※今週の平日更新は全て昼12時更新(次回水曜12時)とさせて頂きますm(__)m
☆スプリングSの穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------
【スプリングSの有力馬診断(前篇)〜[ディキシーナート]“ローカル500万下→不適距離OP特別→不適距離OP特別”という非一軍ノーザンF馬らしい歩み(レース選択)で真価は果たして?〜】
676l8;9
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽タガノディアマンテ牡3田辺56鮫島(栗東)
まずは前走きさらぎ賞回顧を参照↓
『先週の京都芝は内がそこまで極端に悪いワケではありませんでしたが、中途半端に馬場やや内から中を行くよりは、思い切って外まで持ち出した馬の伸び脚が目立つシーンが多かったです。
最後方待機から迷い無く大外追い込み戦法に持って行った今乗れている岩田騎手のお手柄結果でしょう。
今回強かったのは勝ち馬のみで、2着以下は恵まれた馬と本来の力を出せなかった馬たちの集団ですので更に上の舞台でやれるとまでは…?』

・・・
きさらぎ賞5着は次走弥生賞1着メイショウテンゲン・同4着はホープフルSで不利無ければ2着だったヴァンドギャルド…それを上回る2着と見れば強い様に思えますが、前述の通りそれらは力を出し切っていなかった中での4着5着という見方です。
前走同様に外差しが決まる馬場でない限りは…。


―ニシノカツナリ牡3○○56水野(美浦)
例の注目Hレベルレースでの勝ち馬。
そういう意味では一つ上のクラス500万下ならば買いたい馬なのですが、重賞級とまでは読み取れませんので…。


▽ゲバラ牡3柴山56伊藤大(美浦)
初戦は豪快な大外追い込み勝利でしたが、この時期らしい低調相手関係の新馬戦というのと外差し馬場も相俟ってのモノなので過信禁物。

2戦目共同通信杯はスローペースを最後方競馬という時点でノーチャンスでしたが、競馬に参加せずの上がり上位競馬の評価は微妙。

フルゲート多頭数戦で後方一気は決まらぬレースで…余程の馬場悪化でもない限りは苦戦。


▽コスモカレンドゥラ牡3丹内56田中博(美浦)
ホープフルSG1昇格初年度から書いている話ですが、その昇格決定自体が非常に怪しい所が多く…結果的にもまともなG1レースとしての格を備えていないのがホープフルSです。
コスモカレンドゥラの前走ホープフルS4着の評価はそこまでできないというのと、まして展開利も大いに受けての上位3頭からは力差を見せ付けられた結果というのは評価し辛いです。

▽ディキシーナイト牡3石橋脩56国枝(美浦)

中山二千舞台条件で勝ち上がった中距離馬。
その適性は陣営としても百も承知にもかかわらず、近2走は距離不足のOP特別を連続で使って2戦1勝で賞金加算。
いくらOP特別で相手関係が楽だったとはいえども、不適距離千四での勝利は額面以上の評価はできます。
ただし、上記ツイートの通り、この見方によっては冷遇されているレース起用がされている時点で、オーナーサイドの評価としては一線級未満の馬なのだろうと(もし本当に重賞を勝ってG1でどうこう言えるレベルの馬と見ているならば、こんな使い方はしないだろうと)。

★○○○○○○(←スプリングSの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
ディキシーナイトの欄で前走OP特別組の不振について書きましたが、その逆に買うべき組というのは前走G1組は勿論としてもう一つは前走500万下組です。
今回出走馬の中で最もHレベルな500万下を経てココに挑む〇〇〇〇〇は、その前のG1善戦実績からも能力通用且つ妙味を見出せる存在と見ます。

--------------------
☆スプリングSの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を水曜12時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------