☆秋華賞の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【秋華賞の有力馬診断(後篇)〜オークス直行組はワケ有りで、ローズS&紫苑Sは低レベル戦(DE)で、唯一前走古馬混合1000万勝利ミッキーチャームのソレも低レベル戦(DE)で・・・〜】
9iui;phup
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
[ローズS組]
▽ウラヌスチャーム牝3和田竜55斎藤誠(美浦)

ローズS本命馬…だから言うワケではありませんが、内有利馬場のスローペース展開を外追い込み届かず5着ならば、展開一つでもっと上の着順もあって良いパフォーマンスはしていました(調教師はそれに不服を公言しており、それもあってかの藤岡佑Jから和田竜Jへの乗り替わり)。
ただし、大箱向き追い込みタイプに見えますので、京都小回り二千条件で浮上があるかと言えば…。

―スカーレットカラー牝3岩田55高橋亮(栗東)
年始中山金杯の有力馬診断で『実は古馬OP好走実績は0例…既に社台スタリオンから放出の失敗烙印ヴィクトワールピサ産駒(古馬になり再浮上は困難アウトライアーズ)』をテーマにしましたが、本年2歳馬はヴィクトワールピサの当たり年と言える様な活躍傾向が認められますが、それもあくまでも2歳早期であるからとも言えるはずで。
そういう成長力欠くというか、主に精神的に好走できる状況を維持するのが難しい血統だけに…少しリズムを崩しかけていた3歳春&それの延長線上の姿を見せてしまったローズSとなると…今後は大いに不安ある一頭と言えます。


―オールフォーラヴ牝3幸55中内田(栗東)
未だに古馬OP好走0例のヴィクトワールピサ牝駒であるスカーレットカラー然り、3歳夏を越すのは容易ではないという血統(配合)も様々あり…ローズS有力馬診断で以下を書いた通り、オールフォーラヴも意外と伸び悩む方なのかもと見ています。
―――――――――――――――――――
父ディープ×母父キンカメの牝駒の獲得賞金順は以下の通り
------------------------
1デニムアンドルビー
2テンダリーヴォイス
3ハナレイムーン
4オールフォーラヴ
5オハナ
------------------------
デニムアンドルビーだけは高齢まで息の長い活躍を見せましたが、それにしてもジャパンC激走を果たした3歳秋シーズンまでがピーク。その他は3歳春がピークで、その後じり貧という馬ばかりです。
オールフォーラヴの全兄ロードアルバータも3歳春プリンシパルS3着がピークで、4歳になって精神面が不安定になり連続凡走中という近況。
ディープ×キンカメというと王道中の王道血統に見えますが、意外に難しい血統配合なのではないかと…


[オークス組]
★アーモンドアイ牝3ルメール55国枝(美浦)

今年上半期にて唯一1番人気本命としたのがオークスでのアーモンドアイでした。
結果的にも単純に強さを語る他にないというパフォーマンス…ジェンティルドンナのレコードに迫る好時計勝利ですが、そのジェンティルドンナの年は時計が出て然るべきペースなり馬場なりの後押しあっての時計でしたが、それに対してアーモンドアイの場合には上がり3F勝負であわやレコードまで持っていたのですから…その時計的な価値からも歴代名牝級のパフォーマンスだと言えるでしょう。

そのオークス後に『今回が初めての連戦ローテでしたが、ルメールJもレース後に馬の状態面や精神面についてネガティブな指摘をしていましたが、やはりその体質面の弱さは現状否めないというコトだと思います・・・さすがに秋華賞直行になる可能性は低いと思いますが、王道のローズS→秋華賞ローテとなれば、これまでに経験無いレース間隔と連続輸送というコトになりますので…唯一死角があるとすればソコでしょう。』としましたが、使い分け戦略目立つ本年ノーザンF有力馬らしく直行ローテを選択してきました。
直行ローテの不振データがピックアップされるかもしれませんが、それとこれとは背景が全く異なりますので…死角の限りなく小さい1人気馬と見ます。


▽ラッキーライラック牝3北村友55松永幹(栗東)
もう一頭のオークスからの直行組にあたるのが同3着馬ラッキーライラック。
ただし、アーモンドアイは本来ならば前哨戦を使えたところを敢えて消耗避ける戦略的ローテとしての直行ローテなのに対して、ラッキーライラックはアクシンデントあって不本意に前哨戦を使えずに止むを得ず直行ローテとなったクチです。
また、秋華賞というのは春の勢力図がそのまま通用するレースでもありませんので、何かに逆転を許しても驚けぬ局面です。

この中間も調教本数は不足しており、下のフォトパドックを見ても春夏とは異なる形となっているのは果たして…?
1週前→https://twitter.com/eishumaruuchi/status/1020471950626508808
夏→
https://www.keibalab.jp/img/upload/focus/201810/181007_luckylilac.jpg


[別路線組]
△ミッキーチャーム牝3川田55中内田(栗東)

(アーモンドアイ一強として)オークス直行組はワケ有りで…ローズSも紫苑Sも低レベルで…となれば昨年菊花賞みたく「古馬混合条件戦組だ!」というのが私の予想パターンではありますが、その前走古馬混合1000万下突破馬はミッキーチャーム一頭のみで、故に穴人気集中が予想されます。
そもそも、ミッキーチャームの前走はワンサイドゲームだったとはいえどもレースレベルはDEなので、逆に言えば低レベル戦だからこそのワンサイドゲームでした。
ゴージャスランチの欄でも書いた通りの、横山典Jの前ポツンという次を見据えてではない騎乗での勝利劇だったのもケチが付きます。
それなりにやれる馬だとは見ますが、ココに妙味は見出し辛いです。

★○○○○○○(←秋華賞の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
繰り返しますが、オークス直行組はワケ有りで、有力前哨戦ローズSも紫苑Sも低レベルで、唯一前走1000万下勝ちミッキーチャームも上記の通りで…残りはアーモンドアイと〇〇〇〇しか居ません。
桜花賞&オークス上位馬の多くが戦線離脱した今、残された3歳牝馬のレベルは低めで(それは対古馬混合戦での低調成績にも表れている)、その中で〇〇〇〇は特筆すべき実績を挙げている一頭と言えるでしょう。
それが主にマイル路線という点で実績に対して人気控え目の模様ですが、秋華賞は距離適性が問われるレースではありませんので、その点での心配は無用です。

唯一の不安点は右回り…それについては前走後回顧で『…それにしても直線でのヨレっぷりは少し心配。当初から口向きの悪さを指摘されていた馬で、だからこそ前任T騎手は慎重にならざるを得なかったのかも知れませんし、左回り外回りコースで広々走れた今回は結果も出せたものの右回り小回りコースだと果たしてというのは残ります(右回りの方が不安ある)』としました通りです。

--------------------
☆秋華賞の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------