☆北九州記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

札幌…土日共にイーブン/土はC→D、日はD
新潟…土はやや内有利、日はイーブン/A
小倉…土日共にやや内有利/A

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
札幌…4週目/Cコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はB〜C
新潟…4週目/Aコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はA
小倉…4週目/Aコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はA

☆先週のオリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)の実践例
ピックアップレース→「土曜新潟2R(未勝利)」
オリジナル出馬表
678l9op
レース結果
56rt7y8o
まず「初」属性については、スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)と定義しています。
1着馬ジェイエルノブレスは前走が最内枠で22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)で3着でした。そういう属性馬ですのでもしも逃げ系馬ならば行き切れるか否かの同型の存在、そして非逃げ系馬ならばスンナリ叶うか否かの枠順が大きな鍵となります。今回はその点で言えば絶好とも言える大外枠も引きましたから…別に私の手柄にするワケではないですが、唯一レースレベルDでの直近好走歴の持ち主で属性的にも好材料ならば順当に買える人気馬という結論に辿り着けたのではないかと思います。

逆に人気を裏切ったジュノーフォンテンは「右」属性馬でした…つまりは右回り得意馬(正確には左回り苦手馬)です。ここまでの戦績は右回りで2戦2好走・左回りで2戦2好走…その程度の偏った戦績を持つ馬は星の数ほど居ますが(多くは偶然の偏りですが)、ウチは偶然ではなく必然的に右回りに良績偏る左回り苦手体質を根拠にその属性印を打っていますので。直近がその右回りのレースレベルDEで3着好走…それが今回は左回り替わりで2番人気・・・そういうコトだったと思います。

(別に上記レースを推奨していたワケではないので半ば後付けに見えるかも知れませんが…この欄はあくまでも実践的解説の趣旨ですのでそうご理解下さい。
こんなカンジで、以後のオリジナル出馬表の活用に繋がる様な、“実践例=ヒントとなる見方”を毎週1、2個書いていければと考えています。)

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※C以上[高水準以上]-CD[水準超]/D[水準(以下)]/DE[低水準]-E[最低水準])
5ry7tui

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)
[日曜小倉12R(500万下)] 10着ベルエスメラルダ
スンナリと競馬をしたいタイプを多く輩出するカジノドライヴ産駒で、そんなコノ馬の好走歴は[逃げ切り×2]と[大外枠スンナリ2番手]でのモノ。
近走は中々前に行き切れずに早々に砂を被って撃沈を繰り返していた。
今回は距離延長のショック療法でキチンと行き切る形は作れたものの、流石にこのHペースでは失速止む無しという結果。
これをキッカケに適距離1400以下でも逃げの手が打てるのならば…それで降級500万下クラスならば全然通用しても驚けない一頭として。


[日曜新潟12R(500万下)] 10着サンタアズライト
新潟直千限定狙い馬。
今回は最内枠からHペース先行…それで他の中外枠先行勢とそう差の無い入線ならば決して悪くない着順。
前走もダート1150でHペース逃げで5着、2走前も新潟直千でHペース先行、3走前は芝1200で逃げて4着。
この新潟直千で有利外枠先行競馬ならばもっとやれるはずで。

--------------------
☆北九州記念の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→2年前までの夏小倉芝は外有利傾向・差し優勢傾向が見られたが、本年の小倉芝は少し趣が異なり内有利傾向と高速傾向が認められる。
そこで施行される北九州記念…脚質については展開次第だろうが、少なくともHペース高速決着は濃厚だと言えるはず。
だからこそ狙いたいのが〇〇〇〇〇です…コノ馬はHペース得意馬なのでしょう。
前走のHペース展開を只1頭前で粘った競馬は、正にソレを示すモノです。
元来地味タイプ故に激走後でも手頃人気が想定される今回…再びHペース先行で見せ場を作ってくれる可能性は十分と見ます。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「札幌記念の有力馬診断」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------