☆関屋記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

札幌…土はやや内有利、日はイーブン/A
新潟…土日共に内有利/A
小倉…土はやや内有利、日はイーブン/A

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
札幌…3週目/Aコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はA
新潟…3週目/Aコース/伸び所はやや内有利付近/馬場差はA
小倉…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA

☆先週のオリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)の実践例
ピックアップレース→「日曜札幌7R(500万下)」
567890-^
前走レースレベルCD(Hレベル戦)7人8着のコンプリートベストが、前走レースレベルD好走馬を押さえて着順一変好走をしたレースです。
そのコンプリートベストの前走レースメモ(原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号)は「牡」で、これは「牡馬混合戦」の頭文字です。

それは具体的にどういう意味なのかですが・・・
まずコンプリートベストの前走8着の舞台条件は中京ダート1800コースだったのですが、「当コース・牡馬混合戦・16年以降」の牝馬の成績は以下の通りです。
56r78l90
トータルすると[0-1-1-63]という悲惨な成績で、その中には人気馬もそれなりに含まれるにも拘らずです。
つまりは、中京ダート1800コースというのは、牝馬が牡馬に混じって好走するには適性面で相当高いハードルがあるというコトが言えます(→当地の牡馬混合戦で健闘した牝馬は何割か増しで評価するべき)。
コンプリートベストの前走「牡(牡馬混合戦)」の意味はソレです…そんな超絶不利条件且つHレベル戦での8着は寧ろ健闘と見るべきだったという今回一変結果でしょう。

(別にコンプリートベストを推奨していたワケではないので半ば後付けに見えるかも知れませんが…この欄はあくまでも実践的解説の趣旨ですのでそうご理解下さい。
こんなカンジで、以後のオリジナル出馬表の活用に繋がる様な、“実践例=ヒントとなる見方”を毎週1、2個書いていければと考えています。)


☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※C以上[高水準以上]-CD[水準超]/D[水準(以下)]/DE[低水準]-E[最低水準])
tryg4h156

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)
[レパードS 9着アドマイヤビクター]
確かに未勝利勝ちも前走500万下勝ちも超好時計走破で、机上の計算ならば1000万下でも即勝ち負け〜レパードSでも通用してもおかしくなかったのがアドマイヤビクターでした。

ただし、有力馬診断では触れられませんでしたが、やはり競馬というのはタイムトライアルではないので物差し通りの結果にはなりません…その考え方を置いておきます。

●ルーラーシップ産駒のダート馬は砂被り△率が高い
レパードSでは昨年も前走500万下圧勝のタガノグルナが5番人気に推されましたが、レパードSでは内枠砂被り競馬で自滅しました。ちなみにその後も目立った活躍はできていません。
コノ馬の若さ窺える&不器用そうな走り方を見てもそう疑えました。

●ルーラーシップ産駒はダートでは弱い者イジメが十八番
同産駒の出世株アディラートにしてもタガノグルナにしてもスペリオルシチーにしても下級条件を圧勝や見栄えの良い勝利をして上のクラスでもという場面では、基本的に裏切ります。
まずルーラーシップ産駒でダート中距離で出世した馬も皆無です。
見栄えに騙されてはならない典型パターンだと言えました。

--------------------
☆関屋記念の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→現3歳牡馬の対古馬成績はとても優秀です。
ただし、後のHレベル世代と言われた現4歳世代馬はこの時期ボロボロでしたので、それが世代レベルの証明になるかと言えばまだ時期尚早なのかも知れませんが、少なくとも今はそれを買うべきタイミングなのだと思います。
逆に3歳牝馬はクイーンSで桜花賞健闘2頭が返り討ちに遭った通り、現時点では並み程度です。

〇〇〇〇〇の場合には…その3歳牝馬というフィールドで見れば必ずしも古馬混合重賞級の計算はできないのですが、ただし前走牡馬混合G1レースでそのHレベル3歳牡馬相手に大健闘しているならばその計算ができてきます。
それも前々走も前走も明らかな騎乗ミスあって着順を落とした競馬だっただけに尚更そうです。
コノ馬がココで通用するのは自明と見ますが…。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------