☆函館記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

函館…土は内有利、日はやや内有利/土はD→E、日はE
福島…土は内有利→イーブン、日はやや内有利/土はE、日はD
中京…土日共にイーブン/土はC、日はD

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
函館…5週目/Bコース替わり/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はC近辺
福島…3週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はB近辺
中京…3週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はB近辺

☆先週のオリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)の振り返り/活用法
(※平場ダート出走馬の前走レースレベル別の成績データは終了します…ここまで拡充した以上はそれは小さな要素の一つに過ぎませんので…)
文字通り『ウチのオリジナルの出馬表』以上でも以下でもないので…もし利用される場合には普段使わない競馬新聞を見る時のように独自表記と形式を目で慣れて頂くしかありませんので…先週は「結果こんなだったよ(こんな使い方ができたよ)」というのを羅列します。
全体的にも割と好評頂きましたが、全部取り扱うのもどうかなので、その中でもキレイな結果に収まっただろう日曜無料公開分についてのレース結果ページをベタベタ貼ります。
rt6789io
「1着キタノナシラ(唯一のHレベル歴戦チェック属性)→2着シンゼンアイル(前走[CD])→3着クリストフォリ(前走[22半砂被り])」

t6yio
「1着マコトモンジョワ(次走[激走]要チェック馬/前走[22半砂被り+01展開不利]でZ評価(次走注目評価))→2着タガノアム(雨馬場巧者属性)→3着スズカモナミ(前走[CD])」

ui
「1着ヴァントシルム・2着トーセンアイトーン(前走[レースレベル高])→4着コールストーム(唯一のHレベル歴戦チェック属性/前走[01展開不利])」

rtjyu
「1着プリュス(唯一のHレベル歴戦チェック属性/前走[レースレベル高+03バイアス不利]でZ評価)」

tjyuk
「1着インディチャンプ・2着クリアザトラック・3着コスモヨハネ(強い属性Hレベル歴戦チェック属性のワンツースリー)」

rtjyhjlk
「1着クリノフウジン(雨馬場巧者属性/前走[レースレベル高])→2着グランセノーテ(Hレベルレース歴戦チェック属性/前走[スタート×敗因])→3着ダンサクドゥーロ(前走[レースレベル高+01展開不利]でY評価)」

『私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)』…の通り、割と絞った表記をしているつもりですので。
この振り返りは“良い所取り”に見えるかも知れませんが、そしてそれは分かり易く説明用という名分の上での事実ですが、別に良い所取りでなくとも利用価値を認めてもらえるコンテンツであろうと…現にコレをヘビーユーズしている私はそう考えています。

一部の2歳戦・障害戦・新馬戦を除く全レース提供しますが、閲覧者側の方でこれだけで全レース検討となると事足りないでしょうが、気になるレースの気になる馬のチェックなど用途は多々有り得ると思います。
あとは
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】の通り、競馬予想とは正解を競うのが必ずしも勝利への道ではないので・・です。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※C以上[高水準以上]-CD[水準超]/D[水準(以下)]/DE[低水準]-E[最低水準])
1rty45

☆お知らせ(競馬予想番組案件)
また8月に1〜2回ほど“無名の方の…”として末席を汚しに行くと思います。
コトの顛末は…競馬王編集長が番組プロデューサーに私のコトを紹介して下さったのが始まりで、その後に昨秋&今春と2回接触(面接?)したら、何でかこういうお話しになりましたという。。
今の時代だと競馬YouTuberという分野もありますしテレビ向けの人材は他に大勢居ると思うのですが…こういう表に出たがらない地下界の無名新人発掘というのがプロデューサー心をくすぐるのでしょうか?…まあ真面目に言いますと、恐らくは本当に当てられる人材主眼の人選なのでしょう…となると確かに(以下自粛)。。

これについては賛否両論というか、恐らくコアな読者さんほど否の方だと思いますが…となった以上はより根を詰めてやるモチベーションにして、ご迷惑をお掛けしない様にソフト面でもハード面でも全力を尽くします。

先に言っておきますが、このブログでは偉そうかも知れませんが、いざ初老の強面衆を目の前にしたら私はヘコヘコしますから(このブログを見て起用された経緯でもないなので)…十中八九で自分の株を下げて帰路に着くのは分かっているのですが、既に色々な関係者様が時間労力費やして下さっての件ですから真正面からやらねば示しが付かない…という話です(公式ガイドブックで勉強)。
BlogPaint
--------------------
☆函館記念の穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は気分良くHラップでスンナリ積極策を取れた時に本領発揮という馬です。
ただし同グループ馬に同路線の同脚質馬がわんさか居るせいで中々それが叶えられないという近況…同グループ内の複数頭出しでは仲間に気を遣う必要が出てきて自分の競馬ができないというケースが目立ちます。
それが今回函館記念では気を遣わなければならない同グループ他出走馬はゼロ…それらは全て内地のレースに回されていますので、これは函館記念1頭出しとなる〇〇〇〇〇への本気度の裏返しとも言えるでしょうか。
前走も非本番の試走レース故の煮え切らない競馬での凡走でした。
臨戦過程からも同グループ各馬のレース起用からもメイチ感ありがりの今回は一発あっても!

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------