☆高松宮記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[その他重賞OP予想&平場予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------
【高松宮記念の有力馬診断(後篇)〜[ナックビーナス]G1でもOP特別でも0.1秒差負けが定位置&芝千二で内の競馬なら過去パーフェクト(10戦10好走)の“相手なりキャラ”〜】
tfgukohijo
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★ナックビーナス
まずは前々走カーバンクルS後の次走チェック馬見解を参照↓
『毎度書いています様に、コノ馬は非内(非イン)の競馬をするとすぐ気を抜きがちで力を出し切るコトが難しくて、それ故に“芝1200にて内(イン)で競馬をすれば過去パーフェクト成績(9の9)”になっています。
2走前スプリンターズSは外の競馬で不完全燃焼…前走はダートで度外視級敗戦…今回は大外枠からの競馬で最後は頭が上がって前を捉えられずの2着。
いい感じで人気を落とす近況になっていると思いますが、それらは全て本領発揮の競馬ではありませんので…(昨年は対抗評価止まりでしたが)今年も高松宮記念で穴で買えるのが楽しみです。』

・・・
前走オーシャンSは外目枠順でしたが過去パーフェクト好走パターンの内に付ける競馬ができましたので…例の如くの好走惜敗走を見せてくれました。

昨年高松宮記念は中枠ならがも、三浦Jのナイスジャッジで勝ち馬との直線併せ馬に持ち込めたが故にゴール地点まで全力で走り切っての激走でした。

「G1でもOP特別でも0.1秒差負けが定位置キャラ」は健在なだけに、本年高松宮記念でも内の競馬でさえあれば惜敗好走が計算できるはずです。

ただし、それは高松宮記念自体が内前の馬が生き残る様な展開になるのが前提で、例えば昨年みたく中外差し馬が上位入線する展開となるとマーク競馬が本領のナックビーナスにとっては目標を見失うレースになりかねません。
内枠なら本命候補ですが、今週末の馬場を見るまでは最終結論は保留。


△モズスーパーフレア牝4武豊55音無(栗東)
そんな0.1秒差が定位置(相手ナリに走れる)ナックビーナスに対して、2走続けて0.2秒差を付けたモズスーパーフレアは…これはナックビーナスの全力よりも上に立つ馬だとの解釈もできますので、能力的には相当な評価をしなければなりません。
前走オーシャンSの前半3F32.3については…別に前半時計が速ければ速い程に先行馬不利・差し有利というワケではなくて、最近のスプリント上級戦が異常なスローペース傾向にあっただけで、本来はこの位のペースで行くのが有るべき姿だと言えるはずです。
ただし、この様なHラップ競馬が通用し易い中山から、末脚比重が問われる中京コース替わりとなると一筋縄ではいかぬというのが常識的な見解でしょうか。
それでも武豊Jのペース刻み一つで高松宮記念逃げ切りまであって良いと見ますが…でも2番人気では買いたい馬とまではならないです(モズスーパーフレアを買うなら=生き残る予想なら、それと同じ確度で来る人気薄の方のナックビーナスの方を買う)。


―スノードラゴン牡11藤田菜七子57高木登(美浦)
一昨年スプリンターズSでは最内枠最内競馬がド嵌まりしての最低人気4着激走ありましたが、その一つを除けばこの3年間は芝では足りずにダート消耗競馬でたまに好走という近況。
直近好走歴である4走前は門別ダートで1分13秒という超低速時計での好走。
余程の渋化馬場にならない限りは芝で2年超振りの好走というシーンは想像できないですし、この手のスピード鈍い重い老齢馬に藤田菜七子騎手というのは相性△。


▽セイウンコウセイ牡6幸57上原(美浦)
前走シルクロードSまではキャリアを通しても逃げられた場面では7戦7好走、OP昇級後も2戦2激走となっていたのが…前走は逃げの手での初めての凡走を喫しました。

前々走スプリンターズSを見る限りでは気難しさがよく濃くなってスンナリの形でしか無理でしょうし、かと言って前走シルクロードSを見る限りでは行き脚のコントロールすらままならないという…まして今回は同型多数で偶然上手く行っての楽逃げも有り得ないでしょうし…もう信頼して買うコトはできない馬。


▽レッツゴードンキ牝7岩田康55梅田智(栗東)
本年阪急杯も昨年同様に大渋滞レースに…昨年も内枠馬の善戦は目立ったのですがそれよりもスムーズな競馬をできた馬が1〜3着までを埋めるという決着でしたが、本年も3着以下の殆どがスムーズさを欠いた中で大外一気スマートオーディン&スンナリ先行レッツゴードンキのワンツー決着でした。
後続との着差については、その後続がまともに競馬できていない馬ばかりという事情がありますので過信は禁物です。

昨年高松宮記念2着以来の好走でしたが、いつもだと前哨戦で善戦止まりで本番でパフォーマンスを上げて来るパターンなのが、今期は初戦から最近の休み明け初戦では最高レベルの調教負荷の掛け方で、G1獲りよりもまずは身を獲りに来た印象もあって…逆にこれまでとは異なり高松宮記念に向けての上積みは疑問アリです。

また、そもそもの適性として距離千二よりももう少し長い距離の馬だろう…というコトは数年間言い続けているコトで、特に前傾ラップ・高速戦が見込まれる本年高松宮記念だとどうだろうか。

★○○○○○○(←高松宮記念の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
シルクロードSの他上位勢は外枠からスムーズな競馬をできた馬ばかり…その中で馬場バイアス的に有利ではなかった最内枠から、直線でスムーズにならない所もありながらも一瞬の脚を使って且つ余力の脚十分で勝利したダノンスマッシュは正に力の違いの競馬でした。

今の芝スプリント界は王者不在の非Hレベル混戦…特に本来は主役を担うべき現5歳世代からダイメイフジとグランボヌールしか出走していない通りで5歳世代の陥没と6歳以上の既存勢力の劣化局面という状況です…その中で新星Hレベル4歳世代で断然の力を示している〇〇〇〇〇が天下を収めるのはそう難しい話ではないでしょう。

--------------------
☆高松宮記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------