※完全版読者様へメルマガ未着時のお願い※
週末予想号につきましては、この週末ブログ記事の最下部にパスワード入力という形で、配信と同文がご覧頂ける様にしております。
もしもメルマガ未着という際にはご連絡頂きたいですが、必ずしも即時対応できるとは限らないのと、また必ずしもコチラからの再送メールも正常受信して頂けるとも限りませんので、急を要する週末予想号の場合には確実な【ブログ上の方で配信を閲覧】をして頂いた上でのご連絡にご協力お願い致します。
また、未着はご利用のメールアドレスサービス単位で偶発的に一斉に起こる傾向があり、時にそれへの対応で相当逼迫してしまう状況があります…週末にはブログ上閲覧で事足りる場合には一旦様子を見て頂いて、複数回目あった時点で平日中にご連絡頂けますと助かります)。

--------------------
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
小倉10R玄海特別(勝負度★★)
[印]
◎シャルルマーニュ(単系推奨馬)

[見解]

今時期の2歳重賞は好みではないので…札幌2歳S予想は回避させて頂きますがご容赦下さい。
-------------------------
●2018年の6~8月の芝1000万下の牡馬の世代別成績
tjytiyufoiyu

●2017年の6~8月の芝1000万下の牡馬の世代別成績
6ui679o
-------------------------
昨年17年の3歳世代(現4歳世代)は連対率18%で4歳降級馬に対して劣勢だったのが、本年の3歳世代はそれの倍以上の連対率38%で4歳降級馬に対して優勢という非常に優秀な成績を収めています。
昨年3歳世代は夏競馬段階ではOP好走馬も皆無だったのに対して、本年はフロンティアやダノンスマッシュなど重賞通用馬も続々と出てきています。
一線級馬は今時期はまだ秋に備えている頃合いですが、二線級馬が悉く古馬条件戦で優位な戦いをしているというコトです。
現4歳世代馬もその後にHレベル世代説が言われましたが、それはクラシックを経験してきた様な一線級馬の話で、二線級馬はそうではありませんでした。
本年の場合には二線級馬のHレベルは証明済み…さて一線級馬はという段階です(普通に考えれば二線級がレベル高ければ、一線級もレベル高い)。

今回推奨するシャルルマーニュはその3歳世代の二線級馬(2歳3歳OP特別通用級馬)。
その後は一時期戦績を落としましたが、5走前も4走前も3走前もHペース先行という厳しい競馬を続けてきて&使い詰めローテで調子を落としていたのでしょう。
休養を挟んでの出走だった前走のパフォーマンスを見れば、完全に立て直されてきたと見做して良いはずです。
この辺りの馬は1000万下でも勝ち負けになるのが相場でしょう…一頓挫明けですがその分で少し人気も落ち着きそうなので積極的に狙いたい一頭です(単系推奨馬=基準買い目上は馬単馬連購入)。

無期限休載中【エキストラtwitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
深夜更新(本日の提供予想…平場(レジマグ非対象))
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1R250円前後)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆小倉10R玄海特別の◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。