☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
京都11R秋華賞(勝負度★★)
[印]
◎プリモシーン
〇アーモンドアイ


[見解]

;jkl;p
今月発売号の競馬王誌にて、現3歳世代牝馬について以下の通りの見解を述べました。

『(略)…9月3週目時点では「古馬混合1000万下・芝1600m以上」の条件での現3歳世代牝馬の成績は[2-3-4-15]となっており、現4歳世代牝馬の約3分の1の好走数のみです。
ちなみに昨年の同期間のデータでの当時3歳世代牝馬(現4歳世代牝馬)は[7-2-2-12]でした。
そのHレベル現4歳世代牝馬が、条件戦レベルでは現3歳世代牝馬を見事に押さえ付ける形となっています。

有力牝馬の3歳秋始動戦の位置付けである紫苑S&ローズSでも、前者はオークス凡走馬が主な上位入線馬で、後者は前走500万下勝ちの前後級の直近実績馬が主な上位入線馬でしたが、これは共にレベル高い馬達による決着であるとは見做せません。
昨年のローズSはオークス好走馬と古馬混合1000万下勝ち負け馬が互角に争うHレベル様相でした。
春クラシック上位馬がゴッソリ抜け落ちているからとも言えますが、例年ならば数頭位は出てきて欲しい主だった上がり馬というのも見られない現状ならば、それは低レベル世代へまっしぐらと言えるかも知れません…(略)』

これの通り、現3歳世代牝馬は古馬混合条件クラスに留まる層もレベル低めで、春桜花賞&オークス上位勢の多くは戦線離脱で、それがローズS&紫苑Sの低レベル決着に繋がりました。

数少ないHレベル認定できる部類に当たるオークス直行組はアーモンドアイとラッキーライラックの2頭ですが、前者については予定通りのローテとのコトでケチは付けられませんが、後者はワケ有りで不本意にローズS回避したクチで過去の同パターン馬の結果は人気を裏切る傾向にあります。

オークス直行組(ラッキーライラック)はワケ有りで…ローズSも紫苑Sも低レベルで…となれば昨年菊花賞みたく「古馬混合条件戦組だ!」というのが私の予想パターンではあります。
ただ、その前走古馬混合1000万下突破馬はミッキーチャームただ一頭のみで、故に穴人気集中が予想されますし、残念ながらミッキーチャームの前走の前走もワンサイドゲームだったとはいえどもレースレベルはDEなので、逆に言えば低レベル戦だからこそのワンサイドゲームで…レースレベルの観点で言えば穴人気以上に狙いが立つ存在ではありません。


桜花賞&オークス上位馬の多くが戦線離脱した今、残された3歳牝馬&同戦線のレベルは低めとなれば、その中で一頭だけ異なる大きなフィールドで結果を残してきた〇〇〇〇は実は見た目以上にも抜けた存在でもおかしくありません。
それが主にマイル路線という点で実績に対して人気控え目の模様ですが、秋華賞はオークス実績よりも桜花賞実績が直結する通り、そこまで距離適性が肝になるレースではありませんので、その点での心配は然程です。

3歳春に中山重賞激走している通り小回りコースでの器用さもありますし、唯一最大の不安は右回りなのですがその点に重点を置いた調整過程にて前進が見られるとのコト…枠順もスムーズに立ち回れそうな好枠を引き当てられましたし、ココは素直にアーモンドアイを除く能力最上位の◎を打ちたいです。


断然人気アーモンドアイは、今年上半期にて唯一1番人気本命(オークス)とした馬でもあります。
当時も結果的にも単純に強さを語る他にないというパフォーマンス…ジェンティルドンナのレコードに迫る好時計勝利ですが、そのジェンティルドンナの年は時計が出て然るべきペースなり馬場なりの後押しあっての時計でしたが、それに対してアーモンドアイの場合には上がり3F勝負であわやレコードまで持っていたのですから…その時計的な価値からも歴代名牝級のパフォーマンスだと言えるでしょう。

そのオークス後に『今回が初めての連戦ローテでしたが、ルメールJもレース後に馬の状態面や精神面についてネガティブな指摘をしていましたが、やはりその体質面の弱さは現状否めないというコトだと思います・・・王道のローズS→秋華賞ローテとなれば、これまでに経験無いレース間隔と連続輸送というコトになりますので…唯一死角があるとすればソコでしょう。』としましたが、使い分け戦略目立つ本年ノーザンF有力馬らしく直行ローテを選択してきました。
直行ローテの不振データがピックアップされるかもしれませんが、それとこれとは背景が全く異なりますので…死角の限りなく小さい1人気馬と見ます。

《ワイド◎〇(60%)、馬連◎〇(26%)、単勝◎(4%)、複勝◎(10%)(※もしアーモンドアイが何らかあって凡走した場合には◎の複勝は上限近く10倍近く付くはずなので…そういうリスクヘッジ目的での複勝含みです)》

休載見込み【エキストラtwitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★~★以上])
(本日の提供予想…信越S)
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1R250円前後)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆秋華賞の◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。