☆エリ女の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週予想結果(※包み隠さず全予想の公明正大な結果報告です)とレビュー
◎3人1着、6人6着、8人8着、3人10着、ビリ(tw9人4着)
tyu8i9
(※いつもの注釈(ポリシー)※馬券は受付番号付きでの公開の通り、「1Rにつき複数枚バラバラ購入→的中部位のみ公表(実際の回収率を錯誤させかねない)」とのやり方は過去にも未来にも一切ありません…業界では誰しもが当たり前の様に行っていますので別に良い悪いとは言えませんが、私が実際に提示予想をどんな馬券購入に昇華しているのか読者様の馬券組み立ての参考にして頂く為にも、ありのままをお見せする様にしています。)
先週の釣果はJBCC(指定買い目単勝ケイティ大本線)のみ…。
先々週は『確実に底打ちからジリ上げを予感させる近況とは思いますが、やはりG1を当てないとですね…私もスワン完全的中儲け分はほぼ秋天に投入して撃沈でしたので負け週』でしたが、先週はG1こそ的中(正確にはG1ではないですが)も他惨敗をカバーするには遠い結果で…申し訳ございませんでした。
ただ、特に攻めた土曜の平場は合ってると思ったのですが(いや合ってると思って予想するのは当たり前ですが)、今週も見るからに(=一目瞭然で)攻める予想を…それだけです。

☆エリザベス女王杯のMY馬柱
(※全ての説明はできませんが、過去レースレベルなど一部でも参考にして頂ければと…)

ewtyrtyu

☆先週重賞[天皇賞秋]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
3着キセキ
ルーラシップ牡駒の出世頭TOP3はダンビュライト・サンリヴァル・キセキの3頭。
この3頭は「前哨戦→本番G1」の一連のレースに於いて、「前哨戦では善戦止まり→本番でも人気に反発して前哨戦と同様の着順で走る大健闘」という非常に似通った戦績経緯の持ち主であります。

それについては、本年皐月賞有力馬診断でのサンリヴァル推奨見解にてピックアップしました↓
『昨年世代の善戦キャラ・ダンビュライト(きさらぎ賞3着→弥生賞3着→皐月賞3着)の再現を期待したいのが、それと同じ父の子であるサンリヴァルです。
コノ馬の前々走はHペース積極策で健闘と言える結果で、そして前走ではSペース積極策で善戦止まりと言える結果でした。
着順は同じでも前者の方が濃いパフォーマンスだったというのは、つまりは前者の方が持ち味を出せる馬なのだと考えられます。
それはダンビュライトと被るイメージで、そのダンビュライトも同様にペースに恵まれても恵まれなくても-相手関係に恵まれても恵まれなくても常に同じ様な着順で走り続けた馬でした。
確かに前走でも好走できなかったのならばG1では足りないと見るべきなのですが、ダンビュライト同様に厳しい展開・厳しい相手関係でもパフォーマンスを上げて&着順を下げないイメージは持てます…つまりは人気より十分上の着順に入線できそうな複穴候補の一頭と見たいです。』

・・・
結果的にもポスト・ダンビュライトとも言うべき、皐月賞以前の相手ナリ戦績から皐月賞激走戦績を残したのがサンリヴァルでした。

それは今期のキセキにも重ねて言える話で…前哨戦毎日王冠ではSペース積極策で善戦止まりの着順で、本番天皇賞秋では後続に脚を使わせる持続力勝負に打って出て大健闘という。

ここからが重要ですが、その弥生賞善戦&皐月賞激走のダンビュライト&サンリヴァルは、共に次走ダービーではSペース展開で沈みました。
キセキの次走ジャパンCはそのダービーと同じ東京二四舞台条件です…そこでもまた同牡駒の先例が役に立つはずで、つまりは彼らが皐月賞で強い競馬をしたと言われながらも、ダービーでは着順もパフォーマンスも落としたその先例です。

それら同様にスローに付き合う競馬をしては足りない結果となるでしょう…それに抗う為には東京二四という舞台とはいえども果たしてどこまで勇気を持った積極策が打てるのか否かです…それは今回の鞍上川田Jを手放すとなるとその期待の線は薄くなるというのが現時点での見解です。

--------------------
☆エリザベス女王杯の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→16週前から始めたこの週初記事にて独自設定のパフォーマンスレベルが最上位馬として推した馬は、半数は1人気以外からで15頭中8勝という(唯一未掲載8週前も最終的にはPL最上位馬から◎トリオンフ&グリムで共に勝利)。
この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですし、私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでも少なくとも相手馬目線ではコレは素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきでしょう。
今回エリ女に於いても、近走パフォーマンスレベル最上位評価の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------