☆菊花賞の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土日共にイーブン/A
京都…土日共にイーブン/A
新潟…土日共にイーブン/B

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA
京都…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA
新潟…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※C以上[高水準以上]-CD[水準超]/D[水準(以下)]/DE[低水準]-E[最低水準])
eyrtuyiuoi

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)
[先々週日曜東京12R(1000万下)] 4着アディラート
スンナリ系馬。
4走前は内枠砂被りで凡走、2走前は半砂被り+Hペース先行で凡走、前走はスンナリ先行も当時は外枠有利バイアス下での内枠先行だった分での3着止まり。
今回はテン乗りモレイラJ騎乗で、彼のレース後のコメント「キックバックを気にして馬が引いてしまった、今後は砂を被らないような競馬をした方が良い」は、恐らく多くの競馬ファンからしたら何を今更的な言葉を言い残しでしょう…。
もちろん、研究熱心な一流騎手モレイラJを以てしてそれを全く把握せず騎乗していたというコトはないはずですが、でもそれの優先度は理解していなかった様に見えました(現にそれをレース後に白状していますので)。
こういう意思疎通が難しい外国人騎手だと、馬の特徴なりを陣営から伝えられたとしても、それの度合いまでは正確に伝わらないケースは数多あります…それが短期免許騎乗騎手の最たる欠点です。

[先週土曜東京10R(1600万下)] 14着バリス
前走は現級Hレベル戦で2着好走している馬。
コノ馬は過去連戦ローテだと12戦11好走⇔休み明け初戦ローテだと6戦2好走となっており、前者ローテであり尚且つ再三不利を受けてチグハグな追走も強いられた今回は走れなくて元々の番だったのか…鞍上内田博幸Jも直線では空ムチ(横から見るとムチを入れている様に見えるが実際には馬体の外で振り回しているだけ)を多用するなどヤラズをされてのこの大敗着順でもあった。
67tky8u9

[先週日曜東京12R(1000万下)] 10着ムスコローソ
これで距離延長ローテでは3戦3大敗、その一方で距離短縮ローテでは3戦して1着3着4着。
今回は距離延長ローテと、外枠スローペース内田博幸Jによって道中大分折り合いに苦労する競馬になって自滅の形に。
折り合い面が大きく影響するというこれまでの戦績だけに、また距離短縮など折り合い改善に寄与する条件替わりならば一変まで。

--------------------
☆菊花賞の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→前哨戦では敗戦を喫しましたが、〇〇〇厩舎で最終追い切り芝コースというのは如何にも次を意識した仕上げでしたし、それでレース本番ではアクシンデントもあって全く初めての形の競馬だったならば情状酌量の余地大きい敗戦でしょう。
その結果は度外視して、そもそも菊花賞で足りる馬なのか又は距離が保つ馬なのかですが、この菊花賞と最も相性が良い=結果が直結するのは実は△△△好走馬だったりします。
瞬発戦ダービーよりも△△△で勝ち負けできる馬の方が、距離不安を呈されつつも菊花賞激走馬に求められる要素を備えているというコトです。
必ずしもそれを信じられない厩舎の直近の体たらくだけは懸念材料ですが…渾身の仕上げで臨めるのならばチャンス十分ある一頭になってくるはずです。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------