☆マイルCSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【マイルCSの有力馬診断(後篇)〜3年連続で“前哨戦東京重賞チョイ負け→本番マイルCS激走”を目論むペルシアンナイトなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
ipjopo;
―レイエンダ牡4ルメール57藤沢和(美浦)
3走前エプソムCはチーク着用で積極策で激走
2走前新潟記念はチーク外して中団前目で揉まれる競馬を苦に凡走
前走富士Sはチーク着用&最後方の外目で揉まれぬ競馬に徹せられて、その上に外が伸びる決着にも上手く乗ることができての激走
その前走の競馬の限りでは今回先行策に出るコトはないはず(難しいはず)で、となれば活路は再び外追い込み競馬ということになりますが…よりタイトな競馬になるG1でそれが叶うのか否かという問題と、スローペース濃厚でその競馬から末脚だけで足らすのは常識的には至難だろう。


―マイスタイル牡5田中勝57昆(栗東)
マイスタイルのOP昇級後の戦績は好走と凡走の繰り返し。
それを浅く掘り下げると、つまりは田中勝春Jが並騎乗できた時には好走して、田中勝春Jが駄騎乗した時には凡走の永遠ループなのですが…もっと深く言えば鞍上に駄騎乗をさせる馬の状態である時には凡走して、鞍上が導き易い馬の状態である時にはキチンと好走しているとも言えます。
前走で逃げさせた後やHペース競馬をさせた後のレースではコントロールを付けられずに逆噴射傾向で、それに対して前走で我慢させる競馬をした後や距離短縮などコントロールを付けやすい局面ではキチンと走れる傾向という。
2走前函館記念は我慢の競馬の後の逃げ競馬での好走、前走スワンSは距離短縮での好走。
そのスワンSでも折り合い面の怪しさは見せており、距離延長ローテでスローペース濃厚のココでは上手く乗り辛いタイミング(凡走パターン)の方になるのではないかと見ています。


▽プリモシーン牝4ビュイ55木村(美浦)
4走前ダービー卿CTはスタート直後から道中から直線まで終始前に馬が居ないという極めてスムーズなレース振りでの激走…3走前VMでも今回中京記念でも福永騎手の丁寧な導き(揉まれず外目追走)での激走。
それ以前が散々詰まり凡走している馬だけに、それが大きなポイントであると捉えて良いでしょう。
前回騎乗時には内を突く騎乗をして凡走させたビュイック騎手騎乗ですが、今回はどう乗ってくるのか。
ただし、そうだとしても、前走の不可解な大敗直後というのは嫌で…元より気難しいタイプだっただけに折り合い面の不安が出ている現状で課題残る輸送競馬では積極的には手が出せません。


△ペルシアンナイト牡5マーフィ57池江寿(栗東)
一昨年も昨年も東京重賞をチョイ負けのローテから、本番マイルCSでは激走。
今期も距離長い札幌記念から始動して、今回毎日王冠では東京適性と折り合い欠いた分の負け方で、距離短縮マイルCSで三度(みたび)嵌まるシーンが描ける一連の経緯。
ただ、明確な敗因が無ければ負けていなかった(デムーロ騎手が敢えて温存騎乗をする前哨戦以外ではほぼ負けていなかった)昨年までと比べれば、どんなレースでも好走できていない本年の劣化傾向は確かにありますし、近2年は諸々嵌まった面あってのマイルCS激走でしたので…ココも好走圏内食い込みには余程うまく行かないとという気はします。


▽ダノンプレミアム牡4川田57中内田(栗東)

まずは僚馬ダノンファンタジーの秋華賞時の有力馬診断を参照↓
『中内田厩舎は“早期戦”と“前哨戦”と“鉄砲戦”に強い特徴があって、前走ローズSはそのほぼ全てに該当する局面での人気通りの勝利。
当時は最終的には“早期戦”ではないという点で◎印は打ちませんでしたが、やはり2歳当初の圧倒的な存在からしたら3歳春→3歳秋へと時間が経過する毎に個体としての優位性は失われている頃合いなのではないかと見られます。』

・・・
ダノンプレミアムの以前の戦績は前哨戦マスターで、一方で本番G1とは中々縁が無いという…それが今期は前哨戦挟まずの即本番レースという試みでのG1天皇賞秋好走でした。それまでも謎の休養や、謎のレース中異常発生など、その素質の高さを中々大舞台で出せずにいた馬…消耗する馬&消耗度が激しい一戦入稿仕上げを施す厩舎だけに、短期間連戦ローテで果たしてという疑問はあります。


△インディチャンプ牡4池添57音無(栗東)
春には『こういう一瞬の脚を生かしての東京マイルG1馬と言えばアドマイヤリードが挙げられます。そのアドマイヤリードもVM制覇後はOP特別1勝に留まっているように、この手のスピード特化で勝負するタイプは選手生命はそこまで長くはない嫌いもありますので…向こう長くトップに君臨し続けるイメージまでは沸きません。折り合い問題を抱えるだけに、ペースアップし辛い&折り合い重視騎乗に偏りがちな前哨戦鞍では取りこぼしそうなタイプでもあります。』と指摘しました。

前走毎日王冠はアエロリットが中盤全く緩まぬペース刻みをして、それを2番手で運んだインディチャンプにとっても不足無いペースだっただけに折り合い面の問題は垣間見せず。ただし、大幅馬体重増からの帰厩で叩き台を明言されていた通りの仕上がり途上分と、直線でも勝利が見える手応えだった割にラスト脚が続かずだった辺りは距離適性の差・長く使える脚不足を露呈しての3着止まりに。

今回マイルCSに向けては信頼の音無厩舎本番仕上げと距離短縮はプラス材料で、ただし使える脚が短い分で引き続き長い直線コースと右回りコース適性はマイナス材料で…もし内枠を引ければ前者が強調(買い)、外枠ならば後者が強調(軽視)されると見ます。


★○○○○○○(←マイルCSの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
秋初戦の前走は見ての通り、能力が抜けていたとしか見られない快勝です。
久々の距離マイルがG1挑戦でというのは本来は評価を下げる要素なのですが、ここ2年のマイルCSは距離二千路線で末脚を磨いてきた馬が勝利しており、本年もスローペースからの決め手比べが濃厚で…そういうスピードよりも瞬発力優勢レースであれば距離転向となるコノ馬でも割り引く必要はありません。

--------------------
☆マイルCSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【完全版メルマガ[1週600円台で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
8klu9;0
●価格:1週600~650円程
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)よりも安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------