☆宝塚記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【宝塚記念の有力馬診断(前篇)〜『3歳凱旋門賞挑戦の失敗例=成長期を別のコトに捧げて成長案外+半欧州仕様化』の成果を低速レースで存分発揮中マカヒキの現在地〜】
rjtyuioi
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△エタリオウ牡4横山典58友道(栗東)
前走天皇賞春では、折り合い不安エタリオウと折り合い不安デムーロ騎手のコンビで、予想通り(予想以上に)前半は恐る恐るの騎乗により後方に置かれて、それ自体はとにかく乗り難しいエタリオウならば致し方無い戦略でしょうが…。そして道中押し上げのタイミングも機を逸して全体的にペースが上がっている中でのやや無理目なオーバーペースアップとなってしまいましたが、やはりこれ自体も自由自在な騎乗が難しいエタリオウだけに鞍上をそう責めるべきではありませんが。
もしも後方位置取りにしても最小限にして、道中押し上げのタイミングもあと2Fほど早ければ全く違った結果も有り得たかも知れません…が、そんなゲームみたいな思い通りの騎乗を押し通せるエタリオウでは決してありませんので。

その前走後に『スタミナ抜群としてもやはりこの乗り難しさはどこまでも付き纏う馬だけに、距離短縮局面で買いたいです』『それにしても前走日経賞では好位競馬で伸びきれなかった通り、いずれにしても後方位置取りでの一脚勝負でこその馬でしょうから、嵌まり待ちは必須…弱面相手で信頼できる馬ではないし、逆に強敵相手に一発を狙える馬という馬券的な付き合い方がベターでしょう』としましたが、つまりは距離短縮二二の内回りコースのG1宝塚記念というのは大分買い条件が揃う局面だと言えるはずです。

それでも1度少し崩れただけなので人気落ちも限定的でしょうし、何よりも乗り難しい馬(折合△・右回り△・ソラ使う)なので信頼して買えるという馬でもないので、このオッズをどう判断するかですが…。


―タツゴウゲキ牡7秋山58鮫島(栗東)
一昨年のサマー2000シリーズ覇者…その後は脚部不安もあって長期休養×2。
脚部不安明けで全く結果残せなかった昨年同シーズン同様に、また本来のコース追いではなく坂路オンリー追い&プール併用となっているココは静観が妥当で。


―ノーブルマーズ牡6高倉58宮本(栗東)
コノ馬は先行馬でもテンは速くない馬なので、昨年福島民報杯などHペースや距離不足戦だと位置取りを落とすのが常(そこから差してくるキレる脚は無い)。
前走鳴尾記念はそれ以来の距離二千戦で案の定先行できずに5番手追走から位置取りを守るだけで5位入線という結果に。
また叩き良化型の休み明け初戦という面でも情状酌量できる敗戦で、この先に距離を延ばしての先行競馬実現時に活路アリ。

ただし、流石にG1でどうこう言える馬だとは見られませんので…昨年宝塚記念は以下の当時回顧の通り本年よりも低レベル相手関係且つド嵌まりでの激走なので、それと同じだけ走れても足りません。

『そもそも特殊コース条件と特殊季節で能力よりも適性・状態が問われるのが宝塚記念ですが、本年宝塚記念も雨馬場と内有利馬場バイアスもあってそれが顕著なレースだったと思います。それを最も味方にできたのが1着ミッキーロケットと3着ノーブルマーズでした。
ノーブルマーズは1着ミッキーロケットを進路後追いで、そのミッキーロケットが抜けきった分で詰まらずに尚且つ馬場バイアス有利な立ち回りができた分の好走。本来ならば外を回ったヴィブロスや、詰まったダンビュライトや、勝負を仕掛けたサトノダイヤモンドよりも劣ってもおかしくないギリギリの3着だったと見ます。』


▽スワーヴリチャード牡5Mデムー58庄野(栗東)

