☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
中山11R京成杯(勝負度★)
[印]
◎ランフォザローゼス
△10ナイママ
▽9シークレットラン


[見解]

89u0i-o@
2歳世代戦線に於いて、最もレベルが高かった重賞レースは東京スポーツ杯2歳Sで、最もレベルが高かった条件クラスレースは葉牡丹賞。

前者からは5着ダノンラスターなどが参戦。
その東京スポーツ杯組は「1着馬ニシノデイジーは次走ホープフルS3着」「同3着馬ヴァンドギャルドは次走ホープフルSで不利無ければ3着か2着」「同7着馬クリノガウディーは次走朝日杯2歳S2着」の通り、次走激走馬を多数輩出のHレベルレース。
ダノンラスターはそこで距離不足もあってか差し間に合わずの5着で、前進余地は見出せるパフォーマンスではありました。
今回そこからの1F延長は良さそうだが、逆に小回りコース替わりはマイナスに転びそうで…更には置かれる脚質からも◎馬と相反する分で4番手評価(印外)。

後者からは1着シークレットランなどが参戦。
過去の葉牡丹賞も出世レースと言うべき結果となっており、直近年から勝ち馬を挙げて行くと「ジェネラーレウーノ・レイデオロ・メートルダール・トーセンバジル」で後の重賞級以上馬のみ。その下の好走馬でも後に500万下に留まっているという馬は皆無で、構造的にもHレベル馬が揃うレースだと言えます。
そこでレコード勝利を収めたシークレットランも過去年同様の出世が期待できる器で、これが地味血統だけあって大人気とまではならないならば、順当に上位評価しなければなりません。

ただし、その葉牡丹賞でシークレットランに対して、乗り方次第では逆転結果まで有り得ただろう〇〇〇〇〇が、今回それよりも人気下位での出走となるならば…コチラこそ妙味と見て本命印を打つという結論です。
具体的には葉牡丹賞で後方競馬が嵌まったのがシークレットランで、逆に先行競馬をした分と直線でスムーズさを欠く所あっての惜敗を喫したのが〇〇〇〇〇でした。前を引っ張る存在も薄い今回メンバー構成ならば、今度は後者の方が恵まれる競馬に至る可能性も十分に見出せますので。

他に穴目で注目したいのも上記と同組の東スポ杯2歳Sでの敗戦馬ナイママ
ナイママは前々走までは全て小回りコースで自ら動く競馬をして連続好走を収めていた経緯…それが前走東スポ杯2歳では逆に我慢が大事な東京コース替わりでそれができずに自滅した形でした。再び小回りコース替わりとタフ馬場替わりで…それが札幌2歳S2着分の評価もされない低人気ならば妙味十分と見て買い評価を与えたいです。

《単勝◎、ワイド△-◎▽、馬連BOX◎△▽》

休載【エキストラtwitter予想(厳選漏れ推奨馬&直前推奨馬)※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…平場(レジマグ非対象))
1考えるヒント完全版→☆完全版《1週600円前後で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1R300円以下)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆京成杯の◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を月曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。