☆中日新聞杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【中日新聞杯の有力馬診断(前篇)〜[ストロングタイタン]池江師「暑くなればなるほど上昇・当日は気温40度以上希望」の生粋夏馬→真冬気候予報“最高気温9度”の今週末中京では?〜】
uyiuoipo@p
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ストロングタイタン牡5アヴドゥ池江寿(栗東)
前走小倉記念での8秒差大敗は心房細動を発症したモノで度外視敗戦。

ちなみに、それ系(鼻出血or心房細動と当日中に公式発表された馬)の本年の次走成績データ(手集計)は以下の通りです。

●着別度数  勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------
鼻出血     3-    4-    2-   25/   34    8.8%  20.6%  26.5%     51%     93%
心房細動      1-    1-    1-   10/   13    7.7%  15.4%  23.1%    100%    205%
-----------------------

心房細動の場合には基本的には前走着順は大敗、鼻出血の場合にはそれを発症しながらも普通に好走するケースもあるので前走着順はマチマチ…その辺りが回収率の差異に反映されているかも知れません。


その観点からはまともならば一変が見込める馬ですが、ただしこの季節でどうかというのが最たるポイントでしょう。

コノ馬は毎年寒い季節になると調子を落として、暖かい季節に調子を上げて活躍する傾向ある馬ですので。
前走小倉記念前に池江師が「40度くらいになると本当にどんどん馬が良くなる」「レース当日は40度以上になってほしい」と言っていた通りです。

5走前の敗因は大凡それで、4走前についてはHペースを掛かり気味先行逆噴射という残念騎乗が敗因。
それが3走前では暖季節2戦目での本調子と、デムーロJの好騎乗あっての一変劇。
つまりは、暖気候で折り合い付けた先行競馬さえできれば崩れない馬というのが結論です。

今回はまだ寒くなり切っていないとのコトで陣営からはポジティブなコメントが出ていますが、今週後半から一気に冬の気候(土曜中京は最高気温8度-最低気温2度)が見込まれるだけに・・・。


△ギベオン牡3Cデムー藤原英(栗東)
まずは前走NHKマイルC2着後の回顧文を参照↓
『最も恵まれる競馬だったのは2着ギベオンで、次点が1着ケイアイノーティック・3着レッドヴェイロン。
後者は外差し競馬をしたのでそれとトレードオフで得られるスムーズさを手に入れたのは半ば当たり前の話ですが、ギベオンは道中は馬群内で脚を溜めて直線では前を行く同厩舎ミスターメロディが進路を開けてくれる形でちょっとズルいレベルの競馬が叶っていました。
鞍上曰く「早めに先頭に立ったせいでフワッとした」だった分での2着との話ですが、じゃあ直線でスムーズに前が開かなかった方が良かったのかと言えばそんなはずは無いので、それは贅沢過ぎる要求になります。
NHKマイルCのペースでも前掛かりの競馬で、それでいてあまりにも恵まれた競馬での2着で…次走はダービーが濃厚とされていますが、そのレベルの馬ではないと見ます。
そもそも、皐月賞を回避してNHKマイルCに向かう時点で…もしも本気でダービー狙う器ならばそのローテは組まれないはずなので、藤原英陣営もダービー級では無いとの認識でしょう。』

・・・
前走セントライト記念は先行大失速…先行勢に楽ではない展開でしたので、距離の壁と早仕掛けが相俟っての失速と考えられますが…それにしても負け過ぎですが。

上記の通りNHKマイルC2着もやや恵まれた感で古馬重賞級でも堂々と胸を張ってというレベルまではなくて、その上で直近の負け過ぎ結果と距離の壁不安…これが相変わらずブランド人気する様ならば信頼はしたくない人気馬になりますが…。


△マイスタイル牡4田中勝昆(栗東)
前々走札幌記念は絶対に逃げを譲らない馬マルターズアポジーに対して掛かってまともに競り合いに行く無謀競馬での沈没。
前走もマルターズアポジーのペースに対して2番手から真っ向勝負を挑みましたが、前走の様なボーンヘッドは犯さずに前が残る地力勝負の範疇で競馬できた分で2着好走。
春の福島民報杯も同じく超Hペース2番手競馬からの残り目でした。

