☆エリザベス女王杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【エリザベス女王杯の有力馬診断(後篇)〜外国人騎手大好き父ハーツクライ&母ジョコンダのポンデザール(ハーツ相性◎ムーアJ来日キャンセル→真逆タイプのハーツ相性△藤岡康Jに)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
j@k@
△フロンテアクイーン牝6津村56国枝(美浦)
まずは4走前中山牝馬S1着時の◎推奨文を参照↓
『フロンテアクイーンの3走前府中牝馬Sは現役トップクラスのディアドラ&リスグラシューとの接戦で、2走前エリ女は太目残りと距離長い二二ながらも直線で捌けていれば3着も有り得た大健闘で、前走ターコイズSは当時回顧「フロンテアクイーンはこの日が中山初騎乗のマーフィーJ騎乗で、それは外を回らされないためにはやむを得なかった面もあるとしても、やや序盤を積極的に入り過ぎた嫌いがあります…結果的にはその分のラスト失速で、レース内容としては勝ち馬と遜色ない高いパフォーマンスだったと見ます」の通り。
その前走ターコイズS組はハンデ減で、愛知杯組はハンデ据え置きというのも前者に有利な印象(昨年ターコイズSは例年の比ではない水準超のレベルあった)。
中山コースはプラスで、苦手な外枠は回避できたのは何よりで、そして先週日曜終盤の外差し馬場を思えば(前日予想では)内枠もややリスクなのでそれも回避できたのは好感で…ココはハンデ込みでの力量最上位級のパフォーマンスをそのまま期待できる局面で、これが非上位人気ならば買いジャッジ。』

・・・
3走前ヴィクトリアマイルは超高速決着で本質的なマイル適性の差が出た感。また苦手としている外枠競馬だった分もあったと見ています。
OPクラスでは二桁馬番では[0-0-0-6]と全滅で、一桁馬番なら[1-6-2-3]と相当高確率で走っており、昨年エリ女でも内枠でつまらなければ0.1秒差の3着と肉薄していたはずの7着でした。
連戦で距離延長というローテは少し嫌ですが、絶好内枠を引ければ善戦以上の可能性も有。


―ポンデザール牝4ムーア→藤岡康太56堀(美浦)
当初は堀厩舎と太いパイプがあるムーア騎手が来日騎乗予定も、他国での騎乗を優先するとのことで急遽藤岡康太騎手に白羽の矢が。

例の外国人騎手を好むハーツクライ産駒で、また兄姉弟ともに外国人騎手騎乗時にパフォーマンスを上げる傾向ある家系。それだけに剛腕ムーア騎手騎乗ならば怖さはありましたが、日本人騎手のそれも外国人騎手系とは対極に位置するタイプの藤岡康太騎手では・・・。
そのイメージ通り、藤岡康太騎手はハーツクライ産駒とのコンビでは近2年連続で単回収率・複回収率ともに50%割れの相性△結果を示しています。


△ラッキーライラック牝4スミヨン56松永幹(栗東)
まずは2走前VM後の回顧文を参照↓
『高速馬場と横山典Hペース逃げにより超速レコード決着。それを0.1秒差内で後続に差を付ける入線を果たした上位4頭はそれぞれほんの少しの運差で大いに入れ替わる着順も有り得たはず。ラッキーライラックは前走消極競馬の反省から、どうしても必要以上に積極競馬を求められてしまう立場…早仕掛けで差し馬と追い出し遅らせたクロコスミアにも差されてしまった辺りはやや勿体なかった。』
・・・
●ラッキーライラックの位置取り別成績…4角3番手以内[2-2-1-0]>4角4番手以下[2-0-1-3]
●姉ラルクの位置取り別成績(国内)…4角3番手以内[3-2-0-4]>4角4番手以下[0-0-0-7]

3走前阪神牝馬Sは控える競馬で揉まれて何もできず、2走前VMは積極策に打って出て健闘。前走府中牝馬Sも外枠から揉まれず先行での好走。
ココもまずはその競馬の形がキーになってくるが、揉まれずの競馬を志向していた石橋脩Jからテン乗り騎手への乗り替わりは魅力勿論あるがリスクも少々。
スミヨン騎手に限らず欧州騎手は逃げたがらないので、スミヨン騎手も先行競馬ばかりではありますが実は2番手内での競馬はほぼしていません。


▽スカーレットカラー牝4岩田康56高橋亮(栗東)
3走前マーメイドSは詰まり3着とはいえども、他の出走馬はほぼ前走条件クラス馬という超低レベル戦。
2走前クイーンSは展開不利2着とはいえども、3着に条件クラス馬カリビアンゴールドが飛び込む低レベル戦。
前走府中牝馬Sは鮮やかな勝利だったとはいえども、当日の差し優勢の馬場バイアスと展開利があった点は見逃せません。
有力馬として扱われる今回も、折り合い専念の追い込み競馬が濃厚で…そこまで安心して買える馬ではないだろうと。


△クロノジェネシス牝3北村友54斉藤崇(栗東)
オークス後から一貫して、現3歳世代牝馬はカレンブーケドールが能力トップに君臨しているとの見立てです。
オークスではそれに完敗の3着、前走秋華賞ではカレンブーケドールが手負いの状態だった分で先着できたとの解釈をします。その3着以下は大分小粒だっただけに、果たしてコノ馬が古馬頂点を目指せる器なのかというのはやや疑問符が。
また詳細は別稿に譲りますが、現3歳世代牝馬のレベル自体にもやや疑問符が付きます。

★○○○○○○(←エリザベス女王杯の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
ウチでは世代レベルも好んでデータ収集していますが、牝馬については(当該世代が3歳時の頃から)「現4歳世代は低レベル」「現5歳世代は高レベル」としてきました。
本年エリ女は4歳世代馬がメイン構成ですが、それよりも5歳世代若しくは5歳世代と渡り合って上位実績を残している馬の方を高評価したいです。
そんな現5歳世代が3歳世代だった年、近年エリ女で最もレベルが高かった一昨年エリ女での好成績も〇〇〇〇〇の能力をはかる上での有力な担保になります。

--------------------
☆エリザベス女王杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

完全版メルマガ[1週600円台で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600~650円程
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)よりも安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------