☆マイルCSの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週予想結果(※包み隠さず全予想の公明正大な結果報告です)とレビュー
9人1着、4人4着、4人5着、7人6着、9人9着(tw×)
跳ねた配当ゲットもそれ一つだけで残念でしたが…良くも悪くも(概ね悪くもですが)攻めている中でも1本あれば次も攻めて行けるというのもありますので…今週も攻められる攻める…それだけです。
この全体結果で一つの穴ヒット馬券を載せるのも気が引けますので…それの配信予想文だけ載せておきます(エリ女惨敗含めて不的中馬券はあまり手元に無いので、ご興味のある方は競馬予想TVホームページで見て頂ければと)。
マッジョネラはスンナリ系馬の教科書に載っている取り捨て方法…その一つの敗因(ファクター)が最たるポイントだと目を付けて、それに基づいて近走戦績を処理・今回条件を精査という・・・でした。
rtuyuip

☆マイルCSのMY馬柱
ytuioo

☆先週重賞[アルゼンチン共和国杯]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
5着エンジニア
まずは前走時の有力馬診断見解を参照↓
『母父ガリレオの日本での賞金順TOP3はレッドローゼスヴァンキッシュラン、ゴールドテーラー。父ガリレオだとミッションモードが賞金TOP、父父ガリレオの牡馬だとリッチーリッチーが出世株。これらの産駒に共通するのは異様なまでの2着3着の多さ…。
やはりこの血の特に牡馬だと日本では重すぎて、それで俊敏な脚に恵まれないだけ勝ち切れるケースが少なくて、ただし重厚さあるので強い相手でも2着3着などの健闘も目立つという傾向になっています。

コノ馬の父シーザスターズはそのガリレオの半弟です。
シーザスターズ産駒も賞金順TOP4はエンジニア、エイシンアロンジー、タニノアーバンシー、バトルスピリッツで…やはり2着3着の多さは同様です。
そのエンジニアも正にそれで、自己条件でも勝ち切れないだろうが、上級条件でもそこそこ以上にやれる資質の持ち主ではないだろうかと…。
実際に3歳春以降は16戦中15戦で掲示板確保・昇級初戦で壁に当たった例は一度も無いという経歴です…つまりは昇級初戦初重賞挑戦でこそ狙い時ではないかと睨みます。』

・・・
前走G3新潟大賞典は昇級初戦で5人気4着、そして今回G2アルゼンチン共和国杯は更に格上戦で8人気5着。
前走でも今回でも、格上相手でも下クラスと同等に走れるキャラ通りの結果でしたが、ただし馬券にならない4着5着でそれをやられても…という結果ではありますが・・・。

次走以降もこういうキャラの馬として好走未満~善戦以上は積み重ねられるでしょう…重賞連続善戦した以上は買いの方向では妙味を見出し辛くなりましたが、逆に次走相手関係弱化戦(OP特別)で更に人気になるようだならば嫌いたい(人気以下の善戦止まり結果予想)の方向で取捨したいです。

--------------------
☆マイルCSの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→17週前から始めたこの週初記事にて独自設定のパフォーマンスレベルが最上位馬として推した馬は、先週リスグラシューなど半数は1人気以外からで勝ち馬率5割超(9/16)という(唯一未掲載8週前も最終的にはPL最上位馬から◎トリオンフ&グリムで共に勝利)。
この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですし、私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでも少なくとも相手馬目線ではコレは素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきでしょう。
今回マイルCSに於いても、近走パフォーマンスレベル最上位評価の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------