☆日経新春杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------
【日経新春杯の有力馬診断(前篇)〜[ロードヴァンドール]昆貢厩舎×横山典Jの蜜月コンビで見据えるは春天のみ…その道程に過ぎぬココでの“昆本気仕上げ&典マジック騎乗”は望み薄〜】
utyuio
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―アイトーン牡4国分恭五十嵐(栗東)
気性的にハナを切る形がベストという馬。

前々走札幌記念ではこれまで一度もハナを譲ったコトがないマルターズアポジーに対して、それのハナを叩けという無理なオーダーを従順に実行した国分恭介Jの無謀積極策で案の定共倒れの結果に。

前走菊花賞ではスタートを切った時点で両隣馬に2馬身差を付けられて、その時点でハナを切れない形となって早々に戦意喪失という何もできずの大敗。

この手の馬は大逃げ自滅の後にマークが薄れて-睨みが利いたタイミングでの一変というのがパターンですが、今回の相手関係と同型多数戦ではそれも望み薄で…ただ今度こその思いは強く持っているはずで展開を掻き乱し得る存在として要警戒。


―ウインテンダネス牡6内田博杉山(栗東)
まずは前走JC時の有力馬診断を参照↓
『3走前目黒記念は先団は形成した馬達がそのまま流れ込む決着…そこで直線で一瞬の脚を使って抜け出した内容は他上位馬よりも一枚上の内容でした。ただし、斤量54キロと、相手関係に恵まれた勝利だったのは否めません。

2走前京都大賞典は悪くない単騎逃げを打てましたが失速…それも不振顕著な休み明け初戦を思えば情状酌量できるモノですが。

前走アル共は超スローペース逃げで4着止まり。キレ負けとの見方もできますが、3着馬は同じく瞬発力無しのマコトガラハッド・5着馬はガリレオ血筋のエンジニアで…そんなキレない馬よりもキレ負けという結果は弱い競馬だったという指摘もできます。

単騎大逃げでの展開利は少し怖いですが、基本足りない馬かと。』
・・・
目黒記念はやや低レベル戦で恵量54での勝利…アルゼンチン共和国杯は低レベル戦での4着…レベルも上がって並斤量背負うココだとやや力不足と見ます。


―ケントオー牡7和田竜西橋(栗東)
まずは2走前アンドロメダS4着時の有力馬診断見解を参照↓
『6走前中日新聞杯でもそうだったが、5走前中山金杯でも外を回しながらも詰まるという残念な騎乗に。スムーズに捌けていれば5着馬はすぐ目の前でしたし、ブラックバゴに近いインパクトある結果になっていたはずです。

そして4走前京都記念では強者揃い戦で崩れた馬はキチンと差しての5着健闘…もしもそれが並の重賞OPレースならば穴出番あったかも知れません。

京都記念5着も評価されて遂に人気になってしまった3走前福島民報杯は、今後は不当に走れずの9着凡走。
ただし、それ以前の休み明け初戦時は[中京記念13着][キャピタルS13着]だった通り、どうも間隔が空くと走れない傾向あるのでその一戦だけで見限りはできません。

前走京都大賞典もその休み明け初戦で、距離延長二四で折合も欠いていましたので度外視できる敗戦です。

直近の連戦ローテだった新潟記念では、前残り展開を後方から追い込んで3着まで0.2秒差の7着。

どうにも恵まれない近況ですが、非休み明け初戦で嵌まればG3級で…差し届きそうな最終週付近の京都芝でOP特別級ならば足りて良い。』
・・・
その前々走アンドロメダSではOP特別で4着という結果…叩き2戦目でほぼ本領発揮してのOP特別好走級パフォーマンスでした。

そして前走チャレンジCでは相手関係強化と高速決着に対応できずの敗戦。

今回は連戦ローテで低速馬場という好条件で、それならば前々走OP特別4着・昨春京都記念5着くらいの善戦まではあっても良いですが…ただし相手関係的に好走圏内までは少し壁がありそうで。


―ノーブルマーズ牡6高倉宮本(栗東)
宝塚記念というレースはそもそも特殊コース条件と特殊季節で能力よりも適性・状態が問われますが、本年宝塚記念も雨馬場と内有利馬場バイアスもあってそれが顕著なレースだったと思います。
それを最も味方にできたのが1着ミッキーロケットと3着ノーブルマーズでした。
ノーブルマーズは1着ミッキーロケットを進路後追いで、そのミッキーロケットが抜けきった分で詰まらずに尚且つ馬場バイアス有利な立ち回りができた分の好走。本来ならば外を回ったヴィブロスや、詰まったダンビュライトや、勝負を仕掛けたサトノダイヤモンドよりも劣ってもおかしくないギリギリの3着だったと見ます。
相手ナリ力は認めますが、本当にG1G2クラスで上位の実力ある馬だとは何とも・・・。

昨秋は実力云々というよりは状態面起因での連続敗戦だったと見ます。
前々走アル共は一頓挫あっての急仕上げ…前走JCでもそこからの中2週で、調教を見てもどうもまだ状態取り戻していない感でした…それでいてキセキに真っ向から付いて行く競馬をしての逆噴射結果はそれなりに情状酌量できるモノです。

そこから上昇が読み取れればというトコロでしたが、どうもこの中間調教も地味で…復調はまだか。


▽ロードヴァンドール牡6横山典昆(栗東)
『大目標として挙げるのは天皇賞・春(G)。それまでに2、3回ぐらい使って、余力を残して向かえれば理想ですね』というのが昨秋時点での厩舎陣営の見通し。
前走チャレンジCは思惑としては叩きの叩きでの惨敗劇…今回日経新春杯もまだ目標は大分先のレースとの位置付けで…この中間調教過程を見る限りでも激変はなさそうで。

★○○○○○○(←日経新春杯の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
3走前は叩き良化型のコノ馬にとって休み明け初戦が堪えたのと、距離二二も距離不足感がありました。

2走前は、高速上がりレースで中団以降で置かれた時点で適性的にもノーチャンスで、更には直線でもスムーズさを欠くシーンありましたので尚更そうでした。

前走は超高速馬場が適性外だった面はあったでしょう。

今回は「3走前敗因のローテ・2走前敗因の騎乗(騎手)・前走敗因の高速馬場」が全て取り除かれる局面…一変有り得る回と見ます。

--------------------
☆日経新春杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------