☆阪神JFの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週予想結果(※包み隠さず全予想の公明正大な結果報告です)とレビュー
ミツバ12人8着[指定買い目的中(高配狙いミツバ絡みは不発で申し訳程度ですが…三連複61倍×300)]・エアウィンザー2人1着[単勝2.7倍]・マイネルビクトリー10人11着
kk@k@
(以下、先週と同文)

先に言っておきますが(オンデマンドでは最初に言いましたが)、競馬予想TVではシーズン中盤以降にかけて思いっ切り調整します…馬券対決についてはバラエティーと思いますので、追い上げ投資・倍プッシュ等のセコ技を駆使してトップを獲りに行くつもりです(だから番組内での買い目はブログに載せていない・あまり載せたくないワケです/それは失敗すれば自己責任での爆死覚悟でもあるので、丸乗りは本当に危険ですのでご遠慮下さい…)
それとは対照的に、この私の本分たる当予想提供では、数字は意識せずに目の前の最適解を提供するのみです…ラスト3週でもうゴールが見えている戦いですが、利己的になって数字上の帳尻合わせを目指すよりももっと本質的に意味がある提供をしなければ本末転倒ですので…。
チャンピオンズCの買い目みたく、攻める所は攻める・獲りに行く所は取りに行く…です。
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
即案内送付登録(メアドのみ入力)https://sv6.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=S410216
(※登録済などで新規登録不可時にはsguw125@gmail.comまで「詳細希望」とご連絡下さい)

☆阪神JFのMY馬柱(当週予想検討・修正の前段階の暫定版)
rtjyuli

☆先週重賞[ジャパンC]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
1着アーモンドアイ
予想展望でも示しました通り、少し前までのジャパンCと言えば5年連続で牝馬が1着入線(ウオッカ→ブエナビスタ→ブエナビスタ→ジェンティルドンナ→ジェンティルドンナ)していた、事実上の牝馬有利レースでした。
それは1位入線馬が「33.5→33.9→32.8→33.9」という速い上がり、すなわち「牝馬のキレ」で面倒みきれるレースが続いていたコトが大きな要因と言えます。

それが近4年についてはレース質の変質が起こって、牡馬有利レースに転化しているのが最新傾向でした。
実際にその間には、ジェンティルドンナ・ミッキークイーン・ハープスター・ルージュバックという一流牝馬が飛び続けていました通りです。

そして本年ジャパンCに於いても、前者よりも後者を引き継ぐレースで、それはキセキ川田騎手の存在が無ければ前者でもおかしくなかったですが、キセキは打倒3歳牝馬アーモンドアイには最善だろう身を切って骨を断つ競馬を敢行して…にもかかわらず、それをも一蹴したのがアーモンドアイでした。

もしも今回ジャパンカップ勝利が、上記の“牝馬有利レース”でのソレだとしたら、2年に1頭位の頻度の並みの一流牝馬に過ぎません。
しかし、今回ジャパンCそうではなくて…アーモンドアイは“牡馬の土俵”に於いて牝馬の身で完封したという点に、額面以上の評価が与えられるのです。
ここまでの馬だとは全く読めなかった私の完敗です…。

--------------------
☆阪神JFの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→今夏からこの週初記事で紹介している、独自設定パフォーマンスレベルが最上位馬として推した馬は、半数は1人気以外からで勝ち馬率5割超(10/18)(唯一未掲載週も最終的にはPL最上位馬から◎トリオンフ&グリムで共に勝利)。
この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですし、私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでも少なくとも相手馬目線ではコレは素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきでしょう。
今回阪神JFに於いても、近走パフォーマンスレベル最上位評価(最高値+平均値)の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------