☆エプソムカップの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【エプソムカップの有力馬診断(後篇)〜[トーセンマタコイヤ]14年48勝→45勝→36勝→16勝→本年は遂に年間一桁勝利数(現在7勝ペース)の最年長・柴田善臣J〜】
678o
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽エアアンセム 牡7 藤岡佑 56 栗東 吉村
結果OP級にまで出世した今から見れば力が違ったと解釈できる新馬戦を除けば勝ち鞍は全て小回り1800~2000条件で、特に中山コースに良績集中しているのはエアデジャヴ―(エアメサイアやエアシェイディなど)の系統なので納得の話である。
準OPクラスでも馬券内を外したのは外回りコースばかりで、最後に勝利を決めたのは十八番の中山コース。
前走都大路S2着は京都外回りコースでしたが最内枠最内競馬が向いたモノでもありました。
能力的にはこの相手関係なら通用級ですが、こと鬼門可能性ある東京コースでとなると強調できません。


―ゴールドサーベラス 牡6 柴山→大野 56 美北 清水英
条件戦時代には中山コースでは4連続好走で、その他のコースではオール凡走という中山巧者戦績…父スクリーンヒーロー(父父グラスワンダー)からもそれは納得できる話です。
OP昇級後も初戦ダービー卿CT(中山)は6着善戦で、2戦目メイS(東京)ではパフォーマンスを落としました…その後者と同コースのココでは期待できません。


―シャイニープリンス 牡8 勝浦 56 美北 栗田博
まずは3走前新潟大賞典後の次走チェック馬見解を参照↓
『雨馬場はカラッキシというタイプ…過去の雨馬場→良馬場の条件替わりでは[10着→4着][4着→2着][13着→6着(0.3秒差)]と軒並み着順を上げている。
また、使える脚が長くないタイプで、今回も直線入口付近の反応は悪くなかったが後半に急失速という内容…3走前2走前には内回り極端内枠条件で連続好走したが、良馬場且つそういう条件替わりならば変わっても良い。』

・・・
そこから約1年の休養を挟んだ前々走福島民報杯は、不得手とする休み明け初戦と少々雨含み馬場での敗戦。前走新潟大賞典は外回りコースでの敗戦。
3歳時まで遡らないと好走歴ない東京コースで、今週末の雨予報では…。


▽トーセンマタコイヤ 牡7 柴田善 56 美北 加藤征
昨秋までは[2戦→休養→2戦…]の繰り返しで、それも初戦は好走傾向で2戦目が凡走傾向という虚弱馬戦績でした。
前シーズンは連戦ローテが組まれましたが、そこでも連続好走はできていないのは少し引っ掛かる点です。
前々走中山金杯では不向き小回りコースでの6着善戦、ただ前走新潟大賞典では他上位馬は平均2キロ近く斤量背負っている中で5着止まりは少し限界が見えたパフォーマンスでした。
この東京千八条件は向いていると思いますが、今や年間7勝ペースの柴田善臣Jで別定戦の重賞で…更なる好結果は少し見込み辛いです。


▽ブラックスピネル 牡5 石川裕 56 栗東 音無
攻め時計と実戦が直結する傾向…前走メイSでは長期休み明け初戦で、いつもとは違う上がり13秒台を続けている低調調教過程で凡走。
今回は中2週ローテで1週前には時計を出さず…最終追い切りでガラリがあれば一考したいですがどうも本調子には遠そうな印象で…。
(追記:最終追い切りも上がり13.7で併走馬に先行0.6秒遅れ…コレはかつての姿とは遠いです。)


▽マイネルフロスト 牡7 柴田大 56 美北 高木登
近走はブリンカー着用と積極策によって再上昇中の戦績を続けていたが、前走は柴田大知Jによるやや消極目の騎乗振りによって差し届かずの負け方。
とは言えども、前々走七夕賞であれだけ好戦的な競馬をした馬が新潟外回りでこれだけ落ち着いた競馬をしたのは柴田大Jの意図というよりも馬の気を引き出せていなかった印象。
コノ馬は叩き良化の戦績の持ち主で、放牧明け初戦となるとソレみたく気の入っていない追走でのアッサリ負け例が多々あるという馬です…戦績的にはココではトップクラスですが休み明け初戦どころか長欠明け初戦のココは半信半疑は拭えません。


★○○○○○○(←エプソムカップの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
OP昇級後の4走前米子Sは道中掛かり追走も4着、3走前ディセンバーSは長欠明け初戦で4着、2走前東京新聞杯は相手関係揃っていた中での4着まで0.0秒差7着、前走も相手関係揃っていた中でHペース先行競馬で掲示板入り…順調に使えない弱みはあるが、能力的には重賞でも面白いトコロある馬だと言えます。

前2連対は共に内枠を引いてそれを生かす競馬で成し遂げた好走で、前走もそれで強いパフォーマンスを繰り出しました…ココでも内枠先行競馬ならば一発あっても驚けません。

--------------------
☆エプソムカップの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------