今期始動戦中山記念はその後にドバイ遠征を予定しており、その叩き台の位置付けでした。
右回りでも昨年大阪杯1着時みたくミラクル騎乗での激走への方程式はありますが、すぐ先に本番が見据えられる中での前哨戦G2ではその選択肢敢行は排除した結果での無策4着だったと見ています。
 (別に出し惜しみする必要はないのではと思われるかも知れませんが、例えば昨年大阪杯時での様な捲り競馬をすると、その次走に馬が道中行きたがる可能性が高くなるワケで、つまりは次走のコントロールを失うのとトレードオフでの劇薬というコトです…それを前哨戦段階でやってしまうのはデメリットばかりというコトです)

その中山記念にしても&出負けヤラズ昨秋天皇賞秋にしてもノーカウント視できる始動戦敗戦ですが、ただしそれの次走の本番格であるドバイSC&ジャパンCでもそこまでのパフォーマンスを叩き出せていないのは気掛かり。

昨年シーズンほどの馬の能力あるのか疑問というのと、それに加えてどうしても騎乗に注文が付いてしまう右回りだけに激走に導くには冴えた鞍上のファインプレーが欲しいだけに・・・。


回避ソールインパクト牡7福永58戸田(美浦)
古馬以降OPクラスで4度好走を収めているが、その全てがハンデ戦での軽ハンデで、また東京長距離重賞やサマー2000シリーズなどの近年に於いては非常に相手関係が手薄になっている路線で挙げたモノで。
相手なりに走れる善戦力は持っている馬ですが、さすがにG1でどうこう言えるレベルではない。

▽マカヒキ牡6岩田康58友道(栗東)

凱旋門賞遠征の影響か、又は母系の血(きょうだいの行き着く所はダート馬と道悪巧者)なのか…年齢を重ねてからのマカヒキの領域は低速決着戦。
スピードが問われると昨秋天皇賞秋みたくてんで駄目で、2走前京都記念のような馬場悪化して速力問われなくなって浮上という近況。

前走大阪杯時の当日馬場バイアスはやや内有利、それに加えて強風の影響もあったのか外からの差しが利き辛いレースでした。マカヒキは外差しに見えるかも知れませんが、上手く内から外に持ち出した形。鈍足性が増しているマカヒキにとってはイン突きは有利ではないはずですが、このレースではインがガラ空きでインでも存分に助走距離を持てたことが最後の伸びに繋がった形でのプチ激走でした。

引き続き低速決着見込みレースというのは有難いですが、それでの昨夏札幌記念&前走大阪杯での健闘は共に展開など多分に恵まれていただけに…。
今回も前崩れ想定でもない限りは押さえまで。

★○○○○○○(←宝塚記念の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬の3走前のパフォーマンスが今回メンバー中で最大のパフォーマンスレベル

2走前では、逃げ馬をやっている割には出脚の優れた馬ではないのもあって、序盤で自分の競馬に持ち込むのに一苦労も二苦労も…その分のロスと消耗は決して小さくなかったはずで、それでもHラップを刻みながらも直線半ばまで粘りを見せた辺りは十二分に能力を示すパフォーマンスだったはずです。
(その週の中山芝は「1~3枠好走率8%⇔7,8枠33%」で、5人気以内でも「内27%⇔外54%」で外枠断然有利だった通り、完全外枠有利バイアス発生でした…それを逃げ粘り5着というのは十二分に強い競馬でした)

外回りコース[4-2-3-1]⇔×内回りコース[0-1-1-3]
この手のデータは基本的にはその他複合的な要因も含んで偶発的な数字の偏りになるのがデフォですが、そうだとしてコノ馬の超大トビ走法からはやはり広いコースで伸び伸び走れてこそだと思われますので…阪神内回り二二だと3走前程のパフォーマンスは叩き出せない計算で…それでも十分能力上位評価からは零れ落ちないレベルの馬です。

--------------------
☆宝塚記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※次回案内6月最終週※完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------