それに対して新潟大賞典ではスローペース瞬発力勝負で良さが出ずに6着止まりだったというのがコノ馬のキャラで、ココでも積極競馬ならば残り目があって当然の地力上位馬ですが…。

ただし、やはり気になるのは近2走で極端に速いペースの競馬を仕掛けている点で、中京二千ならば当然それよりも抑えて入るべきで…そこで折り合いを付けられるのか・ひいては田中勝春Jを信頼できるのか…です。


―マサハヤドリーム牡6北村友今野(栗東)
まずは前走福島記念6人14着時の有力馬診断を参照↓
『小倉日経OPが本年最低レースレベルOP特別ならば、次点はマサハヤドリームが勝った福島テレビOPでしょう。
そこでの2着馬3着馬は共に格上挑戦馬だったのですが、共に次走自己条件でもまともに負けている程です。
その前の米子S3着もこれまた低レベル戦でした。
馬柱はそれなりにキレイですが、この重賞級では足りる馬ではありません…消し。』

・・・
その前走は6人気にまで推されていたコト自体が驚きで、そこでの大敗結果は実力に近い結果です。
レース選択の妙でマシな馬柱が出来上がっているだけで、馬は相当弱いので…今回も消し。


▽ハクサンルドルフ牡5藤岡康西園(栗東)
3走前エプソムCでは「距離千八付近で・まともな騎手で(折り合いクリアで)・展開不利&物理的不利が無ければ足りる」という読みでの◎推奨でしたが、大凡その通りだったのではないかと思います。
それまでは距離不足マイルだと間に合わないのが常で、または折り合いを欠くと伸びないのが常でもありました。

その後の近2走は共に良馬場マイルで『となると間に合わない可能性が高い』とした通り、上がりだけは速くても全く届かないという結果に。

今回は距離2F延長で、これは大きなプラス材料と見ます。
OP昇級後に距離二千では一度走って8着に敗れていますが、それは詰まる競馬が災いしての結果で実力ではありません。

ただし、距離二千は良くても、藤原康太J起用ならば相変わらずの極端後方競馬が濃厚で…これがエプソムCみたく雨馬場や外差し馬場の恩恵まであれば届くシーンが浮かびますが、今の中京芝でここまでの極端脚質馬が嵌まる可能性は高いとは言えない分で・・・。


★○○○○○○(←中日新聞杯の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
まずは前々走新潟記念時の有力馬診断見解を参照↓
『母父ガリレオの日本での賞金順TOP3はレッドローゼスヴァンキッシュラン、ゴールドテーラー。父ガリレオだとミッションモードが賞金TOP、父父ガリレオの牡馬だとリッチーリッチーが出世株。これらの産駒に共通するのは異様なまでの2着3着の多さ…。
やはりこの血の特に牡馬だと日本では重すぎて、それで俊敏な脚に恵まれないだけ勝ち切れるケースが少なくて、ただし重厚さあるので強い相手でも2着3着などの健闘も目立つという傾向になっています。

コノ馬の父シーザスターズはそのガリレオの半弟です。
シーザスターズ産駒も賞金順TOP4はエンジニア、エイシンアロンジー、タニノアーバンシー、バトルスピリッツで…やはり2着3着の多さは同様です。
その〇〇〇〇〇も正にそれで、自己条件でも勝ち切れないだろうが、上級条件でもそこそこ以上にやれる資質の持ち主ではないだろうかと…。
実際に3歳春以降は16戦中15戦で掲示板確保・昇級初戦で壁に当たった例は一度も無いという経歴です…つまりは昇級初戦初重賞挑戦でこそ狙い時ではないかと睨みます。』

・・・
前々走は昇級初戦で5人気4着、そして前走は更に格上戦で8人気5着。

上記の通り、前々走でも前走でも、格上相手でも下クラスと同等に走れるキャラ通りの結果でした。

重賞連続掲示板後で妙味があるワケでもないし妙味が皆無というワケでもないという微妙なタイミングでしょうが…今回も例の如くの善戦~好走結果は見込める一頭です。

前走は距離適性的にもペース的にも苦しんだレースでしたので、そこからの距離短縮二千はプラス材料です。

--------------------
☆中日新聞杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------