☆高松宮記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[その他重賞OP予想&平場予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------
☆今週のツイート集


☆馬場考察

[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向]
中山…土はイーブン、日はやや外有利/B
阪神…土日共にイーブン/D
中京…土日共にイーブン/土はB、日はC

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…5週目/Aコース/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はB
阪神…5週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はC
中京…3週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はB

[今開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表]
2/23 A中山イ(A)    A阪神イ(B)      B小倉2~イ(C)
3/2 A中山イ=イ3(D=F) A阪神イ(B) B小倉イ=イ~3(C=F)
3/9 A中山イ=3~イ(C=B) A阪神イ(B=BC) A中京イ(B=BC)
3/16 A中山イ=イ~3(B)  A阪神イ(D)   A中京イ(B=C)

[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
3/10 A中山イ(DC=C)  A阪神イ(B)  A中京2~イ=イ(D=C)
3/17 A中山イ=3~イ(C) A阪神イ(B)  A中京2~イ=イ(D=C)
3/24 A中山イ(C)     A阪神2=イ~2(B) B中京イ(D)
※表の見方&過去4年分データベースはコチラの記事をご参照下さい

☆先週のレースレベル(暫定値)&発生バイアス
(R印3欄…C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]/D[並]/DE[低レベル]-E[超低レベル])
(R印1欄…レベル=Hレベル戦、後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利 etc.)

ko@k
pojop@

☆先週のオリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)の実践例
例1,土曜阪神9R/ワイプティアーズ
u6ti7y8o9
推奨馬としても狙ったのがワイプティアーズで5人気1着激走
単純に馬柱だけを見れば平凡な前走7着馬に見えますが…他の馬は前走レースレベルDでマチマチな直近戦績という中で、前走レースレベルC7着というのは実はココでは上の査定ができる戦績でした
「レースレベルDE馬ばかりの中でのレースレベルCD馬」や「レースレベルD馬ばかりの中でのレースレベルC馬」のように、レースレベルに2段階以上の差異があるとより効果的になり得ます(その分レアな頻度ですが、もし見付けたら積極的に買い検討するのをオススメします)

例2,スプリングS/エメラルファイト
67o89
他の前走500万下1着馬ヒシイグアス&ロジャーバローズが人気に推されていましたが、それらの前走レースレベルはDとDEで、決して優れた昇級初戦馬ではありませんでした
それに対してエメラルファイトはレアなレースレベルC(白梅賞)の勝ち馬でした
最終的に推奨できませんでしたので偉そうなコトは言えませんが、白梅賞は平場回顧号でも競馬王連載でも猛プッシュしていたハイレベル戦…エメラルファイト以下の馬からその後勝ち上がりが出ていないのは“勝負のアヤ”であって、まあ間違いなく近い将来には勝ち上がり馬続出となるはずです
〜〜〜〜〜
恐らくブログ読者さんはほぼ誰もオリジナル出馬表を見ていないと思いますが…完全版読者さんでは75%の方が活用されているコンテンツです。
特にレースレベルについてはデータとしても有用性は裏付けられていますので、最初は取っつき辛いとは思いますが、是非とも“ご自身で予想を考えるヒント”としてご活用して頂ければと思います(より活用して頂き易いよう、今週末に一部改良&見方トリセツのリニューアルを予定しています)。

ey5u6ri7t

--------------------
☆高松宮記念の穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
まずは前々走京阪杯5着後の次走チェック馬見解を参照↓
『つい4走前鞍馬Sでは四位J起用で最後方折り合い専念競馬が施された通り、折り合い面に相当難を抱えていた馬。
それが3走前CBC賞と2走前北九州記念はJRAスプリント重賞としても屈指のHペース競馬となったのが何より有難かったはず。
そして前走と今回京阪杯はペースが流れた中でも前目の競馬で、特に今回は馬が前向きになり過ぎていて直線で早々にガス欠という敗因明らかな負け方でした。
改めて折り合い専念競馬ならば復活可能性。』

・・・
前走シルクロードSは折り合い付き易いHペースというのは有難い条件でしたが、前に壁を作れぬ8枠は有難くない条件でした。結果的には道中は折り合い付いた追走でしたが、コーナーから直線にかけては一気に脚を使う形に…それで伸びない直線内ラチ沿いで必死の抵抗も粘れずの結果は負けて強しでした。

Hペース且つ内枠で理想的な脚の使い方ができそうならば一発狙えそうなイメージで、モズスーパーフレアの存在などでそれが叶いそうな今回は穴候補…ただし調教の動きの限りではまだ本調子に戻ってはなさそうな点だけ・・・。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!


--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[その他重賞OP予想&平場予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中