☆中日新聞杯の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------


【中日新聞杯の有力馬診断(後篇)〜[エンジニア]自己条件勝てずも重賞連続好走ベストアプローチが典型例…日本では善戦着順量産型を多数輩出するガリレオ≒シーザスターズの血〜】
uyiuoipo@p
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▲エンジニア牡5北村宏牧(美浦)
まずは前々走新潟記念時の有力馬診断見解を参照↓
『母父ガリレオの日本での賞金順TOP3はレッドローゼスヴァンキッシュラン、ゴールドテーラー。父ガリレオだとミッションモードが賞金TOP、父父ガリレオの牡馬だとリッチーリッチーが出世株。これらの産駒に共通するのは異様なまでの2着3着の多さ…。
やはりこの血の特に牡馬だと日本では重すぎて、それで俊敏な脚に恵まれないだけ勝ち切れるケースが少なくて、ただし重厚さあるので強い相手でも2着3着などの健闘も目立つという傾向になっています。

コノ馬の父シーザスターズはそのガリレオの半弟です。
シーザスターズ産駒も賞金順TOP4はエンジニア、エイシンアロンジー、タニノアーバンシー、バトルスピリッツで…やはり2着3着の多さは同様です。
そのエンジニアも正にそれで、自己条件でも勝ち切れないだろうが、上級条件でもそこそこ以上にやれる資質の持ち主ではないだろうかと…。
 実際に3歳春以降は16戦中15戦で掲示板確保・昇級初戦で壁に当たった例は一度も無いという経歴です…つまりは昇級初戦初重賞挑戦でこそ狙い時ではないかと睨みます。』

・・・
前々走新潟記念は昇級初戦で5人気4着、そして前走アル共は更に格上戦で8人気5着。

上記の通り、前々走でも前走でも、格上相手でも下クラスと同等に走れるキャラ通りの結果でした。

重賞連続掲示板後で妙味があるワケでもないし妙味が皆無というワケでもないという微妙なタイミングでしょうが…今回も例の如くの善戦結果は見込める一頭です。

前走アル共は距離適性的にもペース的にも苦しんだレースでしたので、そこからの距離短縮二千はプラス材料です。


―アメリカズカップ牡4松山音無(栗東)
コノ馬の直近2勝は共に道悪条件・少頭数外枠条件…それは単純に道悪巧者というのと、他馬を気にする面があるので特に道悪の馬群バラけて容易に揉まれぬ競馬ができるシチュエーションというのも大いに味方した結果である。
前走アンドロメダSは京都良馬場での3着好走であるが、それにしてもタフな馬場状態で内枠から上手く外に持ち出せて揉まれずの競馬だった。また、レースレベルDEの低レベル戦で、それの上位馬がチャレンジカップで大きく敗れた通り。

前走OP特別3着程度では全然足りない上、それよりも高速時計求められてはパフォーマンスも上げられない。


―サイモンラムセス牡8○○梅田智(栗東)
サイモンラムセスは前々走アンドロメダSでは5着健闘も、それはOP特別の中でもレースレベル低い一戦でしたので…重賞ではどうにも足りない。


―グレイル牡3津村野中(栗東)
前々走セントライト記念3着は、見た目上は詰まりつつの見た目勿体ない競馬でしたが、二桁人気で善戦したオウケンムーンやレイエスプランドルが共に二桁通過順位からの追い込みだったコトからも、あそこで脚が溜まっていたのは功を奏した感があります。
そして他の後方から脚を伸ばして好走&善戦したという馬は、その後に菊花賞惨敗〜1000万下非好走級が相場だったという相手関係からも、やはり評価はし辛い3着です。

皐月賞でもダービーでもセントライト記念でも最後方に近いポジションで競馬している辺りは、まだそれしかできない未完成ハーツクライ産駒でもあります。

今の前残り中京芝ではこの脚質も不利に働くはずで…総じて軽視したい一頭です。


▽ショウナンバッハ牡7鮫島駿上原(美浦)
3走前新潟記念は後方待機の3頭がそのまま上位1〜3着・前に行った4頭がそのままほぼ下位独占するという強烈な展開バイアスあった一戦…そこで最後方競馬3着好走結果は鵜呑みにし辛い。

2走前オールカマーはOP昇級後にキャリアハイを連発していた大得意コースでの5着健闘。

前走アンドロメダSはイン追い込み決め打ちでドン詰まりでの度外視できる大敗。

去年の中日新聞杯は外有利馬場バイアスにも乗じての4着健闘。

基本的には常に良い脚少しで掲示板級が相場で、超が付くレベルで嵌まった新潟記念で初めてOP級馬券内だったという経緯で…少なくとも外差し馬場までは遠いだろう今回はその余程の嵌まりは想像し辛くて…。


▽メートルダール牡5福永戸田(美浦)
ショウナンバッハと同様に、その極端外追い込み有利傾向結果だった新潟記念で嵌まる競馬をした2着に食い込んだのがメートルダールでした…やはりそれは評価し辛いです。

メートルダール自身もここまでの重賞2好走歴(新潟記念・昨年中日新聞杯)は新潟中京での外差し競馬…案外不器用な取り口の馬でそれが嵌まったというレースでのモノです。

昨年中日新聞杯は外有利馬場・外差し有利決着…今週の中京馬場は上記2好走時とは異なるシチュエーションですので、逆張りというか今年はメートルダールの中日新聞杯にならない方に狙いを定めたいですが。


★○○○○○○(←中日新聞杯の大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
まずは3走前重賞好走後の回顧文を参照↓
『…つまりは不器用さと気難しさ故に外スンナリ先行オンリーというワケで、過去の好走歴はほぼほぼソレができた時のみとなっています(最終コーナー3番手内だとほぼオール好走⇔それ以外だとほぼオール凡走)。
近走は出遅れ率高と内回り起用によってはそれが実現せず凡走傾向だったのが、今回は小回り条件でも外枠先行から…ご覧の通りの結果に…』

・・・
前走G1レース大敗については位置を取れなかった時点でジ・エンドだったというコトでしょう…この様に競馬の形次第で出せるパフォーマンスが大きく上下異なってくるのがエンパイアメーカー産駒ですので。

後方競馬凡走の後に先行競馬をした時の好走率と穴激走率は相当高いというのがコノ馬の履歴。
それを実現させる上では、この忙し過ぎない外回り二千コース条件はベストに近いですし、年始愛知杯同様にスンナリ先行競馬さえ打てれば一変のチャンスが見出せてくる大穴候補です。

--------------------
☆中日新聞杯の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------