☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
新潟11R関屋記念(勝負度★★)
[印]
◎ウインガニオン

[見解]

5th6jy789
大穴複穴候補はベルキャニオン
OP昇級初戦の5走前米子Sは道中掛かり追走も4着、4走前ディセンバーSは長欠明け初戦で4着、3走前東京新聞杯は相手関係揃っていた中での4着まで0.0秒差7着、2走前マイラーズCでも相手関係揃っていた中でHペース先行競馬で掲示板入り健闘…順調に使えない弱みはあるが、能力的には重賞でも面白いトコロあって馬だと言えるはずです。

前走エプソムCは前々走マイラーズCでHペース先行競馬をした影響か、距離延長とペース遅替わりで前掛かりの追走に…その分だけ終いに伸びを見せられなかった印象の負け方でした。また基本外差し決着の分で分が悪かったのもあるでしょう。

前々走健闘やその前の近2連対は共に内枠を引いてそれを生かす競馬で成し遂げたモノでした…前走エプソムCは当日の馬場傾向的にそれが仇となる競馬でしたが、一転して内を立ち回るコトに一定の利ある今の新潟芝ならば…複穴ならコレ(基準買い目購入ならば連複の相手に追加)。


逆に言えば来ても複圏内までがギリギリだろうベルキャニオンに対して、来れば頭までの魅力も全然ある人気落ち実力上位馬の〇〇〇〇〇から攻めたいと思います。

コノ馬は夏場しか走れないというのと、左回りしか走れないというのが二大特徴です。
3歳時にも4歳時にも5歳時にも春夏に連勝・連続好走を決めており、逆に言えばそれ以外では一つも走れていないという分かり易過ぎる戦績…夏付近且つ左回りでは過去高確率好走実績の持ち主です。

昨冬マイルCS〜京都金杯の連続凡走については上記に2大苦手条件(冬・右)に該当していたのと、どちらもHペース先行競馬という厳しい競馬をした分の止む無し大敗でした。

今季は春夏替わりでも過去年の様なガラリ一変は見せられていませんが、それでも3走前は休み明け初戦での0.3秒差7着・2走前はHペース逃げでの7着・前走でもHペース逃げでの8着で…展開さえ噛み合えば重賞級での勝ち負けは見えるレベルで走ってくれる想定はできてきます。

“展開さえ噛み合えば”という意味では牽制し合い易い新潟外回りコースは好都合ですし、そして連続凡走後で人気落ち局面というのはベストタイミング。

能力衰え疑惑も囁かれていますが、直近については単純に大ワケ有り敗戦ですのでその証拠は無い又は薄いです…まともな競馬ならばG3級ならば力が上でしたという結果も全然あって良いはずです(この手の馬は複勝・複馬券のオッズが比較付きますからね…個人的馬券は基準買い目より複勝単勝メインにするかも知れません)

無期限休載中【エキストラtwitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…エルムS、札幌7(レジマグ非対象)、小倉10)
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
完売3レジマグ(1R250円前後)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆関屋記念の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。