☆皐月賞の◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]福島民報杯/[2]全12頭)
[1重賞OP]note(1R300円程)>レジマグ(同330円程)>競馬予想GP(1日980円)noteはコチラ

[2平場]note(1日平均10数頭分800円)noteはコチラ

[1&2]完全版メルマガ(週600円程)→《重賞予想&全平場予想から展望回顧まで全てコミコミの週5配信
--------------------

福島11R福島民報杯(勝負度★)


【ブログ重賞OP予想】
中山11R皐月賞(勝負度★★)
[印]
◎(本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
☆ニシノデイジー
△サートゥルナーリア

[見解]

tutiyou
●ヴェロックス
超大トビ走法馬。3走前東スポ杯2歳Sでは不利を受けてモタつきを見せての4着で、近2走は小回りコースでも少頭数のノープレッシャー競馬での連勝。
決して器用に立ち回れる馬ではありませんし、小回り×内枠×多頭数競馬で力を出し切れるかどうかの不安はあります。

また中内田厩舎の最大の草刈り場は2歳早期戦。
そこでは異常な強さを見せる一方で、3歳クラシックシーズン以降に意外なほどに伸びしろを見せない例が多々あります。
ダノンプレミアムにしても2歳時の衝撃を思えば、4歳復帰戦はそれには達していませんでした。もちろん活躍馬はいるっちゃいますが、当初期待された程には結果を残せていない馬の方が多数なのは確かと思います。
ヴェロックスも現状では新馬戦が最大衝撃パフォだっただけに・・・。


●ダノンキングリー
前走共同通信杯はライバル馬アドマイヤマーズ騎乗のデムーロ騎手の前哨戦仕様騎乗により、スローペースからの直線末脚勝負。そのお膳立ての上でダイワメジャー産駒の相手をディープ産駒のコチラが差し切るという決着でした…だからと言って卑下はできないパフォーマンスではありましたが。

難癖を付けるとしたら戸崎騎手。
先週まで本年中山芝未勝利(60連敗)は偶然の産物としても、この騎手は基本的には馬群内での競馬を好みます。そして上級戦、特にG1競走ともなれば馬群のタイトさは他の比ではない分で、結局は捌き遅れて好走至らずというのがデフォです。実際に最近の重賞好走歴は馬群を捌く必要のない相当前に行く馬か若しくは大外ブン回し馬ばかりです。ダノンキングリーは戸崎騎手の弱点発動し得る内枠差し馬という点で・・・。


●アドマイヤマーズ
デムーロ前哨戦騎乗時によくトピックとして挙げる『G1ハンター年間最多勝記録デムーロの裏の顔…本番継続騎乗内定馬の前哨戦では逆にポロリばかり(敢えて激走させぬ高等戦略?)』の通り、デムーロ騎手は非本番レースと本番レースでは異なる姿を見せる傾向にあります。

このアドマイヤマーズに於いても、昨秋2歳秋シーズン2戦(デイリー杯2歳S-朝日杯FS)についても同じコトが言えて…前哨戦では省エネ競馬でメイショウショウブ“程度”に小差で、本番では全力振り絞り競馬でのより強敵相手に対しての完勝劇という。

(同コンビでの皐月賞参戦が内定している中での)前走共同通信杯はその前者に位置付けられるレースで、やはりデイリー杯2歳S同様の省エネ競馬を敢行してきました…その結果として今のキレ優先東京芝コースでキレるディープ産駒にしてやられるという結果は見え見えのモノだったと言えるでしょう。

ただし、これがアドマイヤマーズの本領ではないのは、昨年朝日杯FSの完勝劇の通り(当時の前哨戦とのパフォーマンスギャップの通り)です…それを踏襲する全力振り絞り競馬が見込まれる皐月賞では別馬の姿まで期待して良いはずです。
 (簡単に言えば受け身の競馬での上がり勝負だと平凡で、自ら動いて持続力の競馬だとパフォーマンスを向上させる馬のタイプですので。)


●ニシノデイジー
前走弥生賞時の中山芝は中山9R段階では逃げ馬残り決着でしたが、最終12Rでは内を通った馬が壊滅的に崩れる決着でした…その間の中山11Rでも実は後者に近いくらいの極端なバイアスが発生していた可能性は十分あります…それに対応できず内を攻める競馬をして伸びきれなかったコノ馬は大いに情状酌量できる負け方です。
その4着は度外視する位の解釈も可能で、前々走ホープフルSも不完全燃焼で、3走前東スポ杯2歳Sでは確かなパフォーマンスで…皐月賞でも足りても良い妙味馬と見ます。


●サートゥルナーリア
兄エピファネイア・リオンディーズは能力的には相当のモノを秘めていたが、気性面の難しさから中々日の目を見なかったという経緯。
それに対して父がロードカナロアに代わったサートゥルナーリアは、この母系馬としては極めて扱い易い従順な馬として出て、それはこれまでの大人びたレース振りを見ての通り。
前々走も前走もスローペースを我慢する競馬で、それができるのならばこの先当面は兄の二の舞のコントロール難を起こすコトは考え辛いとも思えるのですが・・・ただしこれが断然人気ともなるとそこまで信頼すべきではない血統馬だけに・・・。

馬券的には上位3頭横一線評価に近い形で《単勝◎(4500)、馬連◎→△(4500)、ワイド☆→◎(3200),△(3200)、馬連☆→◎△(300)》

-------------------
☆皐月賞の◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。