☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆函館記念の穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は過去に[前走非逃げ→今回逃げ]だったタイミングでは重賞OP好走を含めて[2-1-1-0]のパーフェクト戦績。
3走前は正にそのタイミングと見て狙い撃ち成功でした。
前走もその好機と見て狙ったものの…結果的にはスローペースの2番手追走で、それで折り合い欠きつつの形という負けパターン競馬でした
その前走の駄競馬は今回函館記念に向けての試走に他ならないでしょう…天下の宝刀である[前走非逃げ→今回逃げ]を解き放つであろう今回は一変に要警戒です。


☆先週予想結果
6の0
(平場10人×・6人4着・6人4着・5人4着/重賞キングズガード×・シルクドリーマー×(アクシデント関係なくあのペースで行った時点で終了でしたので…)
競馬予想GP週間回収率20人中圏外(←圏外←6位3位←圏外←5位2位←圏外←2位4位2位)
〜〜〜〜〜
心情としては、結果を出せなかった時があれば、それは1日毎でも・1週毎でも申し訳ない気持ちで一杯になります。
ただ、客観的な確かな数字が残っている部分でも「完全版始動後5年目(約1000R)通算プラス成績(それ以前もウマニティ実働4年弱(約1700R)通算プラス成績・順位上位1%台)」という、業界でもトップクラス・一握りだと言い切れる長期実績を残しているのがウチです。媚びずに云うならば、こういう僅かなスパンでの駄目結果を受けて、採るべき行動は反省ではないと思っています(もちろん先週ここに書きました様に内容・中身にミスがあれば素直に反省あるのみです)。

かれこれ約100カ月…週単位どころか複数月単位で当たらない期間ありながらも、キチンと運頼みの一発回収ではなく安定中上位成績の継続を柱に通算プラス実績に収束させ続けてきました。
「ボウズは勘弁してくれ」「当たらないからもう見ない」等の感情は抱かれて当然でしょうが…ただし私がやるべきコト&求められるコトは、目の前の結果云々・評価云々には左右されないで、長期の実績と経験(※)に基づく信念の予想(テクニック/イマジネーション(センス))を貫くコトに他ならないです…そこは不動心と自信を持ってブレずにやって参る所存です…というか何を言われてもそれ以外の選択肢はありませんのでご安心下さい。

(※)競馬というのは、血統にしても-騎手にしても-馬の仕上げ方にしても-馬券購入者の動向にしても絶えず変化し続けているモノですので、同じ予想手法が何年にも渡って通用し続けるコトはありません…それを見切ったテクニック面での変化・適応は当然要請されます。
だから古い予想家は当たらない…って書くと、チクられて本当に頭を地面に付けないとならなくなるので、その類はもう書けないですが。
私は結果を出し続けてきた中でも、一つの予想手法にしがみつかずに常に予想手法を刷新してきて、そしてイマジネーション(センス)重視の予想をしてきたのは…つまりそういうコトです。
なので、予想手法については傍から見れば“ブレ”と思われる変化はあるでしょうが、それは経験に基づく信念の形であるコトには変わりありません。)

毎年(の様に)負けている人間が今週も負けたとは話が違いますから…とは言えども、過去長年勝ってるからと言って今後も大丈夫勝てるかと言えばそんな安易な話でもないでしょう。
私としては“今の巨人長野”くらいに息長く中上位の数字を残し続けられるだろうという客観的な期待値に、全く疑問点なり問題点は生じていないと思っていますが、確かに可能性としては“今の巨人森福”みたいに急速劣化するコトも無きにしも非ずで…それは短期結果で判断すると高い買い物になりがちで、中身を見て判断するしかないというのがどこの世界でも常道と思います。
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから


☆函館記念のMY馬柱
(※全ての説明はできませんが、過去レースレベルなど一部でも参考にして頂ければと…)

rtyui;l

☆お知らせ1(寄付報告&寄付終了)
『競馬予想グランプリでの有料配信は、独自配信よりも結構割高にはなります…それは競馬予想GP内の相場だったり損益分岐点もあるでしょうから、私の一存では中々という話ですのでご了承下さいませ。その分ではないですが、この競馬予想GP販売収入の約半分は、慈善団体への寄付という形にさせて頂きます』の件について、先月分の競馬予想グランプリ販売収入(約半分)の寄付報告です。
2月分販売収入28,278円→3月29日寄付金額15,000円
3月分販売収入17,570円→4月24日寄付金額10,000円
4月分販売収入27,970円→6月13日寄付金額15,000円
5月分販売収入30,410円→7月8日寄付金額15,000円
rtyui
そして、今回を以て終了とさせて頂きます…その代わりに→

