☆セントライト記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【セントライト記念の有力馬診断(後篇)〜〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
esrdhyu
―サトノルークス牡3川田56池江寿(栗東)
全姉タッチングスピーチは良馬場二千秋華賞2人気6着後の渋化馬場エリ女3着が生涯ベストパフォ
全兄ムーヴザワールドは稍重馬場東スポ杯2歳S3着が生涯ベストパフォ(近況も渋化馬場で連勝中)
全兄リンフォルツァンドは稍重馬場での勝利が唯一の勝利
母父サドラー馬らしく馬場悪化などタフな条件になってパフォを上げるという血筋…サトノルークスも3走前阪神2200勝利も、その後にスピードレースでは連続大敗という。
余程の道悪にでもなれば…ですが、異次元高速馬場で好天予想の今回レースでは食指は動かない。

△モズベッロ牡3〇〇56森田(栗東)
もし出走してくるならば大穴で買いたいのがコノ馬。
未勝利戦勝利後に3連続で重賞OP出走させた通り、当初から素質期待されていた馬。ただし気性難あって若葉S・京都新聞杯ではまともに負けてしまいましたが、それが収まってスタートも折り合いも改善された3走前からは連続好走。2走前はファンディーナ妹のクードメイトルが強過ぎた2着で、前走は大差の圧勝劇…最も面白い上がり馬はコレだと見ます。
この手の前走格下500万下クラスからの上がり馬が、一気に頭角を現す例が決して珍しくないのがこのセントライト記念でもあります。

▽エングレーバー牡3藤岡佑56中内田(栗東)

上記からは“中内田厩舎のG1前哨戦で買い!”と見られるかも知れませんが、コノ馬の場合には前哨戦である前に夏始動からの2戦目になります。
春も500万下完勝から挑んだきさらぎ賞で4人8着と崩れましたが、中内田厩舎はとにかく全力を絞り出させるので連戦での上昇幅が少ない…特にオルフェーヴル産駒エングレーバーの様なタイプにとっては燃え尽きの方を危惧すべきと見ます。


△タガノディアマンテ牡3田辺56鮫島(栗東)
まずは前走ダービー後の次走チェック馬見解を参照↓
『気性難オルフェーヴル産駒。
2走前までは気性面に気を遣ってジックリと乗って差し遅れる入線続きという経緯だったが、前走京都新聞杯では一発を狙ってか一転積極策に…それが裏目に出て折り合い面に深刻なダメージを与えたのが全てという敗戦結果だと見ます。
今回は再び後方競馬に切り替えてきましたが、やはりフルゲート18頭立て大外枠から壁を作る形に持ち込むのは一苦労で、その分のロスもありましたし、やはり折り合いを欠くシーンもありましたし、それでも直線不利受けつつもキチンと伸び脚を見せた辺りは能力の証です。
初勝利は東京コース、重賞連対は京都外回りコース…伸び伸びと脚を使える広いコースで尚且つ差し脚嵌まりそうな条件ならば秋以降に一発有。』

・・・
例年(近年)のセントライト記念ならば如何にも馬券内に来そうなタイプですが、本年は久しく開幕週から内有利馬場バイアスが発生しました。恐らく2週目もその傾向は続行するはずで、となると内有利馬場・多頭数での後方固定脚質のコノ馬は展開待ちを強いられることに。。


△ニシノデイジー牡3勝浦56高木登(美浦)
3走前弥生賞時の中山芝は中山9R段階では逃げ馬残り決着でしたが、最終12Rでは内を通った馬が壊滅的に崩れる決着でした…その間の中山11Rでも実は後者に近いくらいの極端なバイアスが発生していた可能性は十分あります…それに対応できず内を攻める競馬をして伸びきれなかったコノ馬は大いに情状酌量できる負け方です。
2走前皐月賞も外追走で折り合い自滅、4走前ホープフルSも不完全燃焼。
近走の中で折り合い面でも進路面でもスムーズな競馬ができた5走前東スポ杯2歳S&前走ダービーでは共に好結果。
鞍上のせいもあってか不遇近況ですが、持っている能力自体は上だと読み取れる戦績です。
前走ダービーの競馬が成功例とすれば、特に次走菊花賞を控えているココは折り合い専念競馬が濃厚…そうなるとタガノディアマンテ同様に展開待ちの人気馬というリスキーな存在になってしまうか。


▽ランフォザローゼス牡3福永56藤沢和(美浦)
▽ルヴォルグ牡3ルメール56藤沢和(美浦)

まずはランフォザローゼスの前走札幌記念14着後の次走チェック馬見解を参照↓
『「東京>中山」のレース起用だったり、青葉賞を筆頭に好みのコース・レースがハッキリとしているのが藤沢和雄厩舎。
この札幌記念はその好みとは正反対に位置付けられているレースで、ここでの戦績はボロボロとなっている。
今回2頭共に藤沢和雄厩舎らしからぬ僅かな調教期間での即レース出走で、如何にもな非勝負レースだったコトが窺える。
ランフォザローゼスもゴーフォザサミットも共にこれまで好まれて使われていた東京コース替わりでの変わり身を見込みたい。』
・・・
藤沢和雄厩舎はこのセントライト記念も過去10年10頭出しで好走馬は昨年レイエンダ1頭のみで、割かし出走馬は送り出すものの、勝負というよりは力試しでとりあえず出走させる様なケースの方が目立つ印象。
ファースト騎手ルメール騎手をルヴォルクの方に配しているコトからも、ランフォザローゼスの勝負気配は?
そのルヴォルクもこれまで自己条件3戦3好走・重賞OP挑戦2戦2凡走(共に1番人気)ですが、この血統は底力を欠く面(弱い者イジめは得意でも強い相手には食い下がれない面)があるので今回も世間の期待よりも走れないシーンを想像してしまいます。

★○○○○○○(←セントライト記念の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
春の2番手グループ重賞組は意外な程に古馬混合自己条件クラス戦で苦戦している現状からも、今回唯一の前走古馬混合2勝クラス戦勝利馬である〇〇〇〇〇には目を向ける必要があるでしょう。
その前走も相手関係に恵まれた面はあるとしても、実質トップハンデでの完勝で。
距離短縮二二は鍵になりますが、フルゲート多頭数激戦でスタミナが問われる勝負になれば十分通用するはず。

--------------------
☆セントライト記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------