☆京都記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------

【京都記念の有力馬診断(前篇)〜OP特別で勝負にならない馬は、G1G2に出た方が稼げるというパラドックスを実演中のアクションスター(出走するだけで奨励金100万円get!)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
無題uio
―アクションスター牡9○○56和田勇(美浦)
OP特別よりも分不相応にG2G1に使われるコトが多いが、それはOP特別でも勝負にならないからという逆説的な話だろう…15年から新設された特別出走奨励金がほぼ無条件で交付されるG2G1に出た方が、OP特別で頑張って上の着順を目指すよりも結果稼げる期待値が高いと陣営内で位置付けられる程度の馬だというコト。
ココも奨励金対象G2競走で、尚且つ12頭立て(何らかによって2頭さえ抜かせば着賞金ゲット)という賞金が得られ易いレース選択という意図のみの参戦だろう。


△パフォーマプロミス牡7福永57藤原英(栗東)

まずは前走有馬記念時の有力馬診断を参照↓
『前走アル共は実績馬ノーブルマーズ・ガンコなどは自滅に近い敗戦で、2着3着には前走条件戦馬が入る組み合わせ…単純に力上位はパフォーマプロミスだったという結果でしょうか。
前々走宝塚記念は馬場を苦にしたのと、関西圏競馬だと馬場バイアスに逆らう下手騎乗が目立つ戸崎Jだった分で着順を余計に下げた一戦で、それまでは重賞連続好走馬でした。
前走もソラを使っての勝利という点で相手関係に恵まれた辛勝という卑下は不要ですが、それでもここまでのG2での3好走は全てG3級に近いレース選択の妙もあっての結果という点で…これの有馬記念穴人気には飛びつきたくないです。』

・・・
その前のG1挑戦で4人気にまで推された宝塚記念時にも低評価したと思いますが、少なくともG1でどうこう言えるレベルの馬ではないというのが一貫した評価です…さすがに今回の低調G2戦では例の如く通用するべきなのですが・・・。
あとは軽い馬場でパフォーマンスを上げていますので、良馬場発表でも結構時計が掛かるだろう今週末の芝状態は多少割引要素になります。


▽カフジプリンス牡6坂井瑠56矢作(栗東)
これまでの主戦には中谷J・岩田Jというガムシャラ系騎手が起用されて、ズブさを補う剛腕騎乗で何とか上位に食らい付いてきたという馬。
特に2走前新潟記念なんかは新潟の長い長い直線を丸々追い通して掴み取った好走劇だった。一転して前走オールカマーでは、それと逆のタイプの丸田J起用の悠長な競馬で何もできずの凡走劇だった。
兎にも角にもズブい馬なので、ある程度長い距離で、早めに馬を動かして行ける様な騎乗ができる騎手起用(中谷J・シュタルケJ)時が狙いだろう。
そういう意味では坂井瑠星Jというのは少し手が違う感は否めません。
それに加えて基本数を使う矢作厩舎の休み明け初戦は仕上げない傾向ですので…。

(※坂井瑠星Jのコトをディスっている様に見えるかもですが、それはあくまでも相性的な話でです。彼自身についてはデビュー前に28年度注目新人騎手として挙げた通り(ちなみに29年度は川又騎手・30年度は該当無し)、そして一昨年にも当時囃し立てられていた荻野極Jと対比して坂井瑠星Jの方が本物とした通り…帰国後に多少苦戦中の今でも、将来伸びる若手騎手はこの騎手一択との見立ては変わりません。
彼ほどに減量に頼らずに勝利を重ねた若手騎手は稀有ですから…口さが無い人からはコネ(矢作厩舎のバックアップ)云々と言われてますが。)


―ケントオー牡7幸56西橋(栗東)
まずは3走前アンドロメダS4着時の有力馬診断見解を参照↓
『6走前中日新聞杯でもそうだったが、5走前中山金杯でも外を回しながらも詰まるという残念な騎乗に。スムーズに捌けていれば5着馬はすぐ目の前でしたし、ブラックバゴに近いインパクトある結果になっていたはずです。

そして4走前京都記念では強者揃い戦で崩れた馬はキチンと差しての5着健闘…もしもそれが並の重賞OPレースならば穴出番あったかも知れません。

京都記念5着も評価されて遂に人気になってしまった3走前福島民報杯は、今後は不当に走れずの9着凡走。
ただし、それ以前の休み明け初戦時は[中京記念13着][キャピタルS13着]だった通り、どうも間隔が空くと走れない傾向あるのでその一戦だけで見限りはできません。

前走京都大賞典もその休み明け初戦で、距離延長二四で折合も欠いていましたので度外視できる敗戦です。

直近の連戦ローテだった新潟記念では、前残り展開を後方から追い込んで3着まで0.2秒差の7着。

どうにも恵まれない近況ですが、非休み明け初戦で嵌まればG3級で…差し届きそうな最終週付近の京都芝でOP特別級ならば足りて良い。』

・・・
その3走前アンドロメダSではOP特別で4着という結果…叩き2戦目でほぼ本領発揮してのOP特別好走級パフォーマンス。

2走前チャレンジCでは相手関係強化と高速決着に対応できずの敗戦。

前走日経新春杯は馬場レベル低下と展開嵌まりを味方に7着善戦。

今回も引き続きタフ京都芝でのレースというのは有難い話ですが、それでも類似条件の前走を見る限りでは好走圏内までは少し壁があるだろうという能力評価止まりまで。


▽ブラックバゴ牡7池添56斎藤誠(美浦)
3走前函館記念は長欠明け初戦で仕上がり途上・太目残り。それとその前の中山金杯では最後方競馬で調教師から苦言を呈された岩田騎手だけに、逆に出して行く競馬を選択…結果的にはそれで馬と喧嘩してしまったのが大きく響いた結果でした。
その前後の折り合い付ける競馬ができた2走前オールカマーでは6着・4走前中山金杯では4着。
乗り難しい馬ですが、嵌まれば重賞掲示板級という馬…17年アンドロメダSにてテン乗りで1着に導いた池添J起用というのが高評価される様ですが、それにしても展開嵌まっての激走でしたので…誰が乗っても嵌まり待ちでしか好走は無い馬には違いないかと。

★○○○○○○(←京都記念の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬は成長力溢れるステゴ牡駒…3歳秋初戦2戦目は結果を出せませんでしたが、矢作厩舎らしく使い毎に調子を上げてきて、それとF騎手の持ち味をフルに引き出す騎乗とも相俟って重賞連対を果たした経緯。
瞬発力に乏しい馬なのでレースの流れ次第・騎乗騎手次第でしょうが、過去ベストパフォーマンス舞台条件且つ当時と同じF騎手継続騎乗となれば…当然有力視すべき一頭でしょう。

--------------------
☆京都記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------