☆オークスの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【オークスの有力馬診断(後篇)〜距離二四オークスならば…“ダブル目先優先姿勢の川田J&中内田師”のダノンFより“教育騎乗の福永J&中長距離お手の物の友道師”のビーチサンバ〜】
tyuio
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―フィリアプーラ牝3丸山55菊沢(美浦)
フェアリーS1着賞金でココに歩を進めてきましたが、そのフェアリーSは、他の牝馬重賞レースと比較しても飛びぬけてレベルが落ちる低調な一戦でした。
2着以下の好走馬でも次走以降に重賞OPで掲示板ららも遠いという散々な結果となっている通りです。
その勝ち馬であるフィリアプーラも他重賞に出走していたら好走無謀だっただろうレベルの馬で…消し。

▽ラヴズオンリーユー牝3Mデムー55矢作(栗東)
つい先々週NHKマイルCアドマイヤマーズで久々G1勝利に至ったデムーロ騎手ですが、その騎乗は確かにデムーロ騎手だからこそ勝てた騎乗・デムーロ騎手らしい好騎乗だったと思いますが、あれで「復活だ!」とは思えないです。
色々な噂も飛び交ってメンタルが云々という指摘もされていますが、一つ事実としては以前とは騎乗フォームも違いますし、乗り難しい馬での失敗(自滅)は特に目立ちます。
そのアドマイヤマーズは詳しくは回顧の通りですが、条件好転や枠順や距離設定や陣営指示など諸々のお膳立てもあっての結果でした。
今回ラブズオンリーユーは…初多頭数・折り合い問題馬・距離延長・長距離などなど、上位人気馬ではありますが激走に導くには高難易度局面であるのは確かなので…逆にココでそれができるのならば「復活だ!」と思えてきますが。


▽ダノンファンタジー牝3川田55中内田(栗東)
桜花賞4着馬。
桜花賞上位入線馬はオークスでもそのまま好走できるのが大半ですが、例外としては単純に距離適性(肉体的&精神的)の著しい不一致があったケースではそりゃ飛びます。
桜花賞では1番人気馬として折り合いに不安を抱えながらも外枠から正攻法競馬をしてきたダノンファンタジーは、やはり近走よりは厳しい競馬を強いられた分だけ失速を招いての4着でした。
強気川田騎手騎乗の分で距離マイルで折り合い難ありながらも先行競馬を貫いてきた馬だけに、そこからの距離一気延長は余計に堪えてしまう可能性も大アリで。。


▽シゲルピンクダイヤ牝3和田竜55渡辺(栗東)
桜花賞2着馬。
イメージとしては同じダイワメジャー牝駒のミスパンテール…あれも見た目だけで言えば3歳春時点では距離をこなせそうだったのですが、オークスでは初輸送東京でイレ込んで掛かり先行自滅など、やはり気性的に行き着く所はマイラーでした。
シゲルピンクダイヤも実際に調整に苦労しているなど気性に問題ありそうなダイワメジャー牝駒という時点で…初輸送東京でどうかですしオークス距離もこなせる馬ではないと思いますが。。


★クロノジェネシス牝3北村友55斉藤崇(栗東)
桜花賞3着馬…2着シゲルピンクダイヤとの小差は直線の捌き一つの運差でした。
これもバゴ産駒だけに一歩間違えればという側面はありそうですが、それでも距離マイルで抑える競馬を続けている分で、現状では距離二四でも自滅よりは何とかこなしてくれそうなイメージはできます。
ただし、やはり調教もテンションに気を遣ってか相当手控え気味で、自滅はなくともG1を本気で獲りに来ている(獲れる)馬のソレではないだろうとも。


★ビーチサンバ牝3福永55友道(栗東)
阪神JF&桜花賞上位勢の中では最も影が薄くなりそうなビーチサンバですが、上記の気性難マイラーよりはコチラの方が無難に距離が持ちそう。
中長距離適性高い友道厩舎でもあり、この中間も気を遣わねばならない点が少ない分で充実の攻め過程を詰めているのも好感。
左回り替わりもプラスで、乗り続けている鞍上も良しで…無難な妙味馬はコレかも知れません。


★○○○○○○(←オークスの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
2歳時には『距離適性の差…距離マイルで総合力問われる競馬になると分が悪い面があって、それが直線での鈍さにもつながりました。来春・距離二千以上ならばこの中でもトップになり得る素材です』と書いた通り、阪神JF〜桜花賞戦線での不足成績は見込み通りで、このオークスでの個人的期待馬でしたが・・・。

ただし『同厩の先輩ソウルスターリングの失敗歴からチューリップ賞では仕上げない方針もあった様なので着順自体は情状酌量できるモノですが、仕上げ云々とは別の所でそのソウルスターリング同様に気難しい所が見られるようになってきたのが結構気掛かりな材料で…信頼は置けぬという見方です。』という、距離適性やら能力やら以前の問題として、内面的に復調できるのかは怪しい面が出てきてしまった点は慎重に見極めたいですが・・・。

--------------------
☆オークスの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中