☆フェブラリーSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
※変則開催につき、今週の平日ブログ更新は全て深夜24時ではなく昼12時(次回は火曜昼12時)とさせて頂く予定です。
--------------------
【フェブラリーSの有力馬診断(前篇)〜[ノンコノユメ]蹄不安解消で昨年フェブラリーS復権激走→蹄不安再発の今シーズンは昨年再現とは?〜】
sggsrhert
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―アンジュデジール牝5横山典55昆(栗東)
《能力不足》
本当に牡馬G1級というか本当に牡馬重賞級の馬であるのかすら疑問で。
本来、芝中長距離やダート中距離以上の舞台条件というのは、体力面で優る本来牡馬断然有利の設定だと言えます。実際に牝馬ダート重賞戦線は牡馬混合準OP通用級の馬で十二分に通用している通り、ダート一線級となると牡馬-牝馬で大きく異なるレベルというのが事実です。

アンジュデジールが制覇したJBCレディスクラシックにしても、上位6頭中3頭までもが前走牡馬混合準OP敗戦馬で、当時と同じだけ走ったら好走までは足りないはずです。

前々走チャンピオンズC4着は大健闘ですが…それもスローペース逃げ戦法が相当大きく寄与した結果なのは間違いありませんので。

前走東海S大敗については叩き台での横山典ヤラズなので度外視できる敗戦ですが、それ以前のチャンピオンズC4着・JBCレディスC1着と同じだけ走れても足りないという評価です。


▽インティ牡5武豊57野中(栗東)
《PP=揉まれ△》
前走東海Sの戦前に陣営がやけに慎重姿勢だったのは現に見せている左回りへの不安点と、そして母キティ・母系血統アフリートからして揉まれる競馬になると高確率で脆さを出しかねない点の2点だろう。
ただし、それまで同様に、またもや同型不在で楽にスンナリ逃げの手を打たせてもらえる相手関係で、となれば揉まれ弱さの懸念の発露もなく、また左回り不安にしても単走の形ならばそこまで問題にもならず…あとは次元に違う走破力を見せ付けたという完勝劇でした。

今回の不安点も、東海S時には覆い隠された形の上記2点の持ち越しになります。
特に揉まれ弱さについては、今回は距離適性マイル以下馬の前目脚質馬とタイマンを張らねばならないワケで…そこを突かれる可能性は大いに有ります…特に内枠を引いた際には楽観視はできません。


▽クインズサターン牡6四位57野中(栗東)
《PP=東京コースのみ》
まずは前走根岸S時の有力馬診断見解を参照↓
『コノ馬は条件戦時代には東京コースばかりに出走して実績を積み重ねていた通りの東京巧者で、反応の鈍さがある馬でやはり小回りコースよりも長い直線コースの方が力を出せるはずです。
OP昇級後は不得手だろう中山コースばかりに出走でしたが、それは賞金不足で選択の余地が少なかったからとの話でした。
前々走武蔵野Sは約1年振りの庭ともいえる東京コース出走…そこでパフォーマンスを上げてきたといのは納得の結果と言えるでしょう。
またも番組都合で不向き中山コースの師走Sを経て、再び庭とも言える東京コース戻りに今回は期待して良いと思います。』

・・・
結果的にもその通り…東京コースならば他コースよりもワンランクパフォーマンスを上げる馬というコトでした。
最内枠がどうかと思いましたが、年に数回だけ見られる四位Jの本気騎乗で克服してきました…寧ろ外の方がゴチャ付く競馬だったので最内枠から内を狙う騎乗は嵌まる局面でした。

今回フェブラリーSもその東京コースなのでクインズサターンの最大パフォが期待できる番ですが…それの武蔵野S2着・根岸S3着の限りではG1で通用するとまでは言えないので。


―ノボバカラ牡7ミナリク57森(栗東)
《PP=スンナリ系》
まずは前々走カペラS時の有力馬診断を参照↓
『コノ馬は逃げるか逃げないか、又はスンナリ先行か砂を被る非スンナリ先行かで別馬のパフォーマンスになる馬です。
前回逃げる競馬をした南部杯では楽逃げとは言えどもG1二着激走。
その後の距離短縮千二の2戦では共に前に行き切れない形での反応できずの凡走結果…やはりこの距離では限界が見えていますので・・・。』

・・・
1年以上前から一貫してダート千四ならと言い続けていた馬。
それがオーナーサイド要望で芝起用と、スンナリ追走不可なダート千二起用ばかりで好走どころか善戦からも遠ざかっていたという近況。
なので、前走根岸Sという久々ダート千四外枠スンナリ先行競馬での善戦結果というのは至極納得できる結果です。
次走以降もその形の競馬でさえあればOP級ならばまだやれてもおかしくありません…ただしG1ともなるとどうこう言えるレベルではないでしょうが…。


▽ノンコノユメセン7内田博57加藤征(美浦)
《PP=蹄》
昨年フェブラリーS1着後の吉田照哉氏のコメントは『蹄(ひづめ)が悪く、それをかばって背、腰まで痛がって。1年間ぐらいしっかりケアしたのが、この結果につながったんでしょう』というモノでした。
それまでの1年間の不振については、去勢の影響や相性悪い外国人起用もあったと見ていますが、そういう状態不良もあったのでしょう。
今回のフォトパドックを見ると、1年前の同シーズンとは異なり、両前蹄にはエクイロックスがベッタリ…。
蹄不安解消で復活した経緯を思えば、蹄不安再発というならば昨年激走時よりも一昨年凡走時の方の結果を想像してしまいます。

★○○○○○○(←フェブラリーSの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
現在精査中ですが、コノ馬の好走〜激走結末は全然“アリ”と見ています。
脚質も良いですし、前走のレース内容の限りでは東京マイルでも普通にこなせるはずですし…鞍上が迷い無く競馬できる外枠を引ければ◎候補です。

--------------------
☆フェブラリーSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を水曜昼12時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------