☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]ナシ/[2]全10頭見込み)
[1重賞OP]note(1R325円前後)>レジマグ(同左)>競馬予想GP(1日980円)noteはコチラ

[2平場]note(1日750円前後※期間限定提供中※)noteはコチラ

[1&2]完全版メルマガ(週600円程)→《重賞予想&全平場予想から展望回顧まで全てコミコミの週5配信
--------------------


【ブログ重賞OP予想】
東京11Rオークス(勝負度★★)
[印]
◎エールヴォア
△2クロノジェネシス
△16ビーチサンバ


[見解]

jioi
桜花賞上位入線馬はオークスでもそのまま好走できるのが大半ですが、例外としては単純に距離適性(肉体的&精神的)の著しい不一致があったケースではそりゃ飛んでくれます。
本年の桜花賞上位組は例年以上にその気配が強い馬が多くて…その筆頭は桜花賞で1番人気馬として折り合いに不安を抱えながらも外枠から正攻法競馬(目先優先競馬)をして現に失敗したダノンファンタジーでしょうし、気性に問題ありそうなダイワメジャー牝駒のシゲルピンクダイヤでしょうし。
それらよりは一貫して控える競馬を続けている中距離血統馬クロスジェネシス、折り合い不安少で中長距離適性高い友道厩舎育成のビーチサンバの方に魅力を感じます。


となると別路線組に活路を見出したくなりますが、その2強格でありラヴズオンリーユーとコントラチェックはそれぞれ有力馬診断で以下の見解をした通り、

ラヴズオンリーユー
『つい先々週NHKマイルCアドマイヤマーズで久々G1勝利に至ったデムーロ騎手ですが、その騎乗は確かにデムーロ騎手だからこそ勝てた騎乗・デムーロ騎手らしい好騎乗だったと思いますが、あれで「復活だ!」とは思えないです。
色々な噂も飛び交ってメンタルが云々という指摘もされていますが、一つ事実としては以前とは騎乗フォームも違いますし、乗り難しい馬での失敗(自滅)は特に目立ちます。
そのアドマイヤマーズは詳しくは回顧の通りですが、条件好転や枠順や距離設定や陣営指示など諸々のお膳立てもあっての結果でした。
今回ラブズオンリーユーは…初多頭数・折り合い問題馬・距離延長・長距離などなど、上位人気馬ではありますが激走に導くには高難易度局面であるのは確かなので…逆にココでそれができるのならば「復活だ!」と思えてきますが。』

コントラチェック
『これまで控えた競馬では2戦2敗、逃げた競馬では3戦3圧勝…折り合いに難しい所がある馬で、とにかくぶっ放して行けば圧倒的な性能の高さで激走するが、我慢させる競馬はできていないという現状。
前走フラワーCではノーザンF天栄サイド主導での丸山騎手ワンポイント起用でしたが、そこでは次走云々は考えずに目先勝利優先騎乗をという指示だったとの話。
今回は牝馬限定最長距離戦のオークスで、まず控える競馬ではまた失敗が目に見えているというのと、今までは逃げれば勝って当然というレース続きでしたが同型も居るは距離も長いはのココは何か失敗すれば逆噴射も有り得る場面というのが常識的な見方と思いますが・・・。』


結論としてはオークス前哨戦の中では当然抜けてレベルが高かった桜花賞組から、この距離4F延長で浮上してくるだろう当時凡走馬の逆襲を狙い打ちたいです。

シェーングランツは当初から目に付けていたその筆頭候補でしたが…『仕上げ云々とは別の所でそのソウルスターリング同様に気難しい所が見られるようになってきたのが結構気掛かりな材料で…信頼は置けぬという見方』という、距離適性やら能力やら以前の問題として、内面的に復調できるのかは怪しい面が出てきてしまった点で・・・。

本命馬〇〇〇〇〇もオークス路線で注目として挙げていた一頭。
前走桜花賞時には『競馬王誌2月発売号ではコノ馬をオークス路線の注目馬として挙げましたが、それの通り前走桜花賞前哨戦では距離長め適性も示す重賞好走を果たしました。その前に遡っても秀逸だったのが阪神千八での未勝利戦1.0秒差圧勝で、その一方で距離マイル以下だとそこまでではないという戦績になっています。できればオークス直行で見たかった馬…距離マイルだとスピード不足・瞬発力不足で微妙』と書きましたが、その桜花賞では出負けから内枠で終始窮屈な競馬を強いられて、まともに競馬をしたのは最後の直線だけ。それを思えば健闘評価は与えられるパフォーマンスでした。

大トビ中距離馬で、外回りコースでスムーズに走れた5走前が圧巻勝利で、それ以降は小回りコースや外回りコースでもスムーズさを欠く競馬ばかり…この距離延長の広いコースという最高舞台条件でキチンと自身の脚を使い切る競馬ができれば好走圏内も狙える一頭と見て推奨します。

《複勝◎>>ワイド◎-△△>>単勝◎・馬連◎-△△》

-------------------
☆オークスの穴◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。