☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------


【ブログ重賞OP予想】
京都11R日経新春杯(勝負度★★)
[印]
◎ルックトゥワイス

[見解]

6rt7y8ui9o0p@
日経新春杯に於いて好走が目立つのは4歳牡馬と上がり馬。
4歳牡馬ついては特に本年の場合には世代レベルも強調できますので、総論としては順当に評価すべきとは思います。

ただし、該当牡馬3頭を個々で見て行くと・・・
グローリーヴェイズは太目残り&如何にも軽いディープ産駒で今のタフ馬場でどうか?
メイショウテッコンは気難しさが出てきていてこの中間も調教に苦慮するなど本領発揮の蓋然性は如何ほどなのか?
アフリカンゴールドは芝では位置取りゲーム(位置を取った戦略が何よりの好走要因)でしか持って来られてないミナリクJで果たして?
・・・の通りで、大人気を承知で尚買いたいと思える要素には乏しいです。

というコトで、もう一方の上がり馬狙いで…つまりはココで才能開花が有り得る存在としてルックトゥワイスを推奨します。

コノ馬については前回重賞挑戦時に『これまで準OPで5戦連続で2着3着止まりという戦績ですが、それも相手関係やレース振りなどの僅かな差で勝利を取りこぼしてきた経緯で、本来ならばとうにOP昇級して好走の一つくらいしているポテンシャルある馬です・・・こういう準OPで勝ち切れない馬が、昇級してもor格上挑戦でも相手ナリに走れる例は昨年2着のソールインパクトなどよくある話で、コノ馬も正にソレだと思います。』と記しました。

そのレースでは自身上がり32.7を繰り出しても全く届かないという展開負け要素があまりに大きかった度外視級の敗戦でしたが、その次走では今度は一転してまともに上がり掛かる競馬になっての圧巻勝利を収めました。

振り返って見れば…未勝利楽勝も500万下圧勝も1600万下圧勝も全て上がり35秒台の競馬で、逆に惜敗続きの期間は上がり33秒台の競馬ばかりで…ズブさ鈍さを見せる馬だけに高速上がり勝負では持ち味出し切れず⇔非高速上がり勝負ならば相当な奥を隠し持っているとも見られます。

昨年アルゼンチン共和国杯こそ異常スローペース競馬で前者結果となってしまいましたが、本来は重賞級中長距離レースでは後者の特性が強調される場です。

京都コースでどうかという馬ですが、今のまともなタフ馬場且つこれだけ前に行く馬が揃ったメンバー構成戦ならば前者よりも後者の期待を懸けられる局面でしょう…激走後中2週ローテさえ乗り越えられればチャンス十分と見て推奨します。

休載【エキストラtwitter予想(厳選漏れ推奨馬&直前推奨馬)※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…ニューイヤーS)
1考えるヒント完全版→☆完全版《1週600円前後で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1R300円以下)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆日経新春杯の◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「月曜予想」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。