☆ダービーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【[第2重賞]目黒記念の有力馬診断(1頭分)】

※の有力馬診断全篇(頭分)は完全版メルマガ&競馬予想GPで配信済み

【ダービーの有力馬診断(前篇)〜[リオンリオン]“大レースだから頑張る”ではなく“いつ何時も馬本位騎乗”の横山典J→その前哨戦青葉賞で完全燃焼高負荷逃げ後のダービーでは…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
tyi;uoi
▽ランフォザローゼス牡3福永57藤沢和(美浦)
2走前京成杯回顧では『今回中山二千舞台条件では前者に譲る結果となりましたが、距離延長や広いコース替わりの日本競馬に於いて王道とされる舞台条件ならばコチラの方が有望馬であるはずです。マーフィーJも距離がもっと欲しいとのジャッジ…藤沢厩舎お得意の東京コース・東京二四コースではもう少しやれるでしょう。』と書きましたが、前走青葉賞ではその京成杯と着順は同じでもパフォーマンスは伸ばしてきました。
ただし、青葉賞御用達の藤沢和雄厩舎の青葉賞激走馬の次走ダービーは人気よりも走れないことが多く…またこのくらいのパフォーマンスだと皐月賞組に対して劣勢は明白で…。


▽リオンリオン牡3横山典→横山武57松永幹(栗東)
まずは青葉賞後の回顧文を参照↓

『私は横山典JのことをG2マイスターとも呼んで重宝していますが、多くの上位騎手はG1を大目標に据えて前哨戦では次に繋がるレースというのを考えるのが一般的と思いますが、世俗に捉われない横山典JはG1云々よりも馬本位で勝負してくる騎手です。
例えばミスパンテールでは前哨戦阪神牝馬Sで逃げて激走させて次走G1ではそれが仇となり自滅、アエロリットでも前哨戦クイーンSで馬鹿逃げさせて次走G1ではそれが仇となり自滅、ロードヴァンドールでも前哨戦阪神大賞典で高負荷逃げさせて次走G1では疲労残って何もできず大敗。

ダービーに向けては相性良くない青葉賞勝利馬(勝利戦績)ですが、それはやはり短期間に東京二四コース連戦の負荷&関西馬だと二度の長距離遠征の負荷により“お釣り”の観点でのディスアドバンテージ発生が最大背景とされています。

並の青葉賞勝利競馬ですが上記の通りなのに、リオンリオンの今回青葉賞Hラップ逃げ切りというのはそれにも増してこの後の回復に時間を要すだろうレース内容で・・・。

ダービーでも青葉賞みたくの神逃げ騎乗が期待(想定)されるでしょうが、横山典Jは「ダービーだから頑張ります」という普通の騎手ではなく、「馬が心身充実だからそれに応える勝負騎乗をする」という独特の騎手ですので・・・。』
・・・
横山典J騎乗停止で上記見解の半分は崩れましたが、それでももう半分は生きています…やはり青葉賞での高負荷レース馬はダービーでは日の目を見ないといのが定説で・・・。


―アドマイヤジャスタ牡3Mデムー57須貝尚(栗東)
ホープフルSは当初からG1昇格に大きな疑惑が持たれていたが、実際にG1昇格後もG1としての格あるレースにはなっていない。

ホープフルS2着が過去ベスト戦績のアドマイヤジャスタだが、当時は馬群内で窮屈な競馬を強いられたサートゥルナーリア&ニシノデイジーや直線で再三不利受けたヴァンドギャルドを尻目に、スローペース2番手からの完璧競馬ができたのがコノ馬だった…逃げて4着のコスモカレンドゥラのその後を物差しにしてもやはり本来的にはG1でどうこう言える馬ではないでしょう。


―クラージュゲリエ牡3三浦57池江寿(栗東)
2走前共同通信杯前の池江師のレース前のコメントは「ダービーまで賞金的には足りているので、今回はいろいろな経験を積ませたいですね」というモノでした。結果的には完敗の3着でしたが、初東京で常識的な競馬ができた辺りでは、それなりに意味のあるレースにはなったのではないでしょうか。ただし、その共同通信杯での距離千八は距離不足感もありましたし、また東京での瞬発力不足も明らかになりました。
前走皐月賞では横山典Jの手腕と中山特注血統の血もあってか掲示板に食い込ませましたが、東京コース瞬発力重要レースでの浮上は見込み辛いです。


―サトノルークス牡3池添57池江寿(栗東)
全姉タッチングスピーチは良馬場二千秋華賞2人気6着後の渋化馬場エリ女3着が生涯ベストパフォ
全兄ムーヴザワールドは稍重馬場東スポ杯2歳S3着が生涯ベストパフォ(近況も渋化馬場で連勝中)
全兄リンフォルツァンドは稍重馬場での勝利が唯一の勝利
母父サドラー馬らしく馬場悪化などタフな条件になってパフォを上げるという血筋…サトノルークスも前々走阪神2200勝利後に前走中山高速二千大敗を喫しました。
余程の道悪にでもならない限りは食指は動かない。


―ダノンチェイサー牡3アヴドゥ57池江寿(栗東)
まずは2走前きさらぎ賞時の有力馬診断見解抜粋を参照↓
『・・・距離を縮めて連続好走中…前々走きんもくせい特別はレコード決着をHペース先行競馬からの粘り込みの秀逸内容で、前走こうやまき特別では一転して末脚勝負での辛勝結果でした。それらレース振りを見る限りでは、前々走の方が大分強い競馬でしたので、キレよりは先行力と渋とさを生かしてこその馬だと見られます。〇評価2頭の末脚は強力ですが、先行馬が残れる競馬となるならば一番怖いのはコレ。』
・・・
ダノンチェイサーのきさらぎ賞戦前での懸念点は折り合い面とキレ負け懸念。
きさらぎ賞は一昔前までは末脚勝負の様相が強かったですが、近年は教育騎乗馬を差し置いてのノーマーク先行勢がそのまま流れ込むレース傾向が強くなっています。本年はレース直前の降雨もあって、また逃げ馬が8頭立て7人気馬だったこともあって後者の様相に…となるとダノンチェイサーの先行力というのは大いに有利に働きました。尚且つリラックスできる位置取りで、上がりの掛かる競馬での瞬発力勝負回避で…今回は走るべくして走った結果との見方で、それ以上でもそれ以下でもなく・・・。

前走NHKマイルCは不利あったとはいえども力負け要素もある4着止まりで、そこから距離延長やSペース替わりなどなどマイナス材料ばかりのココではさすがに・・・。

★○○○○○○(←ダービーの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
ダービートライアル組からの次走ダービー好走パターンは割とハッキリしていて、そこで「先行競馬」をして権利獲得した馬が本番でも恵まれてアッと驚く激走を生み出すという歴史となっています。
キズナ・アドミラブルは違うじゃないかと思われるかも知れませんが、それは共にダービーでも1番人気に推される程の馬でしたので、それを論じてもしょうがありません。
それ以外の穴激走馬は全てがソレで、近年で言えば「マイネルフロスト12人気3着」「アポロソニック8人気3着」「ペプチドアマゾン13人気4着」「トーセンホマレボシ7人気3着」「コズミックフォース16人3着」は全てそのパターンで、3年前はHレベル皐月賞組決着で出番無かったが、4年前はTR組の中でそれに最も近かったサトノラーゼンが5人気2着でした。
本年ダービーに於いて、それらの激走馬に重ねられる存在になる〇〇〇〇〇の激走の目は一考したいトコロです。

--------------------
☆ダービーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中