☆ローズSの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週予想結果(※過不足無く把握して頂くべく全提供予想の明瞭&公明正大な結果報告です)
〇1(7人3着)/×4(3人6人7人10人)
先週と同じくです…競馬予想は一朝一夕の代物ではありませんから、それを心に進むしかありません。表ではキチンと毎週予想結果を全公開して正当な客観的な判断をして貰えるようにして、そこに裏で結果として反映させられる(結果として評価される)コトを自分ができるのか・やれるのかが全てと思っています。)
〜〜〜〜〜
●紫苑Sの個人購入馬券レビュー(※指定買い目or基準買い目を具体的にどう購入しているのか…参考にして頂ければと思います)
基準買い目購入(相手上位人気7頭)・回収率331%
(※主だった不的中馬券は競馬予想TVの手元にあるので…初めて的中馬券を取り扱います)
相手がガチガチだから儲からなかったという方もいるかも知れませんが、また何でピンポイントに当たった箇所だけベッドが大きいのかと思われる方もいるかも知れませんが…今回みたく1頭推奨型の予想をする時には、その1頭を買いたいというのが趣旨ですから、どの相手馬が来ても同回収率が得られる[払戻額均等買い]を基本としています(詳細は基準買い目記事にて)。
sgrgg
複勝は上限と下限(例えば今回ランドネだと3.1~5.0倍)があって、相手馬によって払戻回収率が全く異なってくるというある意味理不尽さを含んだ券種ですので、それよりもこのワイド払戻額均等買いの方が然るべき一定の回収額が得られます。もちろん、相手馬が数頭で収まらないだろう波乱想定レースならば、点数を増やすよりも、上限に近い配当を見込んでの複勝もアリでしょう。
(私は立場上ルールに基づいた購入をしていますが、読者様に於いてはモチロン丸乗りではなくそこに自身予想を加味するなどアレンジを加えて一定の更に上を狙うべきです。)
相手が堅かったから儲からなかったというのは…もし波乱レースを見込んで堅かったから儲からなかったのならば止む無しでしょう。ただし、闇雲に相手馬に流して、それでガチガチ決着か波乱決着になるか次第に身を委ねる=回収率を委ねるのは良い意味でも悪い意味でも“ギャンブル”になります(もちろん、それを認識された上で、長い目で見ればとの視点を持ってならばそれはそれで全然アリです)。
※会員枠満席につき9月の完全版読者受け入れは中止→次回募集は10月後半です※
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の予約はコチラから

☆ローズSのMY馬柱
(※全ての説明はできませんが、過去レースレベルなど一部でも参考にして頂ければと…)
hrtjyui

☆先週重賞[新潟記念]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
9着マイネルハニー
マイネル軍団は最近、同路線にそれも類似タイプ馬がバッティングする場合が数多見受けられて、それによって本丸の一頭以外は不本意な競馬を強いられて不完全燃焼敗戦を積み重ねてしまう傾向にあります。
マイネルハニーの近走はハナを奪わず&奪えずのレースでの敗戦続きで、今回新潟記念ではまたも同グループ同脚質馬マイネルミラノの後ろに控える(邪魔はNG?)という非本丸扱いのレース振りを割り当てられて惨敗を喫しました。
そもそも夏場に良くない馬でもあるので本調子でなかった可能性もありますが、また秋以降に[前走非逃げ→今回逃げ]が叶えられそうな同グループ出走関係と他グループ同型存在次第では狙い所が出てくるのではないかと睨んでいます。
付け加えるならば、理想は渋化馬場で、距離千八~二千で、外回りコースという得意条件も揃っていれば尚狙い易いです。

--------------------
☆ローズSの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→この週初記事にてパフォーマンスレベル(独自設定の能力値)が最上位馬として紹介した馬は、その初回の8週前から「グレーターロンドン1着・フロンテアクイーン2着・ウインガニオン凡走・モズカッチャン3着・ナックビーナス1着・ブラストワンピース1着・ファインニードル1着」で、6週前は取り上げませんでしたが最終的にはパフォーマンスレベル最上位評価の中から◎トリオンフ1着・◎グリム1着という予想でした。
私の予想は能力最上位を根拠とした◎推奨はレアですが、それでも少なくとも相手馬目線ではまずは一番強い馬は素直に真っ先に購入馬に含めるべきでしょうというコトで…いや寧ろコチラの予想比重を更に高めるべきではないかというのも尤もかも知れないというコトで…オリジナル出馬表の通り近走パフォーマンスレベル単独最上位評価の〇〇〇〇〇は有力候補として考えたいです。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------