☆お知らせ2(単行本案件)
まだ進捗ゼロ段階で締切8月中までなので非常に怪しいのですが…とはいえ大物ライターさんの手も借りてなので絶対に間に合わせるしかないのですが…9月に出版予定があります。
本当は出版社側の方で著者印税分を全額寄付にしてもらいたかったのですが、手続きが煩雑というコトでそれは無理となったのですが、一応私の方で実質全額寄付(税引き後の全額相当額〇〇万円寄付)の予定です…じゃなきゃこの無茶案件をやるモチベーションが無いので。

今年は株価底抜けで実入りゼロ・もちろん女性関係ゼロ…何は無くとも競馬予想さえあれば良いという“さとり世代”&競馬予想第一主義の為の“禁欲主義”なので別にそれは良いのですが、ただ息つく暇だけは欲しかったこの夏も缶詰めです…とにかく皆様の“欲”には応えるべく、私は奇特に競馬予想のみに生きてますからご安心下さいというコトです。。
(シルク募集馬も検討する暇無い…てかそれ以前にあからさまな価格高騰で買う気しませんが。今年もロードでワンフォーローズ牝系だけ漁ると思います。…って当たり馬率ゼロの私の一口馬主話に需要は無いですかね。。)
それなので7月8月はこの月曜記事は手抜き対応とさせて頂く予定ですm(__)m

☆お知らせ3(競馬予想番組案件)
既に相当長くなってしまったのでまた明日・・・。

☆お知らせ4(小倉の馬券師Tさんから)
   【馬券師バイブル (第1章) 無料プレゼント!】
どうも、小倉の馬券師Tです。 今週、7月6日(金)に 私の新刊馬券師バイブルが発売されます。 *正式名称は『競馬で長期的に勝つための馬券師バイブル』です。
bakenshi_cover_obi
この馬券師バイブルのコンセプトは 『これ1冊で馬券師に』です。
基礎から応用まで、 競馬で長期的に勝つために必要不可欠なノウハウが すべて記されています これ1冊に 私の17年に及ぶ競馬研究の全てが凝縮されています。  
■無料プレゼント 今回は特別に 第1章を無料公開しようと思います。 興味のある方は下記のリンクを クリックしてください。 1クリックで、すぐにダウンロードできます。 ⇒ 馬券師バイブル 第1章『基礎編』
*PDFファイルです。 *(編集部に無許可なので) 期間限定となります。    
上記が第1章の『基礎編』になります。 続く第2章では、『レースの見方編』として レースVTRをみる際の 具体的なポイントを解説しています。  
一例:レースVTRの見方(一部)                
この『馬券師バイブル』は 6章立てとなっており、 すべての章を読むことで 馬券師脳が自然と身につくプログラムになっています。  
◎1章…基礎編(競馬とは何か、馬券で勝つためには何が必要かを解説)
◎2章…レースの見方編(レース映像写真を使って馬の見方について解説)
◎3章…重賞レース攻略編(重賞レースを中心に馬の適性について解説)

◎4章…条件戦&馬券テクニック編(穴が発生するポイント、攻略について解説)

◎5章…実践編(実際のレースを振り返りつつ、各馬の勝因&敗因を解説)
◎6章…馬券師マインドセット編(勝ち続けるための心構えを解説)
 
もちろん、 この馬券師バイブルに記されているのは 賞味期限つきの 小手先のテクニックではありません
一度覚えれば、半永久的に使える 馬券の『法』です。
まずは、(騙されたと思って) 書店で立ち読みしてみてください。
そして、この馬券師バイブルを 実際に手に取ってみてください。 必ずや、得るものがあると確信しています。  
 
7月6日『競馬で長期的に勝つための馬券師バイブル』 製作に3年7ヶ月を費やした 会心の自信作ですので、 どうぞ、よろしくお願い致します。
小倉の馬券師T     □プロフィール:小倉の馬券師T  
[2001年] 本格的に競馬の研究を開始   [2012年 8月] 雑誌『競馬王』にて、『休み明けパラドックス』を連載   [2014年 6月] 単行本『勝ちたい奴は休み明けを買え!〜逆を張る勇気が勝利を呼び込む〜』を発表  
P.S. 製作過程(*編集部と険悪になった経緯) https://wp.me/P7vX52-37l3

--------------------
☆函館記念の穴◎有力馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は過去に[前走非逃げ→今回逃げ]だったタイミングでは重賞OP好走を含めて[2-1-1-0]のパーフェクト戦績。
3走前は正にそのタイミングと見て狙い撃ち成功でした。
前走もその好機と見て狙ったものの…結果的にはスローペースの2番手追走で、それで折り合い欠きつつの形という負けパターン競馬でした
その前走の駄競馬は今回函館記念に向けての試走に他ならないでしょう…天下の宝刀である[前走非逃げ→今回逃げ]を解き放つであろう今回は一変に要警戒です。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------