☆中京記念の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
☆先週の“全提供”予想の結果報告
重賞OP予想:全3R中1的中函館記念マイスタイル1人1着(買い目:大本線単勝5.0倍的中>>馬連2点不的中・ワ4点中1点8.2倍的中)・バーデンCアンヴァル1人2着(買い目:ほぼ単勝一点不的中)・信夫山コスモジャーベ7人9着」
平場予想:(土)9頭中5好走+(日)8頭中2好走「ブライトエンパイア6人3着・メサルティム5人2着・コスモビックラコグ4人3着・他人気馬好走4頭」
〜〜〜〜〜
(上半期統括と下半期に向けて的な話は、上半期最終週にUPしました【2019年上半期予想成績(重賞OP予想84戦22的中・回収率132%/平場推奨馬335戦160的中・回収率113%)】をご覧下さい・・・そこから(極端でさえ無ければ)良い場合でも悪い場合でも1週や1月の結果でどうこうってコトはありませんので、それ(現状)を推し進める指針に変わりはありません。
ただ、その中でも平場推奨馬は1ヶ月振りに複勝回収率でも100%割れで、土曜は悪くなかったものの日曜が壊滅的という…その1ヶ月前も同じくの悪天候イレギュラー馬場での惨敗でしたが、2度やられた以上はそこは少なくとも手控える指針を立てて-より慎重にせねばと猛省ですm(__)m)

先週の一枚(競馬予想TV!函館記念馬券回収率353%)

水上さん&太組さんは共に大爆発で、早くもサマーシーズン頂上は遠くなってしまいましたが・・・

☆中京記念のMY馬柱
ytjukio

☆【函館2歳ステークス展望〜過去12年の人気薄激走馬13頭の内6頭も該当する特穴パターン〜】
2歳世代戦で最初のOPレースである函館2歳S。
故に当たり前の話ですが中央馬全馬が現時点1勝以下で、例年で言っても約半数の馬は後に2勝目も挙げられずに現役生活を終える様な重賞レースというよりは8割方は500万下レースだと言える一戦。
ココでの3着内馬は大雑把に言えば[一昨年のモンドキャンノの様な本当に強い馬が1〜2頭]と[2歳夏だからこそ早熟性だけを生かして一世一代の走りをした馬が1〜2頭]と言った具合に分類できる(基本的には前者が勝ち切って、後者が3着内に潜り込むケースが多い)。

[3年前〜11年前までの人気薄激走馬(5人気以下で3着以上)]
無題ked6yu

本来は[人気薄激走馬の逆]の方の一覧も比較に出すべきですが、結構スペースをとってしまうので結論だけにさせて頂きますが…上記の人気薄激走馬の11頭中6頭が該当する[1月2月生まれ]は早熟性の論拠になるという意味で重要視すべきポイントだと見ます。
[1月2月生まれ]に該当するか否かで、人気薄激走率が何倍も異なってくるというのが事実です。

もう一つの傾向としては、これも早熟性の論拠になるだろう牝馬優勢データがあります。
3年前も1着はカシアスという後の重賞級馬でしたが、2〜4着までを主に人気薄&大して強くもない牝馬が独占。
一昨年は牡馬ワンツースリーでしたが、それらはモンドキャンノ・タイムトリップという後のOP級馬だったワケで、その後に全く活躍できないのに(←つまりは早熟性だけを生かしての激走)4着5着に飛び込んだのは牝馬でした。
昨年も人気2頭以外の掲示板内3頭は全て牝馬。
4年前は1〜4着までを牝馬が独占。
6年前は1〜3着までを牝馬が独占。
全体の好走率だけ見れば近10年程だと牡馬牝馬は互角ですが、実は回収率・人気薄激走率の面では牝馬が優勢となっています。

(前者・後者の該当馬については、もちろんその額面だけというワケではなく個々の馬評価を元に買いジャッジを下しますので…それも含めて次回以降の記事で取り扱いますm(__)m)

☆先週重賞[]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
夏競馬期間は基本休載とさせて頂きますm(__)m

--------------------
☆中京記念の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(6位)で公開中!
《→この週初記事にて独自設定パフォーマンスレベル(PL)最上位馬として推奨した馬は、18年は勝ち馬率45%・馬券内率80%・単複回収率100%超を記録しました(この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですが、それでも並の1人気よりも優秀な数字というのは価値があると思います)。
私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでもコレは少なくとも相手馬目線では素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきだろうとも。
今回レースに於いても、近走PL最上位評価(最高値+平均値)の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を火曜昼~夕方に更新します!

-------------------

※秋競馬購読先行受付中※完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------