☆函館記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【函館記念の有力馬診断(前篇)〜[ブレスジャーニー]適性外は百も承知で夢を追い続けた3歳秋(菊花&有馬)→4歳は実利重視かと思いきや…年間数勝ペース柴田善J&苦手右回り起用の謎〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
rtyui;l
―エテルナミノル 牝5 四位 54 栗東 本田

流石3走前と2走前はG1級の相手関係が厳し過ぎましたが…それ以前までは「小回りコースでは7連続凡走で、逆に外回りコースでは好走激走連発」という…広いコースでのスンナリ競馬オンリー馬です。

4走前中山牝馬Sでは多頭数戦での最内枠という最悪の条件を引いて、それでいて出負け後方競馬から、道中は窮屈なポジショニングで位置取りを更に下げての直線進入で…もうそこからは間に合わないというのがコノ馬の特徴ですが、追い打ちをかける様に直線窮屈になり四位Jも本気追いできずのワケ有り凡走結果でした。

前走マーメイドSも小回りコースでのコーナー加速勝負に巻き込まれると厳しいというのを露呈する必然的な負け方でした。

外回りコースならば一躍◎候補馬として狙いを定めているのですが…引き続き小回り函館コースでは可能性は相当低いでしょう。


―カデナ 牡4 藤岡康 56 栗東 中竹
成長力に乏しいとの評価が妥当なディープインパクト牡駒…それの2歳時代快進撃馬で、3歳春以降は殆どゼロ実績であるのがカデナです。

半永久主戦騎手に指名されてしまった福永Jは、神戸新聞杯でも中山金杯でも距離の壁を敗因として挙げていましたが、結果的には距離を縮めるだけ縮めた近2走でも良い所ナシという。

前述の通り古馬になってからの成長力が期待できる背景馬ではありませんので、これにて終了という可能性が高いです。


―カレンラストショー 牡6 北村友 54 栗東 橋口慎
予ねてから常に掲示板には食い込む善戦ホースだったが、そこからワンランク上げて近8走連続“好走”で遂にOPクラス入り…その中には不得手右回りでの好走も含んでおり充実ぶりが見て取れます。

ただし、その3走前3着も前々走1着も超スローペース逃げ競馬で恵まれた面は否めず、その前に遡ってもスローペース前残り競馬ばかりで恵まれていた面は否めません。
つまりは前走新潟大賞典は実力負けだろうと。

それに加えて右回り替わり条件悪化まである今回は静観妥当。


▽ブレスジャーニー 牡4 柴田善 56 栗東 佐々晶
まずは3走前有馬記念時の有力馬診断見解を参照↓
『コノ馬は3歳春に骨折発覚してシーズンを棒に振ったワケだが、そもそも骨折発覚前段階から馬体面の弱さから順調な調整過程を踏めていなかった経緯もあった…その弱さというのは馬体の右半身の方にあって、故に左回りオンリー起用=右回り難は予ねてから懸念される点であった。

前々走菊花賞は極悪馬場でまともに競馬をしていないので、実質的に前走チャレンジCが初めての右回りレースでした…そこでは終始右手前の走りで、やはり右回り(小回り)には大いに難があったという内容に。
それにも関わらずの僅差3着というのは想像以上の結果で能力評価はしたいですが、引き続き右回り小回り条件でテン乗りとなれば難しい競馬になりそうでこの条件では狙えません。』

・・・
佐々木晶調教師は有馬記念前に「左回りの方が良いに決まってる、マイルの方が良いに決まってる」と、有馬記念はあたかも記念出走かの様なコメントを発していました。
結局その昨秋3戦は菊花賞と有馬記念という勝負にならぬ2戦を使って、残り1戦は不向き右回りのチャレンジCで3着健闘。
有馬記念はそれに加えて直線不利もあっての凡走結果でした。

前走巴賞も右回りの分で直線モタれる競馬に…それで0.1秒差まで詰め寄っているので馬は強いと思いますが…。
今回も引き続き右回り小回り条件で、そして年間9勝ペースの柴田善臣J騎乗…強い競馬はすると思いますが馬券内まで持って来られるかと言えば…?


△スズカデヴィアス 牡7 三浦 57 栗東 橋田
常にそれなりの着順にはまとめていますが、コノ馬も右回りには少々怪しい所あります。
前々走小倉大賞典3着後には『直線手前での故障馬接触不利あって、完全に差し遅れる形での滑り込み3着好走。ただ、それが無くとも右回りでは差し遅れる形になりがちという馬』と書きました通りです…直線の短い函館コースでそれをどうカバーするのか三浦Jの腕に懸かっています。

★○○○○○○(←函館記念の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬は結果的にOPクラスにまで出世した今から見れば力が違ったと解釈できる新馬戦を除けば、勝ち鞍は全て小回り1800~2000条件で、特に中山コースに良績集中しているのはエアデジャヴ─(エアメサイアやエアシェイディなど)の系統なので納得の話です。

準OPクラスでも馬券内を外したのは外回りコースばかりで、最後に勝利を決めたのは十八番の中山コースでした。

OP昇級後は2走続けて不得手とする外回りコースでの善戦…コノ馬のこれまでの[外回り→小回り]で幾度となくパフォーマンス一変してきた経緯からはココは狙い目になるのではないでしょうか。

前走は直線進入前から大敗する1番人気馬をマークしてしまったのも響いた内容でしたので、やはり重賞級でもまだ伸びシロが見込めます。

--------------------
☆函館記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------